トヨタ中古車

ランドクルーザーのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

更新日:

ランドクルーザーの中古車情報

その雄姿は、まさに大地を航(はし)る軍艦。

世界的に有名なトヨタのクロスカントリーSUV・ランドクルーザーをより割安に購入できるよう、中古車の狙い目や買い時を紹介していきます。

皆さんがランドクルーザーを購入する時のご参考になれば嬉しいです。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なランドクルーザー中古車の選び方

工場で生産されたばかりの新車のランドクルーザーと違って、乗られてきた経歴やメンテナンス頻度など、条件がまちまちな中古車のランドクルーザーは、1台ごとに値段が違ってきます。

もちろん良質な中古車はそれだけ高く、そうでもない中古車はそれなりに安く、というのが基本ですが、中には良質だけど割安になっている「狙い目」な中古車が潜んでいることもあります。

ここでは、そんな「狙い目」中古車を探すポイントを、紹介していきます。

ランドクルーザーの中古車が最も割安で買えるボディカラーはこちら!

中古ランドクルーザーの割安なボディカラーは?

  • ホワイトパールクリスタルシャイン & ブラック「以外の」全カラー

ランドクルーザーの中古車相場はそのボディカラーによって大きくことなり、人気カラーとそれ以外のカラーでは、約10万~30万円以上の差額が出る傾向が見られます。

ランドクルーザーの人気カラーはホワイトパールクリスタルシャインとブラックの2色ですが、ランドクルーザーのボディカラーは全部で9カラー設定されているので、それ以外の7カラーであれば割安に購入できます。

もちろん売却する時はそれだけ安くなってしまいますが、ここは割安に購入できるお得感を追求したいところです。

ランドクルーザーの寿命は27万キロ以上!過走行のランドクルーザー中古車を格安で購入しよう

ランドクルーザーを中古車で探すとき、走行距離は誰でも気にすると思いますが、走行距離が10万キロを超えたいわゆる過走行車は、もうボロボロだと思って敬遠する方が多く見られます。

なので、中古車販売店も値下げしてくれるのですが、いくら安くてもすぐに壊れてしまっては身もふたもありません。

しかし、走行距離10万キロ超の過走行車は、本当にすぐ壊れてしまうのでしょうか?

そう思って業者オークションで取引されているランドクルーザーを調査、走行距離と車両状態を照らし合わせていったところ、27万~28万キロを超えた辺りからオイル漏れやにじみ、異音や振動などエンジン関係のトラブルが目立つ傾向がありました。

そのまま放置しておけば流石に壊れてしまうでしょうから、乗り方によっても違いますが、ランドクルーザーの寿命は27万~28万キロ以上と推定できます(中には30万キロ超でも不具合のないランドクルーザーも出ています)。

すると、走行距離10万キロを超えた程度の過走行車なんてまだまだ現役、きちんとメンテナンスすれば、軽く15万キロ(1万キロ/ペースなら15年)以上は走れることになりますから、残り寿命の心配は要らなそうです。

また、ランドクルーザー全体における過走行車のパーセンテージですが、過去3か月で取引されたランドクルーザーは全体で328台、そのうち過走行車は278台。

実に市場全体の約84.7%が過走行車であり、むしろ低走行で売却している方が少数派となっています。

タフなランドクルーザーですから、ちょっとくらい過走行気味の中古車を割安に購入して、大切に乗りこなしたいところです。

⇒走行距離10万キロ以上のランドクルーザー中古車はこちら

ランドクルーザーの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

ランドクルーザーに「修復歴」がつくと、その中古車相場が30万~50万円以上もダウンしてしまいます。

修復歴とはフレームに修復を要するレベルのダメージを受けた状態を言い、ランドクルーザーの中古車が割安に買える一方で、走行中に不具合が出るかもしれない心配があります。

ただし、同じ修復歴でも走行に支障のないレベルであれば、ランドクルーザーの中古車をより割安かつ比較的安全に購入することができます。

その「狙い目」として、修復箇所が後方にあるランドクルーザーを狙うといいでしょう(前方および側方はダメージが見た目以上に深刻なことが多く、おすすめしません)。

言うまでもなく素人判断は危ないので、店員の方に詳しく状態を確認して、業者オークションの出品表があるなら見せてもらいましょう。

また、試乗もさせてもらって実際の走行に違和感がないかも確かめておいた方がいいでしょう。

修復歴ありのオークションデータ

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

ムーンルーフの装着している/いないでは、どっちのランドクルーザー中古車が割安?

