イグニスの評価集

イグニスの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

更新日:

イグニスの人気グレードを徹底比較!グレード間の違いを分かりやすく紹介

イグニスは、ボディーサイズが軽自動車とコンパクトカーとの中間に位置する新しいモデルです。

SUVとしての機能も合わせ待つボディーが特徴的です。

2016年2月に初登場して、全てのグレードがハイブリッドシステムを搭載。

自動ブレーキも採用され、燃費や安全性を向上させています。

そのイグニスは、3つのグレードに分かれています。

この中で、どのグレードを選ぶのがいいのでしょうか?

価格や装備、安全性からエコカー減税、リセールバリューまで、様々なポイントを比較してイグニスを紹介します。

他のミニバンにはないリアハッチに設けられたわくわくゲートのようなデザインはもちろん、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更することでよりスポーティなデザインに進化しました。

こちらでは、そんな魅力溢れるイグニスを選ぶ上でのポイントを絞って紹介していきたいと思います。

イグニスの価格が一番安いグレードは?

イグニス ハイブリッドMG 2WD車

イグニス ハイブリッドMG 2WD車 1,382,400円

イグニスの中で一番安いグレードはハイブリッドMG 2WD車です。

一つ上のグレードのハイブリッドMX 2WD車と比べて118,800円安い設定です。

このイグニス ハイブリッドMG 2WD車に最小限のオプションを付けて購入すれば、新車で一番安くイグニスを買う事が出来ます。

ではいくらで買えるのか、支払総額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードイグニス ハイブリッドMG 2WD車
(フレイムオレンジパールメタリック)
車両本体価格1,382,400円
装着オプションフロアマット
オプション金額
14,526円
諸費用・税金
115,865円
▲160,000円
支払総額
1,352,791円

