インプレッサの評価集

インプレッサスポーツのデザインはカッコ悪い?カッコいい?外観を評価!画像多数あり

更新日:

インプレッサスポーツのデザインはカッコ悪い?カッコいい?外観を評価!画像多数あり

新型インプレッサスポーツのデザインはカッコいいのか、それともカッコ悪いのか??

多数の画像からインプレッサスポーツのデザインを評価していきます。

撮影車
インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 現行モデル

インプレッサスポーツのフロントマスク

インプレッサスポーツのフロントマスクです。

旧型から若干薄い顔立ちになり、大人しめな印象を受けます。その分各部の細かいディテールがはっきりとデザインされ、大人しい顔立ちながらしっかりと存在感を出しています。

個人的には他社のようにフロントグリルを大きくしたりして個性を出すよりも、とても良い印象を持ちます。

躍動感あるスタイル

フロントのフォグランプ周りの造形やボンネットの造形、サイドの上下のキャラクターラインなど、一つ一つは目立つデザインではありませんが、全てが組み合わさると躍動感あるスタイルに見えます。細マッチョ系ですね(笑)

横から見ると躍動感のある前傾姿勢

フロントマスクのデザインのおかげか、フロント部が低く構えているように見えます。そこからベルトラインやキャラクターラインが後方に掛けて競り上がっているので、横から見ると躍動感のある前傾姿勢に見えます。

スタイリッシュなサイドライン

ハッチバックスタイルですが、フロントから競り上がったベルトラインと、ルーフからなだらかに傾斜したラインが後方で繋がり、リアが厚ぼったく見えずスタイリッシュなサイドラインになっています。

ドアガラスやリアのクォーターガラスの形が、カッコよく見えますね。

後方視界は十分に良好

リアハッチのガラスエリアの面積はあまり広く感じないかもしれませんが、実際に運転すると後方視界は十分に良好です。

ドアのキャラクターラインもそうですが、リアフェンダーからリアバンパーに掛けてのラインや造形が、細かくデザインされています。

幾通りにも流れるラインがふくらみを持たせ、控えめながらもワイドなリアスタイルを作っています。

リアバンパーの下半分がブラックアウト化

リアバンパーの下半分がブラックアウト化されて、重心が高く見えがちなリアのハッチバックスタイルを低く見せ、スポーティなデザインとなっています。

インプレッサスポーツの左側ヘッドライト

インプレッサスポーツの左側ヘッドライトです。LEDのポジションランプが今どきの車っぽいですね。

LEDハイ&ロービーム

メーカーオプションのLEDハイ&ロービームが付いています。オートレベライザーやポップアップ式のヘッドランプウォッシャー、ステアリング連動ヘッドランプもセットで付いて来ます。

フロントのフォグランプ

フロントのフォグランプです。2.0にはメッキの加飾が付いて来ます。

ヘッドライト&フォグランプ周り

ふくらみのあるバンパーの造形と、少し涙目?たれ目?なヘッドライト&フォグランプ周りが空力も考えられて作りこまれている感じで、カッコいいです。

右側ヘッドライト&フォグランプ

左側ヘッドライト&フォグランプです。

オレンジ部分がウインカー

内側のオレンジ部分がウインカーです。

六連星エンブレムとメッキ加飾がかっこいい

インプレッサスポーツのフロントグリルです。中央の六連星エンブレムとメッキ加飾がかっこいいですね。

六連星エンブレム

インプレッサスポーツのアルミ製ボンネット

インプレッサスポーツのアルミ製ボンネットです。2本のラインがフロントバンパーからグリルへと続いています。

インプレッサスポーツのフロントワイパー

インプレッサスポーツのフロントワイパーです。雨滴感知付きで便利。

ワイパー下には歩行者用エアバックが装備されています。

インプレッサスポーツ1.6のアルミホイール

インプレッサスポーツ1.6のアルミホイールです。サイズは16インチ。2.0の17インチや18インチと比べるとサイズ的にもデザイン的にも物足りないのは否めません。ただ、レトロチックなデザインで見慣れると悪くありませんね。

タイヤサイズは205/55-16

タイヤサイズは205/55-16です。サイズが小さい方が、タイヤ代が安いメリットがあります。

UV&IR(赤外線)カット機能付きのフロントガラス

UV&IR(赤外線)カット機能付きのフロントガラスです。2.0ではプラス遮音ガラスが採用されています。

インプレッサスポーツのドアミラー

インプレッサスポーツのドアミラーです。2.0ではLEDのサイドターンランプが内蔵されています。

ドアミラー

ドアミラーの面積は広く、運転中も確認しやすいです。

運転席側のドアハンドル

運転席側のドアハンドルです。メーカーオプションでスマートキーが付いているので、キーを携帯してドアノブを握るとドアロックが開錠します。右側の2本線のところをタッチするとドアロックが閉まります。

