ジュークの評価集

ジュークでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

ほかのどのクルマにも似ていない個性的なスタイリングに加え、予防安全装備の搭載なども魅力のクロスオーバーSUV、「日産・ジューク」で人気のオプションとナビを評価します。

メーカーオプションは安全装備や快適装備が、ディーラーオプションはエクステリア&インテリア関係や安全装備・快適装備、ナビなどが用意されています。

ジュークのおすすめメーカーオプションは?

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付)+ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー)

アラウンドビューモニターは、ルームミラーに埋め込まれたディスプレイにフロント/両サイド/リヤの計4箇所に設置されたカメラで捉えた映像を映し出し、駐車をサポートする装備です。

映像は上空から見下ろした「トップビュー」のほか、「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」の4種類の表示が可能で、状況に応じて使い分けることで肉眼では確認できない死角をカバーできます。

さらに、歩行者や自転車などの移動物が横切ると表示とブザー音で注意を促すMOD(移動物検知)機能も付くので、思わぬ人身事故を防ぐことができます。

ジュークは後方視界にやや難があるので、特にバックで駐車する際にはこの装備が大きな助けになるはずです。

価格は64,800円とそれなりに張りますが、付ける価値ありです。

Sパック(SRSサイドエアバッグシステム〈運転席・助手席〉、SRSカーテンエアバッグシステム、後席アシストグリップ〈左右〉)

側面から衝突された場合に運転席・助手席の乗員の上半身を保護するSRSサイドエアバッグシステムと、前後席の乗員の頭部を保護するSRSカーテンエアバッグシステムは、非常に重要な安全装備です。

欧米では装着が義務付けられているほどですが、ジュークの場合は残念ながらオプション扱いとなっています。

価格は75,600円と結構高価ですが、まさかの場合に備えて是非とも装着をおススメします。

なお、廉価グレードの15RXの場合はオプション設定すらないので、安全性を重視するならこのグレードは選ぶべきではありません。

キセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ)

ジュークのヘッドランプは、「15RX V アーバンセレクション」のみ表記のキセノンタイプで、それ以外のグレードはハロゲンタイプが標準装備されています。

ハロゲンタイプは、特に外灯などが少ない道路では明るさが十分とは言い難いので、その約2倍の光量を持つキセノンタイプが欲しくなります。

幸いにも全車にメーカーオプション設定されているので、装着をおススメします。

価格は「16GT/16GT FOUR」系の場合が64,800円、215/55R17 94ラジアルタイヤ&ブラック17インチアルミホイールが同時に付く「スタイル ブラックパッケージ」として設定される「15RX Vセレクション」系の場合が83,160円と少々高価ですが、夜間走行時の安全性が高まると思えば納得がいくはずです。

ナビ&オーディオ関連のおすすめメーカーオプションは?

日産オリジナルナビ取付パッケージ(ステアリングスイッチ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネス、GPSアンテナ)

後述するディーラーオプションナビを装着する場合に必要となるパッケージオプションで、価格はグレードにより16,200~27,000円となっています。

なお、ステアリングスイッチは、ステアリングから手を放さずにオーディオの操作やハンズフリーフォン機能の操作ができる便利なものとなっています。

ジュークのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

フロントアンダープロテクター&リヤアンダープロテクター+エキゾーストフィニッシャー

フロントおよびリヤのアンダープロテクターは、いずれもクロームメッキの仕上により、ジュークの持つヘビーデューティーな雰囲気をさらに高めてくれます。

勿論、プロテクターと名付けられているパーツなので、悪路走行時の石跳ねなどからボディ本体を保護する機能も持っています。

また、エキゾーストフィニッシャーはエキゾーストパイプに装着するクロームメッキのパーツで、リアまわりをイメージアップしてくれます。

合計の価格は100,142円と少々高価になりますが、他のジュークに差を付けたいならおススメです。

マッドガード

前後のホイールハウス後部に装着し、石跳ねや泥跳ねなどにより生じる汚れや小傷などからボディ側面を保護するアクセサリーです。

デザイン面でもジュークに良く似合う上、価格も23,143円と手頃なのでおススメです。

シャークフィンアンテナ

標準装備されるアンテナはデザインが野暮ったく、折角のジュークのスタイリングを損ねてしまっています。

もしスタイリッシュさにこだわりたいなら、コンパクトで洒落たルックスが魅力のシャークフィンアンテナ(22,628円)がおススメです。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

