ランドクルーザーの評価集

ランドクルーザー200 4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

トヨタのSUV「ランドクルーザー」の現行型は、通称200系と呼ばれています。

デビューを2007年までさかのぼるロングセラーモデルながら商品力は衰えず、国内外で根強い人気を保っています。

特徴は、本格派クロスカントリーモデルに相応しく強固なラダーフレーム構造を持つことや、2WD車の設定がなく全車4WD方式となることなどです。

悪路走破性には定評あるこのモデルの実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるかを、徹底的に評価します!

ランドクルーザー200 4WDの価格は?

ランドクルーザー200のライバル車との価格差は?

最大のライバルは?

ランドクルーザー200のライバル車のパジェロ

ランドクルーザー200と直接競合するライバルとして、同じく全車に4WDを採用する三菱自動車のSUV「パジェロ」が筆頭にあげられます。

ランドクルーザーで一番の売れ筋グレードは最上級グレードの「ZX」ですが、その価格は683万6,400円(※北海道地区は685万3,680円)となっています。

一方、パジェロの最上級グレード「スーパーエクシード」の価格は495万1,800円で、188万円ほどの差があります。

車的にはパジェロが一番のライバルですが、上級グレード同士での比較では、実質国産車にはライバルが居ない状態と言えます。

パジェロとの仕様・装備の違いは?

エンジンは、ランドクルーザー200が4.6L V8ガソリンNA(最高出力318ps/最大トルク46.9kgm)を搭載するのに対し、パジェロは3.2L直4ディーゼルターボ(最高出力190ps/最大トルク45kgm)を搭載しています。

スペックはランドクルーザー200が勝る一方で車両重量が400kg重いので、実用域での動力性能はパジェロも引けを取りません。

ただし、振動・騒音などの快適性はランドクルーザーが勝ります。

ランドクルーザーのシートヒーターエリアイメージ

※ランドクルーザー:toyota.jp

一方装備面では、ランドクルーザーにはパジェロには備わらない先進予防安全システム(トヨタセーフティセンスP)やLEDヘッドランプ、後席用シートヒーターが標準装備されるなど、より充実したものとなっています。

ランドクルーザー200 4WDの実燃費は?

カタログ燃費との差は?

ランドクルーザーZXのカタログ燃費(JC08モード)は6.7km/Lですが、実燃費も当サイトによる調査の結果、同一の6.7km/Lという数値が出ています。

カタログ燃費は最近のクロスオーバーSUVと比較すると非常に悪い数値ですが、実燃費の達成率が100%である点は評価できます。

ランドクルーザー200 4WDとライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるパジェロの実燃費9.3km/Lで、ランドクルーザー200の6.7km/Lよりも約39%良好な数値となっています。

エンジンの方式や排気量、車両重量の違いからすれば、順当な結果と言えます。

また、ガソリン(ランドクルーザー200はプレミアム指定)と軽油の価格差も含めると、燃料代はランドクルーザーの方が8割程高く付く計算になります。

ランドクルーザー200 4WDの雪道の走行性能は?

ランドクルーザー200の4WDはどんなシステム?

4WDの概要

ランドクルーザー200の4WDシステムはセンターデフ式フルタイム4WDで、前後輪の駆動力配分にはトルセン式LSDが用いられています。

4WDの制御

通常の前後駆動力配分は40:60となるものの、タイヤがスリップした場合やコーナーリング時には駆動力配分を適切に可変させるシステムになっています。

また、ハイ/ロー切り替え式の副変速機が備わるほか、スイッチ操作により滑り易い路面での走破性を高めるセンターデフロックが可能となっています。

ランドクルーザー200のクロールコントロールイメージ画像

※ランドクルーザー:toyota.jp

さらに、路面状況に応じ5種類の走行モードが選択できる「マルチテレインセレクト」や、アクセルやブレーキ操作無しでの極低速走行を可能とする「クロールコントロール」、雪道などの滑り易い路面でも安定した走行を可能とする「アクティブトラクションコントロール」なども標準装備されます。

ランドクルーザー200 4WDの雪道での実際の走行性能は?

発進および加速時

ランドクルーザー2004WDのアクティブトラクションコントロールイメージ

※ランドクルーザー:toyota.jp

オンデマンド型と異なり常時4輪に駆動力を伝達しているため、ホイールスピンが発生しにくい上、万が一スリップしても、アクティブトラクションコントロールが空転した車輪にブレーキをかけると同時に残りの車輪に駆動力を配分してくれるので、安定した走行が可能になります。

登坂および降坂時

登坂時にもアクティブトラクションコントロールが威力を発揮するので、ランドクルーザー4WDでは安定した走行が可能です。

一方、下り坂では2.5トンを超える重い車体がハンディとなるので、オーバースピードは禁物です。

通常走行時

ランドクルーザー200のマルチインセレクト「マッド&サンド」作動イメージ

※ランドクルーザー:toyota.jp

マルチテレインセレクトで「マッド&サンド」を選択すれば、深雪路でも安心して走行することができます。

万が一スタックしてしまった場合でも、クロールコントロールのお陰で脱出できる可能性が高くなります。

深雪でのランドクルーザー200の走行性能は?

ただし、標準装備されるマッド&スノータイヤでは浅い新雪程度までしか対応できないので、深雪路やアイスバーンを走行する際はスタッドレスタイヤが必須になります。

ランドクルーザー200 4WDのまとめ

ランドクルーザー200 4WDの雪上性能は、スタッドレスタイヤさえ履いていれば相当高いレベルにあります。

ただし、下り坂やコーナーでは車両重量の重さがマイナス要素として働くので、慎重に走行する必要があります。

一方、燃費性能に関してはお世辞にも褒められたものでありませんが、このモデルに惚れて乗るからには最初から想定内とも言えます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ランドクルーザーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのランドクルーザー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がランドクルーザーを限界値引きで購入しています。

今月のランドクルーザーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ランドクルーザー値引き交渉マニュアル

-ランドクルーザーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.