オプションは、フロアマットのみとしました。

目標の車両値引きを16万円とすると、支払総額は約135万円となりました。

フロアマットは通販や店舗なら半額程度で購入できますので、さらに安くなります。

カーナビの購入する場合は、ディーラーよりもカー用品店などの方が比較的安くなります。

このハイブリッドMGと一つ上のグレードであるハイブリッドMXでは、支払額がおよそ12万円高くなります。

装備に差がありますが、イグニス ハイブリッドMGは、かなりリーズナブルな価格でイグニスに乗る事が出来ます。

装備にこだわりや不満がなければ、全てのグレードで同じ仕様のハイブリッドシステムやエンジンを搭載していますので、かなりお得感が出てくるのではないでしょうか。

イグニス ハイブリッドMGの価格は安くても省かれる装備も

価格の安いイグニス ハイブリッドMGですが、上位グレードのイグニス ハイブリッドMXと比べると、装着されない装備があります。

オプションの設定もないので、ほしい装備がある場合はイグニス ハイブリッドMGより上位のグレードを選ぶことになります。

省かれている便利・快適性の主な装備は、

○キーレスプッシュスタートシステム

キーレスプッシュスタートシステム

専用のリモコンキーを身に着けていたりバッグに入れておけば、ドアハンドルのなどのスイッチを押すだけでドアを開け閉めできます。

ドライバー席付近のスイッチでエンジンのON-OFFもできるので、キーを探さずに済み非常に便利です。

ハイブリッドMGは、電波式キーレスエントリーとなっています。

キーをボディーの鍵穴へ入れることなくボタンで開錠・施錠が可能ですが、キーは手元に持っていないといけません。

○フルオートエアコン

温度・風量や吹き出し位置が自動で作動するフルオートエアコンです。

ハイブリッドMGはマニュアルエアコンとなりますので、手動で操作します。

フルオートでは、一度設定するとほとんど操作しなくて良いので、運転に集中できます。

○運転席センターアームレスト

アームレスト付きのシートとなります。

腕を置ける場所があるとリラックスできますし、便利なので疲労軽減にもなります。

○シートスライド&リクライニング

シートスライド&リクライニング

後方の左右席がそれぞれ個別に前後スライドし、背もたれもリクライニングします。

前方にスライドすればラゲッジスペースが広がり大きな荷物を積めるようになります。

3人乗車して長い荷物を積むときは重宝します。

○サブトランク

サブトランク

ラゲッジスペースの下に、2WD車では106Lの容量を持つトランクが使えます。

装備としては地味な存在ですが、車に積んでおきたい小物などを入れるのに便利なサブトランクです。

床下に収納するので目立つことなくスッキリします。

○LED付き電動ドアミラー

LEDのターンランプが付いたドアミラーです。

ウィンカーを操作した時に、対向車や後続車への注意が届きやすくなります。

ハイブリッドMGはLEDが付いていません。

○アルミホイール

アルミホイール

ハイブリッドMX / ハイブリッドMZには、重厚感のあるブラック系のアルミホイールが標準装備されます。

ハイブリッドMGはスチールホイールとホイールキャップの組み合わせです。

ホイールとタイヤサイズも1インチ小さくなります。

イグニスの一番安いグレードでも標準で付いてくる装備は?

装備に物足りなさが感じられるハイブリッドMGですが、便利で重宝する装備が付いています。

○アイドリングストップシステム

アイドリングストップシステム

減速して13 km/hになったときや信号待ちなどの停止中に、エンジンをオフにしてくれるアイドリングストップ機能です。

ガソリンを使わず燃費代を節約しますので、安いグレードでも装着されているのは助かります。

○エコクール

アイドリングストップ中に、エアコンの冷たい送風を持続させる機能です。

環境条件などによっては中断する場合もありますが、特に暑い夏に有効です。

従来では、アイドリングストップするとエアコンの冷たい送風が止まり、室内が暑くなりやすい場合がありました。

この装備によって、アイドリングストップ時間も増える傾向にあります。

○シートヒーター

シートヒーター

運転席のシートクッションと背もたれの部分を素早く暖めます。

エアコンと違って体に直接触れますので、すぐに温かくなります。

4WD車の全グレードには、助手席のヒートヒーターも標準装着されます。

○リモート格納式ドアミラー

スイッチ操作することなく、ドアミラーを自動でたたんだり開くことができる装備です。

施錠するとドアミラーをたたみ、エンジンスタートボタンを押すと元の位置に戻ります。

煩わしさがありません。

○ヒルホールドコントロール

ヒルホールドコントロール

上り坂で発進する時に、ブレーキペダルから足を離すと自然に後退する場合がありました。

この装備は、足を離すと一時的に自動ブレーキをかけて不意に後退することを防ぎます。

○ヒルディセントコントロール

ヒルディセントコントロール

下り坂でドライバーの意思に反して速度が上がることを防止して、約7km/hの一定速度でゆっくりと走行する機能です。

4WD車に搭載されます。スピードが上がって驚いてしまうことがなくなります。

○グリップコントロール

グリップコントロール

雪などによってタイヤが滑り発進できない場合に、路面とタイヤとの空転を抑えてグリップさせる機能です。

この装備によって発進が容易になります。

SUVらしい装備が標準装備されています。

イグニスの最上位グレードは?

イグニス ハイブリッドMZ 4WD

イグニスの中で一番高いグレードは、ハイブリッドMZ 4WD車です。

イグニス ハイブリッドMZ 4WD 1,778,760円

実際に値引きも含めてハイブリッドMZ 4WD車がいくらで買えるのか?

一般的なオプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードイグニス ハイブリッドMZ 4WD車
車両本体価格1,778,760円
メーカーオプションピュアホワイトパールブラック2トーンルーフ
セーフティパッケージ
全方位モニター付メモリーナビゲーション
メーカーオプション価格304,560円
ディーラーオプションドアバイザー
フロアマット
ETC車載器
ディーラーオプション金額49,248円
諸費用・税金133,565円
車両値引き▲160,000円
オプション値引き(20%)▲10,000円
支払総額2,096,133円

選択するオプションによって総額は変わりますが、上記の仕様でイグニス ハイブリッドMZ 4WD車の総支払額は約209万円となりました。

オプションがフロアマットのみのイグニス ハイブリッドMX 2WD車の総支払額と比べて、車両価格だけでも約39万円、総支払額で約74万円高くなりました。

ボディーカラーは、特別色のピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフとしました。

ハイブリッドMZのみにオプション設定されているカラーで、メーカーオプション価格の中に特別色の64,800円が含まれています。

セーフティパッケージは97,200円、全方位モニター付メモリーナビゲーションは142,560円のオプション価格となっています。

イグニス ハイブリッドMZ 4WD車で人気の装備は?

