車の維持費を節約!

自動車保険を安く上げよう

更新日:

自動車保険を安く上げよう!

自動車保険を安く上げよう

車に乗るには、自賠責保険(強制保険)の加入が義務付けられています。

しかしこの自賠責保険は、死亡後遺障害で最高3000万円までしか補償されません。

今の時代、億単位の補償の例もあります。

また対物補償はないので、事故によって相手の車にぶつけた、ガードレールを壊した、信号機を壊したなどの物に対しての補償がありません。

車を運転すると言う事は、誰もが事故の加害者、被害者になる可能性があります。

なので自動車保険に加入するのは、すべてのドライバーの義務と言っていいでしょう

今は外資も参入して、一昔前よりも多数の保険会社が存在します。

補償の内容も、車の使用目的に合わせて様々です。

初めて車を買う方や、今まで保険に加入している方でも車の使用目的などによって、料金が細かく設定されるリスク細分型の保険であれば、条件によっては割安な保険が見つかります。

また故障などした時に便利な、ロードサービス付きの保険もありますので(昔はそんなの無かった・・^_^;)きっと自分に合った保険が見つかるでしょう。

自動車保険は絶対に保険料を比較して選ぼう

下記で紹介するサイトでは、最大22社の保険会社から無料で見積もりをもらうことが出来ます。

初めて保険に加入する方はもちろん、今まで保険に加入している方でも、「もう少し安くならないかしら?」「ロードサービス付きの保険が気になるな~」なんて思っている方は、見積もりは無料です。

なるべく多くの保険会社の見積もりをもらって比較してみましょう。

管理人の場合、一括見積もりで見積もりを取ったところ、現在の16等級で年払い25,800円の保険料が、最安で18,300円まで下がりました!

等級の割引きがかなりあったので、それほど保険料は変わらないだろうと思っていましたが、7500円も安くなりました。

割引率にすると約29%の割引きになります。

車両保険に入っていたり、年間で10万円以上保険料を払っている方は、大幅に保険料が安くなる可能性があります。

管理人の別の車では、車両保険込みで年払い16万2000円の保険料がなんと11万8000円まで安くなりました!

また、インターネットから申し込むとインターネット割引が受けられる保険会社がほとんどです。

この機会に見積もりを請求してみて、検討してみてはいかがでしょうか?

しつこい勧誘や電話営業は一切ありません

自分専用ページですぐに見積り結果を見る事が出来ます。

また各保険会社の補償内容と保険料が書面で送られて来るので、じっくりと比較する事が出来ます。

無料自動車保険一括見積もりを請求される場合は、車の車検証、運転免許証、自動車保険証券(現在自動車保険に加入されている方、今の保険と比較する方)が必要になりますので、事前に用意しておくと便利です。

ネットで出来る!おすすめの自動車保険一括見積もり【無料】


・取り扱い保険会社
「ソニー生命、あいおいニッセイ同和、アクサダイレクト、全労済、楽天損保、イーデザイン損保、AIG、SBI損保、共栄火災、セコム、セゾン、損保ジャパン、チューリッヒ、東京海上日動、三井住友海上、三井ダイレクト損保」

 


・取り扱い保険会社
「ソニー損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、チューリッヒ、おとなの自動車保険、三井ダイレクト損保、セコム、SBI損保他」

-車の維持費を節約!
-,

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.