ハスラーの評価集

新型ハスラーに欠点・デメリットはあるか?新型ハスラーを徹底評価!

6年ぶりにフルモデルチェンジを受け、生まれ変わった新型ハスラー。

先代モデルからのキープコンセプトですが、欠点・デメリットが受け継がれてしまっていないかどうか、気になるところですね。

ここでは、新型ハスラーの欠点・美点について徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

新型ハスラーを評価!欠点、デメリットはあるか?

新型ハスラーのエクステリアの欠点は?

新型ハスラーのエクステリアは、先代モデルのイメージを踏襲しています。

見慣れた安心感はありますが、ニューモデルらしい新鮮さに欠けるのが難点です。

よほどクルマに詳しい人でない限り、先代モデルとの違いが分からないかもしれませんね。

ライバルとしてダイハツからタフトが発売される予定ですが、斬新なエクステリアを持つタフトと比較すると、ちょっと分が悪そうです。

新型ハスラーのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

新型ハスラーのインパネは、エクステリアとは対照的に先代モデルからイメージが一新されました。

ハスラーのインパネ

suzuki.co.jp/hustler/

先代モデルはスッキリしたデザインでしたが、新型ハスラーはゴツゴツした無骨なデザインに変貌。

3つのカラーリムが視覚的にうるさい印象を与えることと相まって、好き嫌いが分かれそうです。

先代モデルの方が良かったのに・・・と感じる人も少なくないのでは?

新型ハスラーのシート&居住性

先代ハスラーの前席はMT車を除きベンチシートでしたが、新型ハスラーではセパレートシートに変更されました。

ハスラーの前席

suzuki.co.jp/hustler/

しかし折角セパレートタイプになったのに、シート形状はサポート性がそれほど重視されていません。

街乗りでは問題ないものの、ワインディング走行ではもっとサポート感が欲しくなるかもしれませんね。

レジャーユースで本領を発揮するハスラーだからこそ、セミバケットタイプのシートを採用するべきでした。

新型ハスラーの収納&荷室スペース

新型ハスラーではインパネのデザインが変わり、インパネトレーのサイズが小さくなってしまいました。

ハスラーのインパネトレー

suzuki.co.jp/hustler/

先代モデルのインパネトレーの使い勝手が良かっただけに、残念です。

新型ハスラーのパワートレインの欠点は?

新型ハスラーのノンターボ車は、先代モデルからエンジンが一新されました。

ハスラーのノンターボエンジン

suzuki.co.jp/hustler/

それに伴い燃費性能は大きく向上しましたが、反面スペックは最高出力が3ps、最大トルクが0.5kg・mもダウン

元々余裕に乏しかったハスラーのノンターボエンジンですが、新型では一層厳しくなってしまいました。

新型ハスラーの走行性能の欠点は?

新型ハスラーのノンターボ車は、エンジンのパワーダウンに加え車両重量も重くなっているので、加速性能に多くは望めません。

街乗りはともかくとして、山道の上りや高速道路の追い越しでは、もどかしい思いをするでしょう。

走りを望む人はターボを買えということなのでしょうが、売れ筋のノンターボも燃費だけにこだわらず、しっかりした走りを追求して欲しかったところです。

新型ハスラーの装備面の欠点は?

新型ハスラーのステアリング調整は、先代モデル同様チルト機構のみです。

ハスラーのステアリング調整

suzuki.co.jp/hustler/

軽自動車ではチルト機構のみが一般的なので、新型ハスラーだけの欠点とは言えませんが、ホンダ・N-WGNのようにテレスコピック機構付のモデルも登場しています。

ハスラーはロングドライブに使われるケースも多いので、最適なドライビングポジションが取れるよう、テレスコピック機構が欲しかったですね。

新型ハスラーの安全性能の欠点は?

新型ハスラーには2台のカメラを使った安全運転支援システム、スズキセーフティサポートが採用されています。

ハスラーのスズキセーフティサポート

suzuki.co.jp/hustler/

しかし全車に標準装備されるわけではなく、非装着車が設定されているのは残念です。

コストダウンの手法として、安全装備を省いてはいけませんね。

新型ハスラーのグレード体系・価格面での欠点は?

先ほど指摘したスズキセーフティサポートが付かないグレードが、最廉価のハイブリッド G スズキセーフティサポート非装着車。

ハスラーハイブリッドG

suzuki.co.jp/hustler/

ベースグレードのハイブリッド Gから84,700円安くした代わりに、安全装備を省いてしまったグレードです。

アクセルの踏み間違いなどによる事故が多発している昨今、こんなグレードは、はっきり言って無用ですね。

廉価グレードを設定するなら、安全装備は省略せずに、快適装備や内外装のグレードダウンで価格を下げたグレードを用意するべきでしょう。

新型ハスラーを評価!いいところは?

新型ハスラーのエクステリアのいいところは?