一つ下のイグニス ハイブリッドMX 4WD車との差額は140,400円です。

エンジンやハイブリッドシステムは同じ仕様です。装備からこの差を比較してみましょう。

○本革巻ステアリングホイール

本革巻ステアリングホイール

ハイブリッドMZ のみ本革巻で、他のグレードはウレタン製です。

ウレタンは表面がツルツルして比較的滑りやすく、手が疲れてくる場合があります。

常に握っているハンドルですので、滑りにくさと程よい触り心地を持つ本革巻はさり気ない満足感も持たせてくれます。

○LEDヘッドランプ / ポジションランプ

LEDヘッドランプ / ポジションランプ

ハイブリッドMG / ハイブリッドMXはハロゲンヘッドランプです。

ハイブリッドMZ はLEDヘンドランプを採用しています。

ハロゲンに比べると明るく見えて、夜間の視認性が良くなります。

また、ポジションランプもLEDなので、視認性に加えデザインも特徴的となっています。

○オートライトシステム

周囲が暗くなると、ポジションランプとヘッドランプが自動で点灯します。

夕暮れの薄暗い時に点灯忘れがなくなり、事故防止に役立ちます。

昼間にトンネルへ入ったときも自動点灯、自動消灯しますので、ドライバーのスイッチON-OFF操作の煩わしさがありません。

○クルーズコントロール

クルーズコントロール

一定速度を維持しながら自動で走行する機能です。

ハンドルのスイッチを操作することで、約45~100km/hの範囲で作動します。

特に高速道路などの長距離運転では、ドライバーの疲労低減に効果的です。

○パドルシフト

パドルシフト

指先のスイッチ操作でCVTを変速できます。

スイッチはハンドル付近に設置され、シフトノブへ手を伸ばす必要はありません。

両手でステアリングホイールを握ったままシフトアップとシフトダウンの操作ができるので、運転に集中することが可能です。

他にも紫外線&赤外線カットガラスなども採用さており、最上位グレードのイグニス ハイブリッドMZ 4WD車では、標準で装着される多くの便利装備が装着されています。

14万円分高くなる設定ですが、この装備であれば満足感が得られるのではないでしょうか。

イグニス ハイブリッドMZ 4WD車でオプション設定となっている装備とは?

イグニスの最上位グレードでもオプションの装備があります。

○全方位モニター付きナビゲーション

全方位モニター付きナビゲーション

全方位モニターとは、カメラで捉えている車の前後・左右の状況をナビ画面に映すことを言います。

カメラはフロントグリル、リヤゲート、左右のサイドミラーに設置されています。

カメラが映す映像に加え、真上から見下ろしたように加工した映像も映し出せるので、駐車する時や目視で確認しにくい時に活用できます。

カメラでも映せない死角はあるので、ドライバーの確認は必要です。

ハンズフリーマイクとステアリングスイッチがセットになっているので、スマートフォンでの通話や音声認識も可能となっています。

○セーフティパッケージ

サイドエアバッグ / カーテンエアバッグやフロントガラスに設置された2つのカメラを活用した安全性装備を搭載できます。

自動ブレーキや誤発進抑制装置などが含まれています。

97,200万円高くなりますが全てセットになっていますので、安全性や下取り時の査定価格を考えると、予算があればぜひ装着したい装備です。

このセーフティパッケージは、すべてのグレードでオプション設定されています。

○ブラック2トーンルーフ

ブラック2トーンルーフ

ボディーとルーフで塗装色を分ける2トーンカラーをオプションで選択できます。

43,200円高くなりますが、イグニスの特徴でもある個性的なエクステリアを際立させてくれます。

イグニスの燃費が一番良いグレードは?

