イグニスの評価集

イグニスの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

更新日:

イグニス 4WDの雪道性能を評価

スズキのコンパクトカー「イグニス」は、クロスオーバー仕立ての個性的なスタイリングや扱い易いボディサイズ、悪路の走行も前提においた走りの機能、先進予防安全システムの採用など、魅力溢れるモデルとなっています。

また、クロスオーバーモデルだけあって4WD車も設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底的に評価します!

イグニスの4WDグレードの価格は?

イグニスの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

当サイトが独自に実施した調査によると、イグニス・4WD車の売れ筋グレードは、最上級の「ハイブリッドMZ」となっています。

価格を同一グレードの2WD車と比較すると、13万7,160円高価になっています。

イグニス 1.2 ハイブリッド MZ 2WD 1,641,600円

イグニス 1.2 ハイブリッド MZ 4WD 1,778,760円

2WD車との価格差はこのクラスの平均よりも小さい方で、後で述べるように4WD車の方が装備が充実していることを考えると、お買い得感があります。

イグニス4WD車と2WD車との仕様の違いは?

〇 ボディスペック

スペック
イグニス 1.2 ハイブリッド MZ 2WDイグニス 1.2 ハイブリッド MZ 4WD
全高(mm)1,595
1,595
最低地上高(mm)180180
リアトレッド(mm)1,4701,460
車両重量(kg)880
920
燃料タンク容量(L)3230

イグニスの4WD車は、2WD車と比べリアのトレッドが10mm狭いこと、車両重量が40kg重いこと、燃料タンク容量が2L小さいことが相違点となっています。

〇 メカニズム

イグニスの4WD車と2WD車ではリア・サスペンション形式が異なっており、前者がスタビライザー無しのI.T.L式であるのに対し、後者はスタビライザー付きのトーションビーム式となっています。

〇 装備

シートヒーター

座面とシートバックを温めるシートヒーターは、2WD車が運転席にしか付かないのに対し、4WD車は助手席にも付きます。

また、鏡面の凍結を防ぐヒーテッドドアミラーが装備されるのも、4WD車だけです。

グリップコントロール

さらに、急な下り坂で自動的に車速を約7km/hに保つ「ヒルディセントコントルール」や、雪道などの滑り易い路面での発進をサポートする「グリップコントロール」も装備されるなど、4WD車の充実ぶりが目立ちます。

イグニスのライバル車との価格差は?

〇 最大のライバル車は?

国産コンパクトカーには、イグニスのようにクロスオーバー仕立てで、なおかつ4WD車が設定されている車種はありません。

フィアット・パンダ4×4(フォーバイフォー)

そこで輸入車まで対象を広げ、イグニスと同クラスで性格も近いイタリア車、「フィアット・パンダ4×4(フォーバイフォー)」を比較のテーブルに乗せることにしました。

価格は、イグニス・ハイブリッドMZ・セーフティパッケージ装着車が187万5,960円であるのに対し、パンダ4×4は64万円ほど高い251万6,400円となっています。

国産車と比べどうしても割高になってしまう輸入車なので、この価格差も仕方ないところでしょう。

〇 パワートレインの違いは?

イグニスのパワートレインは、1.2Lガソリン直4エンジン(最高出力91ps/最大トルク12.0kgm)+電気モーター(最高出力3.1ps/最大トルク5.1kgm)からなるマイルドハイブリッドユニットと、CVTの組み合わせです。

スペック
イグニス 1.2 ハイブリッド MZ 4WD
フィアット・パンダ 0.8 4×4 4WD
最高出力(ps)91
85
モーター3.1--
最大トルク(kgm)12.014.8
モーター5.1--
車両重量(kg)920
1,130

一方、パンダ4×4は0.8Lガソリン直2ターボエンジン(最高出力85ps/最大トルク14.8kgm)と6速MTの組み合わせで、構成がまったく異なります。

動力性能は、車両重量が210kgも軽いイグニスが有利でしょう。

〇 装備の差は?

