ジムニーの評価集

ジムニーでみんなが選ぶオプションとナビは?コレがおススメ!

新型ジムニーでみんなが選ぶオプション&ナビ

2018年7月5日に20年ぶりのフルモデルチェンジが実施され、スクエアなフォルムの採用による居住性の改善、パワートレインの刷新によるドライバビリティの向上、安全装備の大幅な強化などが話題を呼んでいる「スズキ・ジムニー」で人気のナビとオプションを評価します。

メーカーオプションは「スズキ セーフティ サポート装着車」(XL/XGに設定)のみに限られる一方、ディーラーオプションは様々な内外装パーツやユーティリティー関係のアイテム、8種類のナビなどラインナップは多彩です。

ジムニーのおすすめメーカーオプションは?

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

スズキ セーフティ サポート装着車

安全運転支援システム「スズキ セーフティ サポート」は、最上級グレードXCには標準装備されますが、XLとXGはメーカーオプションとなっています。

デュアルセンサーブレーキサポート

先行車発進お知らせ機能

画像:suzuki.co.jp

スズキ セーフティ サポートを構成する機能は、以下にあげる7種類です。

  • 単眼カメラとレーザーレーダーで前方の車両や歩行者を検知し、自動ブレーキにより衝突被害軽減をサポートする「デュアルセンサーブレーキサポート」
  • 停車または徐行中に前方に障害物を検出すると、エンジン出力抑制やブザー音などにより衝突被害軽減をサポートする「誤発進抑制機能」(※AT車のみ)
  • 単眼カメラで道路標識を認識し、メーター内の表示などでお知らせする「標識認識機能」
  • 約60~100km/hで走行中に車線をはみ出すと、ブザー音とメーター内の表示により注意を促す「車線逸脱警報機能」
  • 約60~100km/hで走行中に車両が蛇行すると、ブザー音とメーター内の表示により注意を促す「車線逸脱警報機能」
  • 先行車の発進に気づかず停車し続けると、ブザー音とメーター内の表示によりお知らせする「先行者発進お知らせ機能」
  • 約30km/h以上で走行中に、周囲の環境に応じてヘッドランプのハイ/ロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」

更にこのオプションを選択すると、周囲の明るさに応じてヘッドランプを自動で点灯・消灯させる「オートライトシステム」と、イグニッションオフと同時に灯火類を自動で消灯させる「ライト自動消灯システム」も付きます。

安全性や利便性を向上させる機能がこれだけ付くにも関わらず、価格は42,120円アップに留まるので、是非とも選びたいところです。

ジムニーのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

フロントグリル

初代ジムニー後期型や2代目ジムニー前期型を彷彿とさせるフロントグリルは、新型ジムニーの魅力のひとつになっていますが、中には気に入らない人もいることでしょう。

ジムニーのオプションフロントグリル

画像:suzuki.co.jp

そんな場合におススメなのが、2代目ジムニー後期型をモチーフにしたデザインの「フロントグリル」です。

価格は36,666円と決して安くはありませんが、イメージチェンジを図るには好適なアイテムと言えます。

マッドフラップセット

泥跳ねや石跳ねなどからボディを保護すると同時に、ヘビーデューティーな雰囲気を高める「マッドフラップセット」は、ジムニーにピッタリのアイテムです。

価格も14,310円と手頃なので、積極的におススメできます。

サイドボディモール

プレーンなエクステリア・デザインは新型ジムニーの特徴ですが、ボディ側面はスッキリし過ぎてやや平板に見えてしまうのもまた事実。

ジムニーのサイドボディモール

画像:suzuki.co.jp

そこでおススメしたいのが、ボディ側面にアクセントを加える「サイドボディモール」です。

価格は23,706円とそこそこしますが、出費に見合ったドレスアップ効果が得られます。

悪路走行する機会が多いならフロントデフガード+リヤデフガード

フロント&リヤデフガード

画像:suzuki.co.jp

舗装路しか走らない人には不要ですが、悪路を走る機会が多い人におススメしたいのが前後のデフを路面の石や岩などから保護する「フロントデフガード」と「リヤデフガード」です。

価格は両方合わせて54,540円と結構張りますが、デフを破損させてしまうことを考えれば安いものではないでしょうか?