ランドクルーザー中古車ではムーンルーフ付き?なし?どっちがお得?

ランドクルーザーに天窓を設け、空が見える解放感で大人気なムーンルーフ。

最上級グレードであるZX(標準装備)以外はすべてメーカーオプションですが、中古車でランドクルーザーを購入する時、ムーンルーフがあるのとないのと、どちらが割安なのでしょうか。

ランドクルーザーにムーンルーフを装着する時のオプション料金は108,000円ですが、中古車で購入する時はムーンルーフの付加価値が約20万前後プラスされています。

つまり、オプション料金以上の割高となっているため、ムーンルーフのついていない方がランドクルーザーを割安で購入できることになります。

ただし、ムーンルーフは後からつけたくなってもつけられないため、割安をとるか満足感をとるか、じっくり検討するといいでしょう。

リセールバリューの低いグレードほど中古車購入では割安に買える

低リセールバリューの中古車ほど割安に買える。

ランドクルーザーの中古車を割安に購入するなら、グレードによるリセール傾向も重要な「狙い目」となります。

リセールバリュー(残価率)が高いと、売却する時はお得ですが、中古車を購入する立場で考えるとあまり値下がりしていない=割高となります。

そこで、現行型ランドクルーザーの4グレードをリセールバリューでランキング、下位グレードほど割安に購入できるので、ご参考にどうぞ。

1位 4.6ZX(8人乗り)
2位 4.6AX(8人乗り)
3位 4.6GX(5人乗り)
4位 4.6AX Gセレクション(8人乗り)

リセール首位は装備も充実した最上級グレードの4.6ZX、ランドクルーザーならではの高級感と海外市場に向けた需要の高さがリセールを底上げしています(ただし、海外相場頼みな面も強く、相場は不安定です)。

続く4.6AXは価格と装備のバランスがよく、コストパフォーマンスの高さから人気を集めており、相場も安定しているため、おすすめです。

最廉価グレード・4.6GXは5人乗りの需要が(特に海外では)高くないためか、比例してリセールバリューも低くなっています。

そして今回の調査では最下位となってしまった8人乗り中間グレード・4.6AX Gセレクションですが、これは4.6AXと比べてGセレクション分の追加装備に魅力を感じるユーザーが少なかった(装備重視であれば4.6ZXを購入する)ためと考えられます。

ただし、4.6GXと4.6AX Gセレクションはどんぐりの背比べ状態なので、どちらを選んでも割安感は同等です。

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?ランドクルーザーの中古車相場とおすすめのランドクルーザー中古車

ここでは、ランドクルーザーの各モデル(100系/200系)について、中古車相場やおすすめグレード、マイナーチェンジでの変更点や長所&短所について紹介しています。

皆さんの予算や好み、個性や相性などを見極めて、自分にピッタリな一台とめぐりあうための参考にしてください。

ランドクルーザー100系のおすすめ中古車と相場

ランドクルーザー100系の中古車相場

型式KR-HDJ101K/GH-UZJ100W型
生産1998年1月~2007年9月
マイナーチェンジ1回目:2002年8月5日/2回目:2005年4月20日
中古車流通台数271台
中心価格帯215万~235万円台
最安価格帯90万~110万円台
最高価格帯435万~455万円台

