スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル インプレッサ モデルチェンジ推移2019年10月10日

投稿日:

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

UBARU 「インプレッサ」大幅改良モデルを発表
~ドライバーの運転負荷を軽減する「アイサイト・ツーリングアシスト」全車標準装備~

  • エクステリア・インテリアデザインを刷新し質感を向上
  • 高い走りの実力にさらに磨きをかけたサスペンションの改良
  • 充実した装備でお買い得な価格とした「1.6i-S EyeSight」を追加

SUBARUは、「インプレッサ」大幅改良モデルを本日2019年10月10日に発表し、11月15日*1に発売します。

2016年10月に発表した第5世代インプレッサは、国内主力車種として、お客様に最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、SUBARUの次世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」や、国産初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現しました。

今回の大幅改良では、ドライバーの運転負荷を軽減するアイサイト・ツーリングアシストを全車に標準装備するとともに、「アダプティブドライビングビーム」などの先進安全技術を採用し、総合安全性能をさらに進化させました。また、SUBARU GLOBAL PLATFORMの強みを引き出すサスペンションの改良により、乗り心地の良さとハンドリング性能を高い次元で両立。デザインは、フロントフェイスやアルミホイールなどを刷新し、走りの愉しさを予感させる躍動感を表現しました。さらに、「アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能」をはじめ、日々の使用シーンで役立つ機能を拡充し、利便性を向上させました。

*1:1.6Lエンジン搭載グレードは2020年初頭発売予定

<SUBARUオフィシャルwebサイト インプレッサ>
SPORT:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/
G4:https://www.subaru.jp/impreza/g4/

【インプレッサの主な改良内容】*2

■ 安全性能

  • アイサイト・ツーリングアシスト
  • アダプティブドライビングビーム
  • フロントビューモニター

■ エクステリア

  • 新デザインフロントフェイス(バンパー・グリル)
  • 新デザインLEDハイ&ロービームランプ
  • 新デザインリヤフォグランプ(インプレッサSPORT)
  • 新デザイン17インチアルミホイール
  • 新デザイン18インチアルミホイール

■ インテリア

  • 新デザインマルチファンクションディスプレイ
  • デザインシート材質(メイン/サイド)
  • 新デザインマルチインフォメーションディスプレイ付メーター

■ 機能装備

  • 運転席シートポジションメモリー機能
  • ドアミラーメモリー&オート格納機能
  • リバース連動ドアミラー
  • 集中ドアロック(オートドアロック・アンロック機能付)

*2:グレードによって改良内容が異なります。詳細はSUBARUオフィシャルwebサイトの「主要装備表(SPORT・G4)」をご覧ください。

【店頭デビューフェア】
2019年11月16日(土)~17日(日)、23日(土)~24日(日)

【販売計画】
月販 2,200台

・価格(消費税込み)

2,002,000-2,706,000円

スバル インプレッサ

スバル インプレッサ

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.