インプレッサの評価集

スバル インプレッサスポーツでみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

スバルの人気車種インプレッサは、2019年11月のマイナーチェンジで安全性や完成度が一段と向上しました。

セダンのG4とハッチバックのスポーツがラインナップされていますが、シリーズの人気を牽引するのはスポーツです。

高い走行性能と安全性に加え、取り回しの楽なボディサイズとスタイリッシュなデザインが人気となっています。

そんなインプレッサスポーツも、グレード構成がシンプルなために、思い通りの装備と価格の組み合わせにならないことがあります。

そこで、オプションを装着することで自分好みの仕様に早変わりするのですが、どんなオプションを選んだら良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、みんなが選ぶ人気のオプションとおススメのオプションを調べてみました。

インプレッサスポーツのおすすめメーカーオプションは?

インプレッサのメーカーオプションは、細かな装備をセットにしたものに限られています。

作る側としては効率的なのですが、ユーザーとしては不必要なものまで買わされることになり、いささか不親切な構成となっています。

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

ステアリング連動ヘッドランプLEDヘッドランプ+ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビーム 88,000円

下位グレードの1.6i-L アイサイト/2.0i-L アイサイトのヘッドランプは明るさがイマイチのハロゲンタイプで、便利な機能もないので、なんとしても装備したいメーカーオプションです。

LEDヘッドランプならではの明るさは勿論のこと、便利なオートレベライザーやヘッドランプウォッシャーも付きます。

さらにステアリング連動ヘッドランプや、先行車への幻惑を防止しながらハイビームを保持するアダプティブドライビングビームなど、ハイテク機能が満載。

このオプションにより夜間走行時の安全性が格段にアップするので、絶対外せません。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

ブラックレザーセレクション 187,000円~429,000円

ブラックレザーセレクションは、以下の3点をメインにしたメーカーセットオプションです。

  • 高級なインテリアに様変わりする本革シート
  • 座面を暖めるフロントシートヒーター
  • 紫外線をカットするスーパーUVカットフロントドアガラス

1.6i-S アイサイト/2.0i-S アイサイトの場合は、これに予防安全性を高めるアイサイトセイフティプラス「運転支援」「視界拡張」がセットになって187,000円です。

2.0i-L アイサイトに装着する場合は、さらに以下の4点がセットになります。

  • LEDヘッドランプ+ステアリング連動ヘッドランプ+アダプティブドライビングビーム
  • クリアビューパック
  • 運転席&助手席8ウェイパワーシート
  • 運転席シートポジションメモリー機能+リバース連動ドアミラー+ドアミラーメモリー&オート格納機能

装備が上級グレード並みになる代わり、価格は357,500円と、かなりアップします。

最廉価グレードの1.6i-L アイサイトの装着する場合は、運転席シートポジションメモリー機能などが省かれる代わり、以下の2が追加に。

  • 本革巻ステアリングホイール&シフトレバー
  • キーレスアクセス&プッシュスタート

価格は429,000円で、インプレッサスポーツのオプションの中でもっとも高価です。

元々装備の充実している1.6i-S アイサイト/2.0i-S アイサイトなら、ブラックレザーセレクションは187,000円で付けられるので、諸手を上げておススメできます。

しかし1.6i-L アイサイト/2.0i-L アイサイトの場合は、かなり高額なオプションとなるので、上級グレードとの価格差を考えながら検討したいものです。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

アイサイトセイフティプラス(運転支援)/アイサイトセイフティプラス(視界拡張) 77,000円~264,000円

アイサイトに加えることで、さらに安全と安心が手に入るならと、みんなが選びたくなるのがアイサイトセイフティプラスです。

アイサイトセイフティプラス(運転支援)を選ぶと、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)が装備されます。

アイサイトセイフティプラス(視界拡張)も選んだ場合は、フロント&サイドビューモニターが追加装備。

1.6i-S アイサイト/ 2.0i-S アイサイトに (運転支援) と (視界拡張) の両方を付けると77,000円、(運転支援)だけなら33,000円で済みます。

この金額で安全性が向上するのですから、絶対のおススメです。

しかし、1.6i-L アイサイトにアイサイトセイフティプラス(運転支援)を付けたいとなると、LEDヘッドランプやクリアビューパック、パワーシート、本革巻ステアリングホイール、キーレスアクセス&プッシュスタートなどがセットになるため、220,000円と高額になります。

2.0i-L アイサイトの場合も、LEDヘッドランプ、リアビューパック、パワーシート、運転席シートポジションメモリー機能などがセットになって203,500円です。

このように、下位グレードの場合は気軽に選べるオプションではなくなってしまいますが、それでも敢えておススメしたくなります。

インプレッサスポーツのおすすめディーラーオプションは?

その他のおすすめディーラーオプションは?

STIフレキシブルタワーバー 36,300円

見えない部分ですが、効果てき面なのがトラットタワーバーです。

路面のギャップなどタテ方向の入力は左右をフレキシブルにつなぐことで、不要な力を分断し、ヨコ方向の入力に対してはしっかりと踏ん張りを効かせ、限界までのハンドリング向上に加え、乗り心地も向上します。

なんでもないインプレッサスポーツなのに「実は」と、友達に自慢できるだけでも付けてみたい装備です。

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

フロントグリル 36,300円

スポーツという名前ですが、どうもインプレッサスポーツにはエアロパーツが似合いません。

メーカーも承知しているようで、STIスポーツパーツは別として、よくあるエアロのメーカーセットオプションを用意していません。

しかし、どうしても外観に個性を出したいという方には、この立体造形メッシュに鮮やかなクリスタルブラック・シリカ塗装を施したフロントグリルがおススメです。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

カーゴトレーマット 19,800円

アクティブに使いたいハッチバックタイプのインプレッサスポーツだからこそ装備したいのが、水のこぼれにくい縁付きのカーゴトレーマットです。

6:4分割リヤシートにも対応し、全長の長い濡れ物も安心。

ゴム臭のしない軽量樹脂製のトレーマットとともに、アウトドアや雪国の定番アイテムとなります。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

純正ドライブレコーダー 57,530円

事故時の記録データにも利用できるドライブレコーダーは、もはや必需品といってもいいでしょう。

電磁ノイズ干渉対策も施され、昼夜を問わず確実な記録が出来る純正オプションをおススメします。

リアビューカメラ装着車なら後方録画もできるので、社会問題化している煽り運転対策もバッチリです。

アイサイト装着車はドライブレコーダーの取り付け位置が限定されるので、カーショップよりもディーラーで付けた方が安心できるでしょう。

その他のおすすめディーラーオプションは?

STIリアルーフスポイラー 50,600円

似合わないと言いましたが、STIスポーツは別で、さりげなさが相当かっこいい物です。

実車風洞実験を繰り返して性能検証した形状は、走行時にフロントからリヤにかけての空気の流れを整流し、ダウンフォースを生成するという飾りものではない本格派スポイラーです。

それでいて意外にリーズナブルな価格なのもおススメです。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも

インテリアシリコンシート(グレー) 11,550円

スマホなどを置くインパネセンターポケットや、前席カップホルダーなど、フタの無い小物入れの底部に敷くハニカムグラフィックの滑り止めシートですが、滑り止めシートなら量販店にある既成の品や、ホームセンターなどでシート上のものを買って切ってそろえればいいと思います。

100円ショップでも滑り止めシートが売ってますしね。

少なくとも11,550も出すアイテムではないと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

-インプレッサの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.