マイルドハイブリッドシステム

イグニスには、すべてのグレードでマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

1.2リットルガソリンエンジンに、モーター機能付発電機とリチウムイオン電池を備えたスズキ独自のシステムです。

このシステムは、100km/Lまでの加速走行時にモーターでエンジンを最長30秒間アシストする機能などを活用しており、燃費性能がより向上しています。

このハイブリッドシステムを搭載したグレードのなかで、燃費が一番良いのはハイブリッドMG 2WD車です。

イグニス ハイブリッドMG 2WD 28.8km/L

この燃費はメーカーが発表したカタログ値であり、実際にユーザーが走行した燃費と異なる場合があります。

ユーザーが購入するときに気になるのは、実際に走行した実燃費でしょう。

イグニス ハイブリッドMG 2WD車の平均実燃費は、約18.1km/Lです。

街中のゴーストップが多い場面では17.4km/L、流れの良いバイパス道や信号の少ない郊外の幹線道路は23.2km/Lです。

高速道路などでは、およそ24km/Lを超える実燃費が可能です。

イグニス ハイブリッドMX / ハイブリッドMZ 2WD車のカタログ燃費は28.0km/L、平均実燃費は17.6km/Lです。

イグニス ハイブリッドMG 2WD車はガソリン満タンで何キロ走る?

イグニス ハイブリッドMG 2WD車の燃料タンクは32Lです。

ガソリン残量5Lまで走行したと仮定すると、27Lで走行できる距離は、

32L-5L=27L
27L×実燃費18.1km/L=488km

イグニス ハイブリッドMG 2WD車は、満タンでおよそ488km走る計算になります。高速道路ではさらに実燃費が上がるので、無給油で東京~大阪間を走行できそうです。

イグニスの燃費が一番悪いグレードは?

イグニス ハイブリッドMG / ハイブリッドMX / ハイブリッドMZ 4WD車 25.4km/L

イグニスの中で一番燃費の悪いグレードは、イグニス ハイブリッドMG / ハイブリッドMX / ハイブリッドMZ 4WD車です。

4WDは駆動系部品が2WDより多く、4輪を駆動させるので燃費が落ちているようです。

イグニス ハイブリッドMG / ハイブリッドMX / ハイブリッドMZ 4WD車のガソリン満タンで走れる走行距離は?

イグニス ハイブリッドMG / ハイブリッドMX / ハイブリッドMZ 4WD車の平均実燃費は、15.9km/Lです。

ガソリンタンクの容量は30Lなので、タンク内に5L残すまで走行した場合、25Lで走れる距離397㎞が満タンで走れる走行距離となります。

25L×15.9km/L=397㎞

イグニスの自動ブレーキがあるグレードは?

自動ブレーキ

自動ブレーキは、全てのグレードでメーカーオプションとして設定されています。

デュアルカメラブレーキサポートと呼ばれ、安全性装備をセットにしたセーフティパッケージに含まれています。

気候や道路状況などによっては作動しない場合もあるので、過信は禁物です。

○デュアルカメラブレーキサポート

デュアルカメラブレーキサポート

フロントガラスに設置された2つのカメラを使い、車や歩行者を検知します。

約4~80km/hの走行中に検知します。

警報や表示によって障害物があることをドライバーに知らせ、さらに自動でブレーキを制御します。

市街地や幹線道路などでの急な飛び出しに対してもリスクが少なくなります。

また、自動ブレーキに使うカメラを安全性以外の装備にも活用しています。

○誤発進抑制

誤発進抑制

発進するときに前方に障害物がある場合、誤ってペダルを踏み間違えてしまった時などでも急な発進を抑制します。

例えば駐車する時の前進時に作動するので、ヒヤッとするもしもの時に安心な装備です。

○ふらつき警報システム

ふらつき警報システム

運転中にドライバーのふらつきがあると警報を鳴らします。

搭載カメラが道路の車線を検知することでシステムを作動させています。

特に、一人で運転しているときの安全運転に役立ちます。

○車線逸脱警報システム

車線逸脱警報システム

走行している車線を常に検知して、不用意に車線を越えそうな時に警報と表示で知らせてくれます。

約60km/h以上で走行中に作動します。運転で疲れても、事故防止に役立ちそうです。

○発進お知らせシステム

発進お知らせシステム

停止後に、前の車が発進したことをドライバーへ知らせる機能です。

走行中から停止し、前方の車が発進しても自車が発進しない場合にブザーが鳴り表示でも教えてくれます。

慌てずに発進できます。

イグニスのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

スポーツタイプ

イグニスには、スポーツタイプやエアロパーツが標準で付いているグレードの設定はありません。

エクステリアを変えてスポーツ感を強くしたい場合は、オプションのパーツを装着する事になります。

スポーティドレスアップパッケージとして多くのパーツが準備されています。

例えば、

フロントアンダースポイラー 67,878円
ルーフエンドスポイラー 39,852円

また、エクステリアのアクセントにはお手軽なアイテムが用意されています。

ストアイプテープセット 14,310円

エアロパーツを装着したときに、インテリアも同時に追加すると統一感が出てきます。

アルミペダルセット 12,798円がオプション設定されています。

イグニスのエコカー減税額が一番多いグレードは?