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアマット(トレー)

新型ジムニーには用途によって3種類のフロアマットが用意されていますが、当サイトのおススメはトレータイプです。

合成ゴム製なのでジュータンタイプよりも水や汚れに強い上、トレー状の形状により溜まった水が広がるのを防いでくれるなど、アウトドアユースで本領を発揮するジムニーにピッタリと言えます。AT車用とMT車用があり、価格は共に14,742円です。

ラゲッジマット(バンパーカバー付)

荷室フロアが傷付くことを防ぐラゲッジマットは、是非とも付けたいオプションのひとつです。

新型ジムニーには5種類のラゲッジマットが用意されていますが、当サイトでは荷物の積み下ろしの際にバンパーを保護してくれる、バンパーカバー付をおススメします。

ジムニーのバンパーカバー付きラゲッジマット

画像:suzuki.co.jp

撥水加工が施されているので、水に濡れたレジャー用具でも安心して積むことが可能です。

XG用とXL/XC用があり、価格はいずれも17,982円となっています。

ラゲッジネット

荷物を仕分けして積みたい場合に重宝するオプションが、ラゲッジネットです。

耐荷重は2kg以下なので、軽い荷物を積むのに適します。

価格は12,960円とお手頃です。

車中泊をするならフロントプライバシーシェード+リヤプライバシーシェード

フロントプライバシーシェード

画像:suzuki.co.jp

リヤプライバシーシェード

画像:suzuki.co.jp

旧型より室内スペースが広くなった新型ジムニーは車中泊にも適していますが、その際に必須のアイテムになるのが窓ガラスを覆う「フロントプライバシーシェード」(23,760円)と「リヤプライバシーシェード」(27,000円)です。

外光を遮る遮光生地仕様なので、安眠が約束されます。

また、フロント用はメッシュ付きなので、プライバシーを守りながら換気を確保することも可能です。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

ハイドロフィリックドアミラー

ジムニーのハイドロフィリックドアミラー

画像:suzuki.co.jp

雨天時に水滴を馴染ませて後方視界を確保する「ハイドロフィリックドアミラー」は、付けておいて損のないオプションです。

価格はヒーテッドドアミラー無のXG用が11,988円、ヒーテッドドアミラー付のXL/LC用が14,364円となっていますが、長い目で見れば親水コート剤を度々購入するよりもお得と言えるでしょう。

メカニズム関連のおすすめディーラーオプションは?

リミテッドスリップデフキット

リヤデフに装着するリミテッドスリップデフは、泥濘路や雪道などの滑りやすい路面でスタックを防止する効果があるほか、舗装路でのコーナリング性能を向上させる効果が望める装備になります。

価格は111,510円と高価ですが、悪路や深雪路を走行する機会が多いなら付けておくと安心です。

ナビのおすすめディーラーオプションは?

当サイトおススメのジムニーのナビはパナソニック製のスタンダードプラスモデル8インチ

画像:suzuki.co.jp

新型ジムニーには4タイプ全8種類のナビがオプション設定されていますが、当サイトのおススメは便利な音声認識機能や、高音質で音楽が聴ける「音の匠」機能が付く「スタンダードプラスモデル」(パナソニック製)です。

画面サイズは8インチと7インチワイドが選択できますが、価格は高くなるものの見易い8インチが良いでしょう。

価格は最も高価な165,834円ですが、出費に見合った満足感が得られるはずです。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

オートドアロックシステムは付けない方が良い

車速が約20km/h以上になると自動的に全てのドアがロックされるオートドアロックシステムは、4ドア車の後席にいたずら盛りの子供を乗せる場合には効果があるかもしれませんが、そもそも後席用ドアのないジムニーには不要なアイテムと言えます。

また、ロックを解除するためにはドライバーの操作が必要になるので、万が一事故が起きてドライバーが気絶してしまった場合、外部からの救出が困難になるデメリットがあるのも問題です。

44,496円も出して、ほとんどメリットのないこのオプションを付ける必要はありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ジムニーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのジムニー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がジムニーを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のジムニーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ジムニー値引き交渉マニュアル

-ジムニーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.