スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル インプレッサ モデルチェンジ推移2012年7月3日

投稿日:

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

スバル インプレッサ WRX STIシリーズ 4ドアモデルに「spec C」追加
~ 4ドア、5ドア両モデルに「A-Line type S Package」を展開~

富士重工業は、スバル インプレッサ WRX STIシリーズに改良を施すと共に、4ドアモデルにコンペティションモデルである「spec C」を、4ドア、5ドア両モデルに「A-Line type S Package」を展開し、本日7月3日より発売します。

今回の改良では、新デザインの18インチアルミホイールの採用や仕様装備の見直しを行い、商品力を向上させました。

「spec C」は、2010年12月に5ドアモデルを設定。今回追加する4ドアモデルでも、インプレッサWRX STI に求められるあくなき性能追求の象徴に相応しいレスポンスとトルクを強化した専用パワーユニットを搭載。さらに徹底した軽量化や、足回りの剛性向上など、コンペティションモデルとしてのパフォーマンスを追求しました。

「A-Line type S Package」は、2.5?水平対向ターボエンジンと5ATの組み合わせが好評な「A-Line」を、昨年秋に発表した特別仕様車「A-Line type S」をベースに、装備を見直しスポーティテイストをさらに高めたグレードとしました。

富士重工業は、スバルのブランドステートメント“Confidence in Motion”において、“確かなクルマづくり”を貫きながら、お客様のライフスタイルや価値観と強いつながりを持つ商品の開発に注力し、「安心と愉しさ」を提供することにより、スバルファンの拡大を目指しています。

【インプレッサ WRX STIシリーズの主な改良内容】
新デザインの18インチアルミホイールをWRX STI、WRX STI A-Line に採用。従来の18インチアルミホイールに対して1 本あたり220gの軽量化を実現し、走行性能の向上を図っています。(4ドア、5ドア両モデル共通)
A-Line にメーカー装着オプションで展開していた、プレミアムパッケージ(プレミアムタンインテリア&BBS製18インチ鍛造アルミホイール)を6MTモデルでも選択できるようにしました。(4ドア、5ドア両モデル共通)
トランクガーニッシュをボディ同色とし、ボディとの一体感を高めました。(4ドアモデル)

【インプレッサ WRX STI spec Cの主な改良内容】
4ドアモデルの展開。
リヤワイパーやリヤフォグランプなどをレスとし、17インチ仕様車では大型リヤスポイラーもレスとし、リヤ回りの軽量化を図りました。(4ドアモデル)
17インチ仕様車にフルオートエアコンをメーカー装着オプション設定。(4ドア、5ドア両モデル共通)
17インチ仕様車のリヤ中央席にヘッドレストと3点式シートベルトを追加。(4ドア、5ドア両モデル共通)

【インプレッサ WRX STI A-Line type S Packageの主な仕様】
大型リヤスポイラー(4ドアモデル)
専用バケットタイプフロントシート(アルカンターラ*/本革シート、赤ステッチ)
フロアコンソールリッド&ドアアームレスト(アルカンターラ*)
BBS製18インチ鍛造アルミホイール
RECARO製バケットタイプフロントシート(メーカー装着オプション)
brembo製17インチフロント対向4ポット&リヤ対向2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ(メーカー装着オプション)
*:アルカンターラRはAlcantara S.p.Aの登録商標です

【販売計画】
インプレッサ WRX STIシリーズ全体で300台/月

・価格(消費税込み)

4ドア

3,150,000-3,738,000円

5ドア

3,150,000-3,685,500円

インプレッサ WRX STI

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.