スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル インプレッサ モデルチェンジ推移2009年2月24日

更新日:

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

スバル インプレッサ WRX STIを一部改良
あわせて「WRX STI A-Line」を追加設定

富士重工業は、スバル インプレッサ WRX STIに一部改良を施すとともに、「WRX STI A-Line」を追加設定し、本日より全国のスバル特約店を通じて発売する。

新たに追加設定する「WRX STI A-Line」は、WRX STIをベースに、専用の2.5L水平対向4気筒ターボエンジン、スポーツシフトE-5ATを組み合わせ、WRX STIの持つ走りの愉しさを幅広いお客様に提供するモデルである。

また、今回の一部改良は、運転席8ウェイパワーシートの採用、新ボディ色「サテンホワイト・パール」の設定など、一部仕様装備を変更し快適性や質感を高め、商品力を強化した。

【WRX STI A-Lineの商品概要】

スバルの走りの象徴であるWRX STIの、シャシー、ボディなどの基本コンポーネントはそのままに、専用2.5LターボエンジンとスポーツシフトE-5ATを搭載。専用の本革シートをメーカー装着オプションで設定するなど、より上質な演出を施し、WRX STIとの差別化を図った。

1.エンジン

専用の2.5Lターボエンジンを搭載。シングルスクロールタイプのターボチャージャーを採用し、2,800回転から最大トルクを発生するフラットなトルク特性を実現。
吸排気バルブの開閉タイミングを連続的にコントロールするデュアルAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用。低速トルクを向上させるとともに、高回転域までの優れた出力特性を実現。また、燃費性能の向上にも寄与。
吸気の流れをコントロールして燃焼効率を高めるTGV(タンブルジェネレーテッドバルブ)を採用。
平成17年排出ガス基準50%低減を達成。

2.ドライブトレーン

ドライバーが任意でエンジン特性を切り替え、3種類のエンジンを使い分けるよう走行特性を選択できるSI-DRIVE(SUBARU Intelligent Drive)を採用。
ステアリングから手を離さずシフト操作が可能なパドルシフトを装備。また、マニュアルモードのシフトダウン時に、スムーズでレスポンスの良い変速を実現するダウンシフトブリッピングコントロール(回転数同期制御)を搭載。
Dレンジのままでもパドル操作のみで一時的にマニュアルモードへ切り替えることができるテンポラリーマニュアルモードを採用。

VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]を採用。前後輪トルク配分を走行状況に応じて連続可変制御し、優れた操縦安定性を実現。
フロント17インチ2ポット、リヤ16インチの専用ベンチレーテッドディスクブレーキを採用。また、ブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキをメーカー装着オプションで設定。
VDC(ビークルダイナミクスコントロール)を標準装備。
クルーズコントロールを標準装備。

3.インテリア

運転席8ウェイパワーシート付のファブリック/合成皮革と本革の2種類のシートを設定するとともに、本革シートにはフロントシートヒーターを装備。(本革シートはメーカー装着オプション)
シルバーのダブルステッチを施したソフトレザー表皮のドアアームレストを装備。
本革巻ATセレクトレバー周りに、シフトブーツと金属調処理を施したリングを装備。

【WRX STIの主な改良ポイント】
運転席8ウェイパワーシートの採用。(メーカー装着オプションのレカロ製バケットタイプフロントシートを除く)
ボディ色に、「サテンホワイト・パール」を採用。
ヒルスタートアシストにキャンセル機能を追加。
マルチモードVDCのモード切替の操作方法を変更。

【販売計画】
300台/月

・価格(消費税込み)

インプレッサWRX STI

3,685,500円

インプレッサWRX STI A-Line

3,150,000円

スバル インプレッサ WRX STI

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.