イグニスのグレードの中で一番エコカー減税額が多いのは、イグニス ハイブリッドMZ 2WD車です。

・自動車重量税 75%減税(▲11,300円)
・自動車取得税 80%減税(▲32,800円)
エコカー減税合計 44,100円

イグニス ハイブリッドMZ 2WDでは、44,100円が減税されます。

グリーン税制でも自動車税が25,500円減税されますので、減税合計金額としては69,600円となります。

自動車重量税は50~75%、自動車取得税は60~80%が減税されます。

すべてのグレードでハイブリッドシステムやアイドリングストップシステムなどが搭載されていますので、減税税率も比較的多くなっています。

エコカー減税を有効に利用して購入価格を抑えたいところです。

イグニスの売れ筋のグレードは?

イグニス ハイブリッドMZ 2WD車

売れ筋グレードは、イグニス ハイブリッドMZ 2WD車です。

イグニス全てのグレードのうち、およそ40%を占めています。

4WD車と合わせるとおよそ50%となりますので、ニーズに合ったグレードと言えるのではないでしょうか。

上記に購入シミュレーションがあります。

イグニス ハイブリッドMZ 2WD 1,641,600円

次に人気のあるグレードは、イグニス ハイブリッドMX 2WD車です。MZ 2WD車とほぼ同じ割合を占めています。

イグニス ハイブリッドMX 2WD 1,501,200円

イグニス ハイブリッドMX 2WD車はいくらで買える?

では、人気を二分しているイグニス ハイブリッドMX 2WD車はいくらで買えるのか?

値引きも含めてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードイグニス ハイブリッドMX 2WD
車両本体価格1,501,200円
メーカーオプションプレミアムシルバーメタリック
セーフティパッケージ
全方位モニター付メモリーナビゲーション
メーカーオプション価格261,360円
ディーラーオプションドアバイザー
フロアマット
ETC車載器
ディーラーオプション金額49,248円
諸費用・税金93,530円
車両値引き▲160,000円
オプション値引き(20%)▲10,000円
支払総額1,759,573円

上記の仕様でイグニス ハイブリッドMX 2WD車の総支払額は、約176万円となりました。

プレミアムシルバーメタリックは特別色です。メーカーオプション価格に21,600円が含まれています。

オーディオレス仕様のグレードですが、ステアリングオーディオスイッチが標準装備されています。

ナビやカーオーディオを購入する時には、意外と便利な装備が付いています。

買取相場から見るイグニスのおすすめグレードは?

グレードによって、数年後のイグニスの買取相場は変わります。

ここでは、1年後のイグニスのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から1年落ちのイグニスのリセールバリューは?

新車登録から1年経過後のイグニスの各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
ハイブリッドMG

125万円

138.2万円

90.4%

ハイブリッドMX

143万円

150.1万円

95.2%

ハイブリッドMZ

158万円

164.1万円

96.2%

ハイブリッドMG(4WD)

156万円

151.9万円

102.6%

ハイブリッドMZ(4WD)

168万円

177.8万円

94.4%

新車から1年経過時のイグニスのリセールバリューです。

発売から1年後の相場なので、新古車等も含まれる中でリセールバリューは高いものとなっています。

現状では4WDの方がリセールが高くなっています。

リセールバリューから見るイグニスのおすすめグレードは?

新車から1年経過したイグニスのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「ハイブリッドMZ」です。

現状では、上級グレードの「MZ」のリセールが高いのでおススメとなります。

4WDも同等のリセールなので、雪の多い地方ならリセールバリューから見ても4WDを選んで損はありません。

リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は?

イグニスで売却時に得するボディカラーは、ピュアホワイトパールとスーパーブラックパールです。

金額的には多くないですが、それでもこの2色以外では5~10万円以上安くなるでしょう。5万10万でも売る時に高く売りたい!なら、上記2色がおススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

イグニスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのイグニス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がイグニスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のイグニスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

こちらも参考に!イグニスを安く買う値引き交渉術!

 

-イグニスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.