LEDヘッドランプ

イグニスのみに付く主な装備として、前項で紹介したヒルディセントコントロールやグリップコントロール、運転席&助手席シートヒーターのほか、後席に温風を導くリヤヒーターダクトや、明るく消費電力の少ないLEDヘッドランプ、高速道路で設定した速度をキープできるクルーズコントロール、ドアの施錠・解錠やエンジン始動がスマートに行えるキーレスプッシュスタートシステムなどがあります。

一方、パンダ4×4のみに付く主な装備は、ELD(電子式ディファレンシャルロック)やFPS(火災防止装置)などしかないので、装備面ではイグニスの圧勝です。

シティブレーキコントロール

また、予防安全システムを比べても、パンダ4×4は衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキコントロール」(歩行車検知機能無し)しか付かないのに対し、イグニスのセーフティパッケージには衝突被害軽減ブレーキ(歩行者検知機能付き)のほかに車線逸脱警報機能やふらつき警報機能も含まれるなど、一歩も二歩もリードしています。

イグニス・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

燃費性能

イグニス・ハイブリッドMZの4WD車の燃費性能は、カタログ燃費(JC08モード)が25.4km/Lであるのに対し、当サイトの調査による実燃費は16.7km/Lとなっています。

達成率は65.7%で、カタログ燃費との乖離はかなり大きい方です。

2WD車と4WD車の実燃費の差は?

当サイトの調査によるイグニス・ハイブリッドMZの2WD車の実燃費は18.1km/Lで、4WD車は1.4km/L劣っています。

しかし、カタログ燃費の差が2.6km/Lあることを考えると、悪い数値ではありません。

ライバル車との実燃費の差は?

パンダ4×4の実燃費は、当サイトの調査によると13.1km/Lなので、イグニスの方が3.6km/L勝っています。

しかし、カタログ燃費では10km/L近くも上回っていることを考えると、この程度の差では物足りません。

一般的に輸入車はカタログ燃費と実燃費の差が少ないと言われていますが、それが実証される結果となりました。

イグニス・4WD車の雪道の走行性能は?

イグニスの4WDはどんなシステム?

〇 イグニス4WDの概要

イグニスの4WDシステムは、同じスズキのSUV「SX4 S-CROSS」に採用される電子制御カップリング式ではなく、構造がシンプルでコストが低く抑えられるビスカスカップリング式が採用されています。

〇 イグニス4WDの制御

通常は前輪駆動で走行を行うものの、前輪がスリップして前後輪に回転差が生じると、流体クラッチの一種であるビスカスカップリングの働きで後輪にトルクが配分され、4WD走行に移行します。

イグニス・4WD車の雪道での実際の走行性能は?

〇 イグニス4WDの発進・加速時

グリップコントロール

雪道で発進する際は、駆動輪である前輪にスリップが発生しますが、一呼吸おいて4輪駆動になるので、スリップによるタイムロスが最小限に抑えられます。

また、アイスバーンなどの特に滑り易い路面では、グリップコントロールが有効です。

グリップコントロールスイッチをONにすると、スリップしたタイヤにブレーキが掛かり残りのタイヤに駆動力が集中するため、よりスムーズな発進が行えます。

〇 イグニス4WDの登坂・降坂時

登坂時も、スタッドレスタイヤさえ履いていればスムーズに坂を登って行くことができます。

坂の途中で一旦停車し再発進するようなケースでも、グリップコントロールをONにしておけばまずスタックすることは無いでしょう。

一方、下り坂では前輪にしかエンジンブレーキが効かず、4WDの恩恵にあずかれない場合が多いので、2WD車と同じように神経を使う必要があります。

〇 イグニス4WDの通常走行時

雪面の情況が刻々と変わるようなケースでは、2WDから4WDに切り替わる際に発生する、ビスカスカップリング式特有のタイムラグが気になることがあります。

しかし、それが原因で進路を乱されてしまうようなことはありません。

また、イグニスの4WD車は最低地上高が180mmあるので、深雪にも比較的強くなっています。

さらに、アプローチアングルが20.0°、デパーチャーアングルが38.3°確保されているので、雪に覆われた不整路の走行も一般的な4WDコンパクトカーよりも得意とします。

イグニス・4WDのまとめ

イグニス・4WD車の雪道での走行性能は、4WDシステムこそプリミティブながら、グリップコントロールや最低地上高の大きさなどの武器があるので、コンパクトカーとしては高い水準にあります。

少なくとも、「生活4駆」としての性能に不足はありません。

一方、燃費性能は、カタログ燃費との差は気になりますが、絶対的には低燃費と言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

イグニスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのイグニス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がイグニスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のイグニスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

こちらも参考に!イグニスを安く買う値引き交渉術!

-イグニスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.