ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ ストリーム モデルチェンジ推移2004年10月21日

ホンダニュースリリースより

-----

2004年10月21日
ストリームをマイナーモデルチェンジし発売
--------------------------------------------------------------------------------

Hondaは、5ナンバーサイズのコンパクトボディに、7人乗りの快適な室内空間と、スタイリッシュな外観、スポーティな走りを兼ね備えたストリームの内外装の装備を充実させながらも価格を据え置きにするとともに、新外装色を追加し、本日より全国のHonda四輪全ディーラーから発売する。

●販売計画台数(国内・月間) シリーズ合計 2,000台

●ストリームの主な変更点
・ 従来Uパッケージ※1としてメーカーオプション設定していた人気装備を、G、助手席リフトアップシート車を除く全車に標準装備。
・ 視認性に優れた人気装備のディスチャージヘッドライト<HID>(ロービーム)をSに新たに標準装備。

・ イモビライザーを1.7L車(Gを除く)に新たに標準装備。
・ 2.0LのS(助手席リフトアップシート車を除く)に15インチアルミホイールを標準装備。
・ 従来のアブソルートに加え、Sにおいてもオーディオレス設定を標準とし、お客様の好みにあったオーディオを自由に選択できるようにした。
・ 音声認識Honda・HDDナビゲーションシステムについて、リアカメラなしも新たに設定し、お客様の選択肢を増やした。
・ 2.0LのS・Sパッケージとアブソルートのアルミホイールの色をダークグレー・メタリックに変更※2。
・ S・Sパッケージ、アブソルートに新色のミスティパープル・パールを、G、S専用色としてエターナルブルー・パールを新たに追加し、ボディカラーを全11色とした。
※1 Uパッケージ…カップホルダー付センターマルチコンソール、インパネトレイマット、バニティミラー照明付サンバイザー(両席)、イグニションキー照明。
※2 2.0LのS・Sパッケージと1.7Lのアブソルートは15インチ、2.0Lのアブソルートは16インチとなる。

○ボディカラー(全11色 ◎は新色)

<全タイプ共通色> プレミアムホワイト・パール、サテンシルバー・メタリック、ナイトホークブラック・パール、ミラノレッド、ビビッドブルー・パール、コスミックグレー・パール※、マスカットシルバー・メタリック、ショアラインベージュ・メタリック
<G、S 専用色> ◎エターナルブルー・パール※、タフタホワイト※
<S・Sパッケージ、アブソルート 専用色> ◎ミスティパープル・パール
※ 助手席リフトアップシート車を除く。

○主なメーカーオプション   ・ 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)(G、助手席リフトアップシート車を除く全タイプに設定)※1 47,250円(45,000円)高

・ 音声認識Honda・HDDナビゲーションシステム
(インターナビ・プレミアムクラブ対応、7インチモニター、DVD/MD/CDプレーヤー&AM/FM/TVチューナー付)(Gを除く全タイプに設定)※1   リアカメラ付
リアカメラなし 336,000円(320,000円)高
315,000円(300,000円)高

・ リアエンターテインメントシステム
(7インチワイドディスプレイ、DVDプレーヤー&TVチューナー、ワイヤレスヘッドホン×2コ、リモコン、AC100ボルト電源&AV入力端子付)(G、助手席リフトアップシート車を除く全タイプに設定)※1※2 210,000円(200,000円)高

・ 電動アウタースライド式スモークドガラス・サンルーフ(チルトアップ機構付)(1.7L車、助手席リフトアップシート車を除く全タイプに設定)※1 84,000円(80,000円)高
※1 メーカーオプションは組み合わせによっては同時装着できない場合がある。
※2 「リアカメラ付・音声認識Honda・HDDナビゲーションシステム」とのセット装着になる。

ホンダ ジェイドのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.