ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ ストリーム モデルチェンジ推移2001年10月19日

ホンダニュースリリースより

-----

2001年10月19日
「ストリーム」をマイナーモデルチェンジし発売
--------------------------------------------------------------------------------

Hondaは、快適な室内空間とスタイリッシュな外観、高い走行性能で好評の「ストリーム」を、室内装備の充実と使い勝手を向上させながら価格を据え置き、新たにスポーツイメージを強める外装色や革シートも選択可能にし、10月19日(金)より全国のホンダ四輪全ディーラーから発売する。

なお、ストリームは全タイプ「グリーン税制」※による減税措置が適応される。

また参考出品車として、「ストリーム・アルマス」の助手席リフトアップシート車を10月24日(水)から10月26日(金)まで東京ビッグサイトで開催される、第28回国際福祉機器展(主催:全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会)に展示する。

※ 「グリーン税制」:平成13年4月より施行。この制度により、国土交通省の低排出ガス認定車で、かつ平成22年燃費基準に適合する自動車は、自動車取得税、および自動車税の減税措置を受けることができる。

● 主な変更点
・ インテリアをより質感高くスポーティーに演出する、ブラックレザーパッケージをオプション設定。(iS、LのSパッケージ装着車)
・ センターテーブルなど使い勝手をさらに向上させる装備をとりそろえた、Uパッケージをオプション設定。
・ リアカメラ付ホンダ・ナビゲーションシステムをオプション設定。より利便性の高いものとした。

・ iLとLの人気4外装色(プレミアムホワイト・パール、サテンシルバー・メタリック、ナイトホークブラック・パール、ショアラインベージュ・メタリック)のインテリアカラーをグレーとブルーグレーの2色とし、幅広い要望にお応えできるようにした。
・ 鮮明なミラノレッドを設定。(iSとLのSパッケージ装着車)
・ 電波式キーレスエントリーシステムに、キーレスアンサーバック機能を全タイプ標準装備。
・ 外気温表示機能、コンビニフック(助手席)、グラブレールフック(2列目)、コインホルダーなどを標準装備。(Gタイプを除く)

●販売計画台数(国内・月間) 6,000台

○ 主なメーカーオプション
・ リアカメラ付ホンダ・ナビゲーションシステム(MD/CDプレーヤー&AM/FM/TVチューナー付)+4スピーカーは、iLとLには220千円高で設定、iSとLのSパッケージ装着車には250千円高で設定。
・ AM/FMチューナー付CDプレーヤー+4スピーカーは45千円高でGタイプに設定(iL、Lは標準装備)。
・ プレミアムサウンドシステム(MDプレーヤー+6連奏CDチェンジャー&AM/FMチューナー+7スピーカー)は、iLとLには85千円高で設定、iSとLのSパッケージ装着車には120千円高で設定。
・ ディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム)は50千円高(iSは標準装備)。
・ 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)は45千円高。
・ 15インチアルミホイールは50千円高(iLに設定、iSは標準装備)。
・ 16インチアルミホイールは40千円高(iSのFF車に設定)。
・ 電動アウタースライド式スモークドガラス・サンルーフは80千円高(Gを除く)。

ホンダ ジェイドのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.