新型ハスラーのエクステリアは、一見先代モデルと大差ないように見えますが、実は結構変わっています。

ハスラーのリアビュー

suzuki.co.jp/hustler/

先代モデル以上にスクエアなフォルムとなったほか、ベルトラインが水平になったため、より機能美を感じるようになりました。

無骨さも増しているので、よりSUVらしくなったとも言えます。

またリアクォーターウィンドウの追加により、斜め後方視界が改善されたこともメリットです。

新型ハスラーのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

新型ハスラーのインパネには、メーカーオプションのスマホ連携機能付メモリーナビの装着が可能です。

ハスラーのメモリーナビ

suzuki.co.jp/hustler/

画面サイズは9インチと軽自動車としては最大級で、フルHD解像度と相まって見やすさや精細感は抜群。

また携帯端末のアプリを使えるなど、機能も多彩です。

シート&居住性

新型ハスラーの室内は、先代モデルよりも広くなっています

ハスラーの室内

suzuki.co.jp/hustler/

頭上のスペースは先代以上に大きくなり、後席の足元スペースも向上。

室内の幅も広がっているので、大人が4人乗っても窮屈さが少なくなりました。

収納&荷室スペース

先代ハスラーは後席用の収納に物足りなさがありましたが、新型では改善されています。

ハスラーのシートバックポケット

suzuki.co.jp/hustler/

助手席シートバックにポケットが追加されたので、雑誌などの収納が可能になりました。

ハスラーのパーソナルテーブル

suzuki.co.jp/hustler/

さらにXグレードには、ドリンクホルダー&ショッピングフック付のパーソナルテーブルも装備。

後席で軽食を取りたい時などに、重宝するでしょう。

また前席の収納に関しても、シートのセパレート化に伴い、ドリンクホルダー付のフロアコンソールトレーが追加されました。

ハスラーのフロアコンソールトレー

suzuki.co.jp/hustler/

身の回りのちょっとした小物を置きたい時に、便利ですね。

荷室スペースに関しては先代モデルと大差ありませんが、多彩なシートアレンジが踏襲されたのは嬉しいところ。

ハスラーの荷室

suzuki.co.jp/hustler/

前席と後席をたためば大人二人が車中泊できる点は、ハスラーの大きなメリットです。

新型ハスラーのパワートレインのいいところは?

新型ハスラーでは、全車にマイルドハイブリッドシステムを採用。

ハスラーのマイルドハイブリッド

suzuki.co.jp/hustler/

軽自動車でマイルドハイブリッドシステムを採用しているのはスズキだけで、燃費性能で優位に立っています。

またアイドリングストップからの再始動時に、耳障りなキュルキュル音がしないのもいいところです。

新型ハスラーの走行性能のいいところは?

新型ハスラーのプラットフォームは先代モデルから一新され、ボディ剛性がアップしました。

ハスラーのプラットフォーム

suzuki.co.jp/hustler/

それに伴い、乗り心地や操縦安定性、静粛性などが向上。

特に、揺すられ感の強い乗り心地は先代モデルの大きな欠点だったので、改善されたのはファンにとって嬉しい点でしょう。

新型ハスラーの装備面のいいところは?

スズキはシートヒーターの採用に積極的ですが、新型ハスラーはなんと全車に運転席・助手席シートヒーターを標準装備。

ハスラーのシートヒーター

suzuki.co.jp/hustler/

冬場の快適性を大幅に高めてくれるので、付いているメリットは絶大です。

他社は普通車でさえ、全車オプション設定でお茶を濁している車種が少なくないので、ユーザー目線に立ったスズキの姿勢は評価できます。

新型ハスラーの安全性能のいいところは?

先代モデルは、エアバッグが運転席・助手席のデュアルエアバッグだけだったので、側面衝突時に不安がありました。

ハスラーのエアバッグ

suzuki.co.jp/hustler/

しかし新型ハスラーでは、サイド&カーテンエアバッグが全車に標準化されたため、安全性が大きく向上。

遅まきながらの感もありますが、安心して乗れるようになったのはいいことです。

新型ハスラーのグレード体系・価格面でのいいところは?

新型ハスラーは先代モデルから全方位的に完成度がアップしていますが、価格アップは最小限に留められています。

例えば売れ筋のGグレード同士の比較では、僅か17,500円の価格アップです。

相対的にコストパフォーマンスが上がっていることは、間違いありません。

新型ハスラーの総合評価

新型ハスラーのエクステリアは、キープコンセプトなので新鮮味には欠けますが、その分先代モデルのユーザーには受け入れやすくなっています。

一方インパネはデザインが一新されましたが、かなり個性的なので賛否が分かれそう。

居住性に関しては、大人4人のための十分なスペースが確保されているので、ファミリーカーとしても問題なく使えます。

収納の豊富さや荷室の広さ・使い勝手も、軽自動車としては申し分ありません。

パワートレインは、ノンターボエンジンのパワーダウンが残念です。

先代モデル以上に、燃費重視ならノンターボ、走り重視ならターボという住み分けがハッキリしました。

操縦安定性と乗り心地は先代モデルから向上しているので、多くのユーザーが満足できると思います。

装備面は軽自動車として平均以上で、大きな不満はありません。

安全性能に関しては、総合的に先代モデルより向上していますが、スズキセーフティサポート非装着車の設定が残念。

このように新型ハスラーには欠点もありますが、総合的には先代モデルから確実にレベルアップしています。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

新型ハスラーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトの新型ハスラー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が新型ハスラーを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月の新型ハスラーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>新型ハスラー値引き交渉マニュアル

-ハスラーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.