インプレッサの評価集

インプレッサスポーツの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

更新日:

インプレッサスポーツの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

2016年10月にセダンタイプのG4とともにフルモデルチェンジされたインプレッサスポーツは、「2016–2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、歴代最高の評価を獲得し、月間販売台数のベスト10に迫る大ヒットを記録しています。

中でもハッチバックタイプのインプレッサスポーツは、広い年齢層から支持されています。

インプレッサは他のスバル車のように4WDというイメージは、あまり強く押し出してませんが、ハッチバックタイプのスポーツでは、「やはりせっかくインプレッサに乗るなら4WDを」というユーザーも多く、往年のスバルファン「スバリスト」を中心に、インプレッサの4WD人気は現在でも健在であることがうかがえます。

そこで、人気のインプレッサスポーツ4WD車について、燃費や走行性能、コストパフォーマンスなどをあらためて探ってみます。

インプレッサスポーツの4WDグレードの価格は?

インプレッサスポーツ4WDの価格
1.6i-L 4WD :2,160,000円~
2.0i-L 4WD :2,397,600円~

インプレッサスポーツの2WD車と4WD車(スバルではAWD と表記していますが、当記事ではわかりやすく以下4WDと記載させて頂きます)の価格差は216,000円となっています。

その駆動方式による価格差は平均的なものですが、ライバル他車と比べてインプレッサスポーツの価格は大変リーズナブルに設定されているために、4WDだから高いという印象はありません。

〇 駆動方式構成比(9月1日の先行予約開始~11月14日 )

https://www.media.subaru-global.com/ja/news/2335(スバルグローバルメディアサイト)

発売直後の受注のグレード構成を見ると、他社同クラスの車種よりも4WDの比率は高く、特に2.0L車においては2WD車を大きく上回っており、このあたりも、手ごろな価格設定が要因ではないかと思われます。

インプレッサスポーツ1.6L車
2WD 16%
4WD 10%

インプレッサスポーツ2.0L車
2WD 23%
4WD 51%

インプレッサスポーツの2WDと4WDの装備の差

インプレッサスポーツの2WDと4WDに装備の差はありません。

ですが1.6L車と2.0L車の間に、SI-DRIVE、LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付ミラー、本革巻ステアリングホイール/セレクトレバー、キーレスアクセス&プッシュスタート、運転席&助手席8ウェイパワーシートなどの標準装備の差があります。

ライバル車との比較

アクセラスポーツ4WD車

インプレッサスポーツ ライバル車 アクセラスポーツ

アクセラスポーツ1.5L:2,046,600円~
アクセラスポーツ22XD :3,013,200円~

インプレッサスポーツ4WDの価格は、アクセラスポーツの1.5L車より100㏄大きいエンジンであることもあって、12万円ほど高いのですが、7つの乗員保護エアバッグに加えて歩行者保護エアバッグまでも標準装備することだけでも、十分納得のいく価格といえます。

さらに、アクセラスポーツのクリーンディーゼル車は圧倒的な動力性能を持ちますが、300万円を超える高額車になってしまいます。

インプレッサスポーツの2.0L車が非常にリーズナブルに見えてきます。

トヨタ オーリス4WD車

インプレッサスポーツ ライバル車 オーリス

オーリス150:1,984,255円~

オーリスの4WDは1.5L車にのみ設定。ハイブリッドや1.2L直噴ターボ車にはありません。

価格的にはかなり低い設定ですが、「トヨタセーフティセンスC」も各種エアバッグもメーカーオプションになるため、この価格では自動ブレーキさえ装備されていないことに注意が必要です。

インプレッサスポーツの4WD車の実燃費は?