1998年から約9年間にわたって販売されていたランドクルーザー100系。

流通台数は少ないものの、2回のマイナーチェンジを経て幅広くなった価格帯が、多様なユーザーからのニーズに応えます。

このモデルを狙うのであれば、安さを突き詰めた上で品質とのバランスがとれたコストパフォーマンスを追求するのがお得です。

ココが変わった!100系ランドクルーザーのマイナーチェンジ内容

ランクル100の2002年8月のマイナーチェンジ&2005年4月のマイナーチェンジでの変更点

ランドクルーザー100系には2002年8月5日と2005年4月20日にそれぞれマイナーチェンジが入っていますが、その概要は以下の通りです。

【2002年8月5日】

  • スーパーインテリジェント5速オートマチック(5スーパーECT)を新採用
  • 操縦性&走行安定性にすぐれたギア比可変ステアリングシステム(VGRS)を新採用
  • 近赤外線によるナイトビュー(夜間の視界補助)をオプション設定
  • デュアルステージSRSエアバッグ、前席SRSサイドエアバッグを採用
  • 車両横転時に備えたSRSカーテンシールドエアバッグを採用
  • マークレビンソン社のプレミアムサウンドシステムの採用
  • エンジンイモビライザーシステム&オートアラーム機能つき盗難防止システムの採用
  • 使いやすいゲート式シフトレバーを新採用
  • オーディオの使い勝手が向上するステアリングオーディオスイッチを新採用
  • 各種情報を見やすく表示するマルチインフォメーションディスプレイを採用
  • 雨滴感知式ワイパーを標準装備
  • 照明付きサイドステップをグレード別にオプション設定
  • フロントシート回りにラウンジイルミネーションをグレード別設定
  • フロントグリル&フロントバンパーのデザイン変更、力強くワイドでタフなイメージを強化
  • ホワイトパールクリスタルシャインはじめ新色3カラーを含むボディカラー7色を設定
  • 275㎜のワイドタイヤと新デザインの17インチアルミホイールをグレード別で採用
  • リアコンビネーションランプをアンバー(琥珀)色&クリアタイプに変更
  • 電動格納式ドアミラーとアウトサイドドアハンドルにメッキ処理(オプション設定)
  • 4.7ℓV8ガソリンエンジン(2UZ-FE)の改良により「平成12年排出ガス規制」クリア、燃費向上
  • ガソリン車に5人乗りワゴン「VX」を新設定

【2005年4月20日】

  • ヘッドランプのデザインをグレード別で変更
  • フロントグリル、リアコンビネーションランプ、アルミホイールのデザイン更新
  • 対向車の防眩対策として光軸調整ヘッドランプレベリング機構を採用
  • 4.7ℓガソリンエンジン「2UZ-FE」の燃費向上、「平成22年度燃費基準」を達成
  • 特別仕様車「VXリミテッド・ツーリングエディション」など3グレードを追加設定

100系ランドクルーザー中古車の長所

  • 型落ちしても色あせないカッコよさ
  • 車重に負けない、タフで力強いエンジン
  • 広々とした車内空間、荷物もたくさん積めるし、居住性も高い
  • 視界が高くて車格に対して運転しやすい
  • リフト調整ができるので、子供やお年寄りの乗り降りも楽

ランドクルーザー100系についてユーザーの声を集めたところ、以上のような長所が多く挙げられていました。

型落ちによって値下がりしていながら色あせないカッコよさは、中古車ならではの魅力と言えるでしょう。

また、クロカンSUVならではのタフなエンジンは車重も気にせずパワフルな走りを見せてくれますし、走行性と快適性を両立させた車内空間は広々として荷物もたくさん積める点が好評です。

他にも、車高もあるため視点が高くて視界も広く、運転のしやすさはもちろん、ランドクルーザーを操っている優越感・満足感が味わえます。

それでいてリフト調整ができるので、子供やお年寄りの乗り降りも簡単で、誰にもやさしいクルマに仕上がっています。

100系ランドクルーザー中古車の短所

  • ハイオク仕様&燃費が悪い
  • 燃料タンクが小さい
  • パーツ代が高額
  • 視点は高いが死角も多い
  • ボディが大きいため、駐車時や狭い路地などが大変

その一方で、ランドクルーザー100系ユーザーからはこんな不満も少なからず出ていました。

最も多い不満はハイオク仕様であり、かつ燃費が悪いことによるランニングコストの高さ。

パワフルさと引き換えなので納得して買えば満足感も十分ですが、やはり経済性も無視できないため、よく検討した方がいいでしょう。

合わせて、燃料タンクが小さいという声もあり、燃費の悪さと相まって、慣れない場所ではガソリンスタンドの位置を気にしておいた方が良さそうです。

また、先ほどランドクルーザーは27万~28万キロ以上走れると言いました。適切にパーツを交換してやればもっと寿命を延ばしていくことも可能なのですが、そのパーツ代が高額なことも不満のタネとなっているようです。

そのタフさと満足感ゆえに長く乗りたいランドクルーザー100系なればこそ、こうした点も注意しておきましょう。

他にも、死角が多かったりボディが大きいため狭い場所で気を遣ったりなどの苦労があるため、実際に自分が乗り回す場面を細かくシミュレーションしながら、購入を検討する必要がありそうです。

