ジムニーの評価集

ジムニーの乗り心地と静粛性は?

更新日:

ジムニーの乗り心地と静粛性は?

車を購入するに当たって乗り心地は重要な要素の一つとなっており、「良いの?」「悪いの?」という疑問を抱える方は多いはずです。

そこで、ジムニーがどのような乗り心地の評価を得ているのか口コミをまとめてみたので、一度確認してみましょう。

  • 悪路でも雪道でも走れる軽自動車なだけあってジムニーは乗り心地が良い
  • 車内が少々狭くなっているので乗り心地はかなり悪いと感じた
  • 日常用途で耐え難いくらい乗り心地が悪いとは感じない
  • トータルバランスは悪くない気がするけど舗装路での落ち着かない感じが苦手
  • オンロードでも十分にスポーティーだし走行感は良い気がする
  • ノーマル車に対して普通の乗り心地や走行性能を期待している人にはおすすめできない

確かに、口コミや評判を見てみると乗り心地が悪いという意見が目立ちました。

それでも、「日常が楽しい乗用車」という評価も得ておりましたし、雪道での走行が安定するので冬場には欠かせない存在です。

ジムニーの乗り心地の改善について

ジムニーの乗り心地を改善するに当たり、サスペンションのセッティングを考えている人がいらっしゃいます。

特に、社外品に取り替えた場合は全てにおいて良くなるわけではなく、乗り心地が改善されれば他の部分に支障が生じるのです。

そのため、「何を良くしたいのか?」「どこを妥協しなければならないのか?」という考えが重要かもしれません。

サスペンションのセッティングよりも、タイヤも乗り心地に関する重要な部分なので、空気圧を変えるだけでもジムニーの挙動や乗り心地は変化します。

ジムニーの静粛性について

ジムニーの静粛性についてのイメージ画像

画像:suzuki.co.jp

走行距離によっても変化するので一概には説明できないものの、ジムニーの静粛性は決して良いというわけではありません。

「音は低音で気持ちが良い」「前のモデルよりも静かになった」という意見も上がっておりました。

しかし、全体的な評価で見てみると静粛性に関しては劣っており、走行性能を上げるために改良したからではないでしょうか。

特に、ジムニーはトランスファーを別体構造としており、重量バランスを最適化できるものの、動力を伝達する際にプロペラシャフトを使うので騒音と振動が出やすいというデメリットがあります。

恐らく、このシステムが影響して静粛性に関して劣っていると言われているのかもしれません。

ジムニーに限った話ではありませんが、走行距離が長くなればなるほど静粛性は悪くなっていくので注意が必要です。

ジムニーの乗り心地に効く足回り

ジムニーの足回り

画像:suzuki.co.jp

メーカー発表のジムニー足回りのスペックです。

Fブレーキ ディスク

Rブレーキ リーディング・トレーリング

Fサスペンション 3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング

Rサスペンション 3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング

Fスタビライザー トーション・バー式

タイヤサイズ 175/80R16

ジムニーのブレーキはフロントがディスクブレーキ、リアはドラムブレーキですが、車重が軽いのでこのスペックで十分なブレーキ性能を発揮しています。

前後サスペンションは、3リンクリジットサスペンションです。

ダンパーとコイルスプリングが分離されている構造で、路面からのうねりや衝撃をダンパー、バネと独立してそれぞれ吸収することにより、優れた悪路性能と軽快な乗り心地を実現させています。

ジムニーを安く買うなら、当サイトのジムニー値引き交渉マニュアルをご参考ください!

-ジムニーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.