運転席側のリアドアノブ

運転席側のリアドアノブです。

インプレッサスポーツの給油口

インプレッサスポーツの給油口です。スバル車は右側に付いていますね。

給油キャップを収めるホルダー

給油口を開けると、給油キャップを収めるホルダーが付いています。日本車は付いていますが、輸入車には付いていない事も多いです。

インプレッサスポーツの右側テールランプ

インプレッサスポーツの右側テールランプです。左側の赤い部分はリアフォグランプです。メーカーオプションのクリアビューパックに含まれています。

インプレッサスポーツの右側テールランプ

リアの六連星エンブレム

リアの六連星エンブレムです。

左側のテールランプ

左側のテールランプです。右側テールにはリヤフォグでしたが、こちらにはバックランプが収まっています。

リアのテールランプ

リアのテールランプがボディの延長線上に張り出しています。デザインもそうですが、おそらく流れる空気の整流効果を狙っての事もあると思います。空気を早く逃がして抵抗を減らす効果があります。

間欠機能付きのリアワイパー

間欠機能付きのリアワイパーです。リアワイパー間欠作動状態でギヤをバックに入れると、連続でワイパーが作動します。

リアのインプレッサエンブレム

リアのインプレッサエンブレムです。

リアのシンメトリカルAWDのエンブレム

リアのシンメトリカルAWDのエンブレムです。2WDモデルもありますが、様々な路面状況に対応するスバルのAWDを選びました。

リアのガラスエリア

リアのガラスエリアです。視界は良好です。

シャークフィンタイプのルーフアンテナ

シャークフィンタイプのルーフアンテナです。空気抵抗が小さい形状ですが、見た目的にもグッドですね。

ハイマウントストップランプ内蔵のリアルーフスポイラー

ハイマウントストップランプ内蔵のリアルーフスポイラーです。整流効果もありますが、見た目にもルーフスポイラーがある事で、リアのバランスが取れています。

 

インプレッサスポーツのルーフ

インプレッサスポーツのルーフです。後方左右に突起を出す事でルーフ全体の空気抵抗を減らす効果があります。

インプレッサスポーツのルーフ

UVカット機能付きのリアプライバシーガラス

UVカット機能付きのリアプライバシーガラスです。

フロントフェンダーのターンランプ

フロントフェンダーのターンランプです。ドアミラーにサイドターンランプが付いている2.0には付いていません。

フロントフードが丸みを帯びている

横から見るとフロントフードが丸みを帯びているのが分かります。

エッジの効いたバンパーデザイン

旧型よりも低く構えたフロントマスクです。エアロ効果を狙ったエッジの効いたバンパーデザインが良く考えられています。

左右後方の死角に入る車やバイクを知らせてくれるインジゲーター

メーカーオプションでアドバンスドセーフティパッケージを付けているので、左右後方の死角に入る車やバイクを知らせてくれるインジゲーターがドアミラー内側に付いています。

インジゲーターが働くとオレンジ色に光ります。結構明るいので否が応でも目に入ります。

インプレッサスポーツのリアバックカメラ

インプレッサスポーツのリアバックカメラです。ちょうどリヤエンブレムの下辺りに付いています。夜でもかなり明るく映してくれます。

インプレッサスポーツのマフラー

インプレッサスポーツのマフラーです。ドルフィンテール形状で、排気と音が広がらないように下に向けています。

リヤのリフレクター(反射板)

リヤのリフレクター(反射板)です。バンパー下のガーニッシュは、何気にカーボン柄になっていてスポーティです。

LEDヘッドライトを点灯した状態

インプレッサスポーツのLEDヘッドライトを点灯した状態です。明るさは十分ですね。

フォグランプ

フォグランプは、標準ではハロゲンになっています。特に明るさを求めないなら、霧の中でも有効なハロゲンのオレンジで十分でしょう。

ヘッドライト&フォグランプの点灯状態

インプレッサスポーツのヘッドライト&フォグランプの点灯状態です。LEDポジションランプがカッコいいですね。フォグランプ周りのLEDライナーも欲しいですが、3~4万円掛かるので諦めました。無い方が逆にすっきりして良いかもしれませんね。

点灯状態のリアのテールランプ

点灯状態のリアのテールランプですが、画像だと分かりにくいですね・・・フロント同様LEDランプがコの字型に発光しています。

リヤフォグランプの点灯状態

リヤフォグランプの点灯状態です。霧の中や豪雨など視界が悪くなければ、眩しくて後続車の迷惑なので控えましょう。

右側のポジションランプ点灯状態

同じですが右側のポジションランプ点灯状態です。

カッコいい!

カッコいい!!!

カッコいいですね!

ボンネット裏の断熱材

インプレッサスポーツのボンネット裏の断熱材です。

アイサイトのステレオカメラ

最後にインプレッサスポーツのアイサイトのステレオカメラです。ver.3になってクルーズコントロールの追従が大分スムーズになりました。

歩行者を検知するのがもしもの時に有難いですね。ただ1メートル以下は認識しないので、小さな子供には注意が必要です。

カッコいいエクステリアデザイン

以上インプレッサスポーツのエクステリアデザインでした。

一目見てスバル車と分かるデザインですが、細部にわたって作りこまれたディテールが機能美として表れています。

モデルを重ねるごとに、デザインはあか抜けているように思いますね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

-インプレッサの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.