100系ランドクルーザーのおすすめ中古車

  • 4.7VXリミテッド

ランドクルーザー100系の中古車を探すなら、最も流通台数の多い4.7VXリミテッドがおすすめです。

ランドクルーザー100系全体の約37.3%(約5台に2台)を占めており、豊富な選択肢の中から、より満足のいく1台を見つけやすいでしょう。

18~20年落ち/走行距離15万キロ以上/修復歴なしの前期型で良ければ予算100万円前後から手に入れることができますが、予算を200万円前後まで積めば、13~15年落ち/走行距離5万~9万キロ前後の中期型に手が届きます。

さらに後期型を狙っていくなら、流通台数はグンと少なくなりますが、240万円前後で走行距離は中期型とほとんど変わらないランドクルーザーが出ていました。

ただ、少しでも「新しい」ということに価値を見出すのでなければ、マイナーチェンジによる改良度合いのより大きな中期型が、価格と装備のバランスがとれ、コストパフォーマンスが高いためおすすめとなります。

⇒100系ランドクルーザーの中古車を検索

【現行型】ランドクルーザー200系のおすすめ中古車と相場

ランドクルーザー200系の中古車相場

型式URJ202W型
生産2007年9月~販売中
マイナーチェンジ1回目:2011年12月19日/2回目:2015年8月17日
中古車流通台数238台
中心価格帯540万~560万円台
最安価格帯330万~350万円台
最高価格帯945万~965万円台

2007年9月のフルモデルチェンジ以来、2回のマイナーチェンジによって洗練され続けるランドクルーザー200系。

その中古車価格はまだこなれていないものの、新車を購入するつもりでいれば、新車とあまり変わらない良質なランドクルーザーを新車より割安で購入できるメリットがあります。

先代の100系とあまり変わらない、むしろやや少なめな流通台数ですが、この中から、狙い目のランドクルーザーを見つけだしましょう。

ココが変わった!200系ランドクルーザーのマイナーチェンジ内容

ランドクルーザー200の2011年12月と2015年8月のマイナーチェンジでの変更点ピックアップ

ランドクルーザー200系も100系と同様、2回のマイナーチェンジが入っていますが、それぞれの主要な変更点を以下にまとめます。

【2011年12月19日】

  • オフロード走破性を高める「マルチテレインセレクト」を新採用
  • 車載カメラで周囲の路面状況を確認できる「マルチテレインモニター」を新採用
  • ステアリング操作で極低速走行できる「クロールコントロール」を3段階⇒5段階にアップ
  • クロールコントロール走行時に急ターン性能を上げる「ターンアシスト機能」を搭載
  • フロントバンパー&グリル、フォグランプやリアコンビネーションランプ等の意匠を変更
  • 18インチ&20インチアルミホイールの意匠変更
  • プロジェクター式ヘッドランプとLEDポジショニングランプを新採用
  • サイドターンランプ付ドアミラーと雨滴センサー付フロントオートワイパーを標準装備
  • ボディカラーにアティチュードブラックマイカ等2色を含む全7色を設定
  • インテリア&シート色に新色シェルを含む全3カラーを設定
  • インパネに木目調加飾を採用して上質感を演出
  • ステアリングヒーターをグレード別装備
  • フロントシートにシートベンチレーション機能をグレード別装備
  • サードシートにセミパワー格納機能をグレード別に装備
  • 大型カラーTFT(液晶画面)のマルチインフォメーションディスプレイを採用

【2015年8月17日】

  • フードセンター部に凹溝を設けてフロントの立体感を強調するデザイン
  • グリルバーの上下にメッキ加飾
  • LEDヘッドランプを採用
  • リアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを一体感あるデザインに変更
  • 20インチ&18インチアルミホイールのデザイン変更
  • ボディカラーは新色カッパーブラウンマイカ、ダークブルーマイカ等9色を設定
  • インテリアにはヘアライン処理で重厚感のある加飾とソフトな表皮巻の組み合わせ
  • センタークラスターにスイッチや表示類を集約、操作性を向上
  • オプティトロンメーターには盤面にヘアライン加飾を施した6眼メーターを採用
  • 4.2インチTFTカラー液晶画面を配置、ドライバーの利便性を向上
  • シート表皮にセミアニリン本革を採用、天井色にもブラックを追加
  • インテリア色には新色ブラウン込みの全4色を設定
  • トヨタの衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」をトヨタで初採用

200系ランドクルーザー中古車の長所

  • ワイルドでオフロード感あるエクステリアに定評
  • インテリアの高級感が人気
  • 静かで振動も少なく、快適性の高い走行感
  • 車高などから生じる死角をカバーする各種装備が好評
  • カッコいいので目立つ!