インプレッサスポーツの4WD車のカタログ燃費

インプレッサスポーツ1.6L
2WD車:18.2㎞/L
4WD車:17.0㎞/L

インプレッサスポーツ2.0L
2WD車:16.0~17.0㎞/L
4WD車:15.8~16.8㎞/L

ハイブリッドやダウンサイジングされた直噴ターボなど、特に燃費を意識したエンジンではありませんが、軽量・コンパクトな新型プラットフォームや水平対向エンジンとリニアトロニックによって、1.6L、2.0Lともに2WD車と4WD車の燃費の差は少なく、1.0~1.2L㎞/Lの範囲にとどまります。

また、1.6L車と2.0L車の燃費差も0.2~1.2㎞/Lと非常に少ないのも、インプレッサスポーツに20L車、そして4WD車の比率が高い要因です。

インプレッサスポーツの4WD車の実燃費

インプレッサスポーツ2.0L
2WD車(e燃費):13.05㎞/L
4WD車(e燃費):11.69~11.91㎞/L

インプレッサスポーツ1.6L
2WD車(e燃費):12.23~13.64㎞/L
4WD車(e燃費):11.89~15.81㎞/L

平均実燃費(みんから):12.01㎞/L

カタログ燃費同様に、実燃費でも4WD車と2WD車、そして1.6L車と2.0L車の燃費の差は少なく、2.0L車が欲しくなる結果です。

逆に、1.6L車の方は価格以外には経済的なメリットが少なく、2WDの方を選んだほうがいいかも知れません。

ライバルの燃費

マツダアクセラスポーツ4WDのカタログ燃費

22XD 4WD車:18.0~19.6㎞/L
1.5L 4WD車:17.8㎞/L
1.5L 4WD車16.4㎞/L

マツダアクセラスポーツ4WD車の実燃費

アクセラスポーツ1.5L
2WD車(e燃費):13.55~15.90㎞/L
4WD車(e燃費):13.31㎞/L

アクセラスポーツ2.2XD
2WD車(e燃費):15.43~18.27㎞/L
4WD車(e燃費):13.73~16.31㎞/L

平均実燃費(みんから)
ガソリン車 12.92km/L
ディーゼル車 16.02km/L

ガソリン車より燃費のいいディーゼルエンジンですが、4WD車は2.2Lという排気量ということもあり、インプレッサスポーツの2.0L車と同程度になり、1.5L車の燃費もインプレッサスポーツの16L車を下回っています。

しかし、実燃費ではインプレッサスポーツを逆転し、特にディーゼル車では大きな差をつけています。

インプレッサスポーツの4WD車の雪道の走行性能は?

シンメトリカルAWD

※インプレッサスポーツ:subaru.jp

インプレッサスポーツを含め、スバル車に搭載されている四輪駆動システム「スバルAWD(SUBARU ALL WHEEL DRIVE)」は、「シンメトリカルAWD」と呼ばれ、エンジンやトランスミッションなどを左右対称に配置し、全てを低い位置に搭載する四輪駆動システムで、水平対向エンジンを採用しているスバルならではのシステムです。

これにより、車両の重量バランスが良く、重心を低くでき、それが走行性能向上につながるというメリットがあります。

ブレーキから停止までクルマの挙動が安定するのは、単に速く走れるということではありません。

雪道でも泥道でも路面状況が悪い時も直進安定性が高く、高速道路などでも安定し横風にも強いというメリットもあります。

このようにインプレッサスポーツ4WD車の安定した走りは、安全にもつながるのです。

インプレッサスポーツの4WDのまとめ

スタッドレスタイヤやFF車の性能向上により、SUVでも4WD車が必要とは思われなくなりました。

しかし、スバルでは、SUVではないインプレッサスポーツでも、圧倒的に4WD車が多い。

それだけスバルイコールAWDというイメージが根強いのと、スバル製の4WDに信頼を置く熱心なスバリストが多いのが要因ですが、単に盲目的に信用するのではなく、信じるにあたる事実がそこにあるからです。

4WDを本来の雪道や悪路での走行性のためだけではなく、安全性能と取らえて選ぶのもこれからのクルマ選びの基準になるのではないでしょうか。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

-インプレッサの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.