センターアームレストコンソール

ロングドライブ時にあると快適なセンターアームレストは、どのグレードにも標準では付きませんが、オプションで用意されています。

33,634円と少々高価ですが、携帯電話などを収容できる小物入れも付くので、純正による一体感と利便性を高めるアイテムとしておススメできます。

キッキングプレート(LED・橙色発光)

サイドシルに装着するプレートで、オレンジ色のLED照明により乗車時に気分を高めてくれます。

実用車の場合はあらずもがなの装備になりそうですが、遊び心に溢れたジュークなら29,592円の出費をして付ける価値はあると言えるでしょう。

フロアカーペット(スタンダード:吸音機能付)

フロアの汚れ防止と室内の雰囲気アップに効果的なフロアカーペットは、装着率の高いアイテムです。

ジュークには、ロードノイズを軽減する吸音機能付のスタンダード(19,440円)と、さらに消臭機能も付くエクセレント(23,760円)の2種類が用意されていますが、消臭機能は効果を実感しにくいので安い方の前者で十分です。

トノカバー

レジャー用途にもピッタリなジュークを手に入れたら、ラゲッジスペースに遊びの道具を積み込む機会も多くなるはずです。

しかし、その場合積み荷が外から丸見えになってしまい、車上荒らしの標的になる可能性もあります。

それを防ぐことができるのが、オプションで用意されているトノカバーです。

価格も18,200円に抑えられているので、プライバシーを重視するなら取り付けることをおススメします。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

ユーロホーン

標準装備されるホーンの音色は、このクラスの国産車の恒例に漏れず刺激的かつチープなものなので、必要な時でもつい鳴らすのがはばかられてしまいます。

そこでおススメなのが、オプション設定されている渦巻き型のホーンを2個組み合わせたユーロホーンです。

標準のホーンよりもソフトかつ重厚な音色なので、これならいざという場合にためらわずに鳴らすことができるはずです。

ナビのおすすめディーラーオプションは?

ベーシックナビ(MM317D-W)

ジュークには、ディーラーオプションとして「シンプルナビ」(118,666~127,999円)、「ベーシックナビ」(163,666~174,123円)、「プレミアムナビ」(218,667~228,259円)の3種類のナビが用意されています。

これらの中で当サイトがおススメしたいのは、中間のベーシックナビです。

街乗り主体で遠乗りをしないのなら、最も安価なシンプルナビでも必要十分なのですが、アクティブに使い倒せるジュークの場合ロングドライブの機会も多くなるはずです。

そうしたケースを考えると、通信機能「NissanConnect」が備わり、渋滞を予測した最短ルートの案内やオペレーターとの通話による情報収集が可能となるほか、運転中でも音声入力によりルート検索ができるベーシックナビかプレミアムナビが好適です。

もし予算に余裕があるなら、機能が満載されたプレミアムナビの方が勿論良いのですが、ベーシックナビもナビとしての基本性能に遜色はないので、コストパフォーマンスの観点からはこちらの方が魅力的です。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

音質にこだわるならグレードアップ用スピーカーよりも社外スピーカーを

ディーラーオプションのナビを装着した場合、オーディオの音質に不満がある人向けにオプションでグレードアップ用スピーカー(同軸2ウェイタイプ)が用意されています。

確かにフルレンジ一発の標準スピーカーよりもレンジ感は広くなりますが、音にうるさいマニアを納得させられるほどの高音質ではありません。

こだわりのある方なら、やはりカーオーディオ専門店などで社外スピーカーをインストールしてもらった方がベターです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ジュークを安く買うには新車値引きも重要!

下取り車だけではなく、肝心の新車値引きをしてもらわないと、トータルでジュークを安く買えません。

当サイトのジューク値引き交渉マニュアルを見れば、多くの方が新車のジュークを限界値引きで買う事が出来ますよ!

-ジュークの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.