インプレッサの評価集

XVの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

投稿日:

XVの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

アグレッシブなスタイリングや様々な路面で発揮する優れた走破性、世界トップレベルの衝突安全性・予防安全性能などが魅力のクロスオーバーSUV、「スバル・XV」の内装を徹底紹介します。

4種類が用意されるグレードごとに内装の仕様が異なるほか、エントリーグレードの1.6i アイサイトを除き「ブラックレザーセレクション」と呼ばれるパッケージオプションが用意されています。

XVの内装の質感は?

XVの内装色

XVの内装

※XV:subaru.jp

XVの内装

※XV:subaru.jp

写真は最上級グレードの2.0i-S アイサイトのもので、内装色は同グレードを含め全車ブラックのみとなります。

XVのフロントドアアームレスト

※XV:subaru.jp

XVのリアドアアームレスト

※XV:subaru.jp

フロント&リヤドアアームレストは、2.0i-S アイサイトと2.0i-L アイサイト、および1.6i-L アイサイト・ブラックレザーセレクション装着車はソフトパッド+オレンジステッチ仕様となります。

XVのフロントインナーハンドル

※XV:subaru.jp

XVのダークシルバー金属調加飾パネル

※XV:subaru.jp

XVのカーボン調加飾パネル

※XV:subaru.jp

また、フロント用インナードアハンドルには2.0i-S アイサイトと2.0i-L アイサイトにはダークシルバー金属調+カーボン調加飾パネル(クリア)が、1.6i-Lアイサイトと1.6i アイサイトにはカーボン調加飾パネルがあしらわれます。

一方、リア用インナードアハンドルは全車カーボン調加飾パネルとなります。

豪華な仕立てとまではいかないものの、質感の面ではベースモデルの「インプレッサ」を凌ぐなど満足のいく水準にあります。

XV アドバンスの内装

XV アドバンスの内装

※上の画像はXV アドバンスの内装です。

XVのシート表皮・デザイン

標準仕様

XVの標準シート表皮

※XV:subaru.jp

2.0i-S アイサイトのシート表皮はフロント/リアともメイン部が専用トリコット、サイド部がオレンジステッチ入りのトリコット/合成皮革のコンビネーションになります。

2.0i-Lアイサイトのシート表皮

※XV:subaru.jp

2.0i-Lアイサイトのシート表皮はメイン部が専用トリコット、サイド部がオレンジステッチ入りのトリコットになります。

1.6i-L アイサイトと1.6i アイサイトのシート表皮

※XV:subaru.jp

1.6i-L アイサイトと1.6i アイサイトはメイン部/サイド部ともにトリコットになります。

なお、色は全車ブラックのみとなります。

ブラックレザーセレクション

ブラックレザーセレクションの本革シート

※XV:subaru.jp

オレンジのステッチが施されたブラックの本革表皮で、トリコットには無い滑らかな肌触りが魅力です。

運転席・助手席にはシートヒーターが装備されます。

XVのシートの座り心地は、フロント/リアともにサイズがたっぷりしている上、フィット感にも優れるなど、まず文句の付けようのないものとなっています。

XV アドバンスのシート表皮、デザイン

※上の画像はXV アドバンスのシート表皮、デザインです。

XVのインパネ

XVのインパネ

※XV:subaru.jp

XVのインパネ

※XV:subaru.jp

XVのセンタートレイ

※XV:subaru.jp

XVのフロアコンソールリッド

※XV:subaru.jp

写真は2.0i-S アイサイトのもので、このグレードと2.0i-Lアイサイトはインパネアッパートリムにオレンジのステッチが施されるほか、インパネ加飾パネルがダークシルバー金属調、センタートレイがオレンジステッチ入りの表皮巻加飾付、フロアコンソールリッドがオレンジステッチ入りのソフトパッドトリムとなります。

1.6i-L アイサイトと1.6i アイサイトのインパネ

※XV:subaru.jp

一方、1.6i-L アイサイトと1.6i アイサイトは、インパネアッパートリムはステッチ無し、インパネ加飾パネルはカーボン調、センタートレイは加飾無し、フロアコンソールリッドはソフトパッドトリム無しとなるなど、ダウングレードされた仕様になります。

質感の面では上記のようにグレードにより差があるものの、廉価グレードでもチープさを感じさせない仕上がりとなっています。

XV アドバンスのインパネ

※上の画像はXV アドバンスのインパネです。

XVの収納・荷室の使い勝手は?