ランドクルーザー200系に関してユーザーの声をまとめたところ、上記のような長所が出ていました。

ワイルドさとグレード感が両立したランドクルーザーならではの内外装に人気があり、静かで振動も少なく、快適な乗り心地にはトヨタ車ならではの定評がありました。

また、ブラインドスポットモニターなどランドクルーザーに多かった死角をカバーする装備も充実しており、何よりも「カッコよくて目立つ・自慢できる」など、高い満足感が聞こえてきます。

200系ランドクルーザー中古車の短所

  • フロントの威圧感に抵抗がある人も
  • 装備が多すぎてエンジンが車重を克服できず、動きが鈍重に
  • トルクのあるディーゼル車の設定がほしい
  • 相変わらず燃費が悪い
  • 目立ちすぎる(笑)

その反面、ランドクルーザー200系に対して不満を持っている人も、いない訳ではありませんでした。

フロントのタフでワイルドなエクステリアには抵抗感のある方も少なからずいて、中には「ランクル200を買いたかったけど、家内の反対で丸っこいクルマに……」という声も聞かれました。

また、装備が充実した分だけ車重も増し、それでいてエンジンがほとんど進化していないため、先代に比べて鈍重となった動きに、物足りなさを感じる声も出ています。

また、相変わらず燃費が悪い、目立ちすぎてガソリンスタンドの店員にやたら話しかけられる(笑)などの意見もありました。

200系ランドクルーザーのおすすめ中古車

  • 4.6ZX

ランドクルーザー200系を中古車で購入するなら、流通台数がもっとも多い(約44.8%)4.6ZXか、その次に台数が多く(約14.9%)、かつ売却時の査定相場が安定している4.6AXがおすすめです。

4.6ZXだと最安価格なら500万円前後から相応に良質な前期型に手が届き、一方でオプションを充実させた後期型の極上車は700万円を突破、新車価格(装備なし、諸費用込みで約724.6万円)とほぼ同等になります。

この価格帯になると、ほぼ新車同様の新古車(後述)も多くなってきますから、それらも視野に入れつつ、賢い買い物ができるよう、十分に比較検討していきましょう。

⇒200系ランドクルーザーの中古車を検索

ランドクルーザーの新古車は新車に比べてお得か?

中古車を探していると、その中に「新古車」という言葉がチラホラ見られると思います。

これはメーカー等によって基準がまちまちですが、ここではひとまず「走行距離1,000キロ未満の上質な中古車」としておきます。

また、「未使用車」という言葉もありますが、ここでは「走行距離100キロ未満、かつ自家用で乗られていない極上の中古車」とします。

さて、ランドクルーザーの新古車は、新車と比べて割安に購入できるのか、シミュレーションしてみましょう。

 新車 新古車(未使用車)
グレード名ランドクルーザー4.6ZX
車両本体価格6,847,200円6,364,000円
オプションなしパワーバックドア等
諸費用399,067円617,000円
新車値引き▲300,000円交渉次第で可
支払総額(乗り出し価格)6,946,267円6,981,000円

新車と新古車でランドクルーザーの見積もりを比べると、新車の方が新古車よりも約3.5万円安くなっています。

ただし、新車の方には30万円もの値引きが入っていることや、新古車の方にはオプションがついていることなどを差し引きしないとフラットにどちらがお得かは判断しにくい状態です。

これらをフラットにした上で、安かった方の見積もりを高かった方のお店に持ち込むのが、値引き交渉の第一歩です。

ランドクルーザーの中古車・新古車をお得に買うには?

中古車をお得に買う

中古車でランドクルーザーを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いランドクルーザーが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のランドクルーザーの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のランドクルーザーが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なランドクルーザーを見つけるには時間も掛かりますし、さらにランドクルーザーの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ランドクルーザーの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にランドクルーザーを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-トヨタ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.