前席回りの収納

フロアコンソールボックス

XVのフロアコンソールボックス

XVのフロアコンソールボックス(オープン時)

フロアコンソールリッドを引き上げると、カードホルダーなども備わる大容量の収納ボックスが現れます。

前席カップホルダー

XVの前席カップホルダー

フロアコンソールボックスの前に2個分のカップホルダーが備わります。

2.0i-S アイサイトやアドバンスのものは、ストッパー付なので走行中にドリンクが動いてカタカタ音がすることがありません。

前席カップホルダー

※XV:subaru.jp

1.6i-L アイサイトのカップホルダーには、ストッパーは付きません。

センタートレイ

XVのセンタートレイ

XVのセンタートレイ

※XV:subaru.jp

センタークラスター下部に、スマホなどの小物が置けるトレイと電源ソケットが備わります。

さらに1.6i アイサイトを除く全車に、2系統のUSB電源が備わります。

フロント大型ドアポケット(ボトルホルダー付)

XVの大型ドアポケットの位置

XVの大型ドアポケット

左右のフロントドアに、書類などが収納できるポケットと500mlペットボトルが収まるボトルホルダーが備わります。

グローブボックス

XVのグローブボックス

XVのグローブボックス(オープン時)

助手席前に備わるグローブボックスは、照明付となっています。

コイントレイ

XVのコイントレイ

XVのコイントレイ

インパネ右端下部に、開閉式のコイントレイが備わります。

前席の収納は豊富な方ではありませんが、ボックスティッシュの置き場に困ることを除けばそれほど不自由することも無いでしょう。

後席の収納

リヤシートセンターアームレスト(1.6i アイサイトを除く全車)

XVのリアシートセンターアームレスト

XVのリアシートセンターアームレスト

中央席シートバックに内蔵される格納式センターアームレストに、2個分のカップホルダーが備わります。

リヤ大型ドアポケット(ボトルホルダー付)

XVのリアドアポケット

リヤドアにもボトルホルダー付のポケットが備わりますが、フロントと比べ容量が小さく、ボトルホルダーもタイトで使い勝手が劣ります。

リヤ左右席コートフック

XVのコートフック

コートフック

左右のアシストグリップに、コートが掛けられるフックが装備されます。

後席の収納はこれだけで、シートバックに収納ポケットやコンビニフックなどの備えは無く、3名乗車時には中央席の乗員はドリンクの置き場が無いなど、不満が残ります。

XVの荷室サイズは?どのくらい積める?

5名乗車時

XVの荷室サイズは?

XVの5名乗車時の荷室

※XV:subaru.jp

開口部は最大幅1,039mm、高さ777mmと十分な大きさがあります。

ただし、ロードクリアランスの大きいSUVなのでフロアが高く、重い荷物の積み下ろしは容易とは言えません。

この状態での荷室容量は385L、フロア長は820mmで、9インチのゴルフバッグなら2個搭載できます。

4~5人での小旅行にも十分対応できそうです。

3名乗車時

XVの3名乗車時の荷室

※XV:subaru.jp

荷室フロア長は1,631mmですが、長さ1.7m程度の釣竿なら中央部分に積めるでしょう。

2名乗車時

XVの2名乗車時の荷室

※XV:subaru.jp

荷室幅は最大で1,356mm、ホイールハウス間で1,090mmで、標準的なサイズのロードバイクを横に寝かせた状態で積むことができます。

サブトランク

XVのサブトランク

※XV:subaru.jp

床下に小物などが収納できるサブトランクが用意されます。

荷室サイズはさすがにミニバン並みとはいかないものの、このクラスのSUVとしては十分で、日常用途での不満はまず生じないはずです。

XVの内装まとめ

内装色がブラック系のみで一見地味に感じますが、質感はなかなか優れています。

ベースモデルのインプレッサと比較すると、ワンランク上の仕上がりと言えます。

また、シートの出来はインプレッサ譲りの上等なもので、ロングドライブでも疲労は少ないはずです。

一方、収納は決して多い方ではなく、特に後席は不十分と言わざるを得ません。

荷室はサイズに不足は無くフラットに近い状態になる点も評価できますが、フロアが高いのが玉にきずです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

-インプレッサの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.