ランドクルーザーの評価集

ランドクルーザー200の走りはどんな感じ?

ランドクルーザーの走りはどんな感じ?

悪路から街乗りまでオーソドックスにこなすトヨタの大型四輪駆動車がランドクルーザーで、V型8気筒のディーゼルエンジンを採用しております。

ランドクルーザーの魅力は何と言っても悪路走行性能で、ラリーレイド競技大会の一種であるダカールラリー6連覇という実績がそれを証明しているのではないでしょうか。

元々は軍事用や警察の公用車として使用されておりましたが、現在では一般の人もその走行性能に目を付けて日常生活でも取り入れられるようになりました。

「車体が大きすぎるので街中の走りには適していないのではないか?」という意見が多いかもしれません。

確かに、トヨタから発売されている車の中でも全幅は最大レベルですが、大きさの割には見切りがよくて扱いやすく、車両感覚を上手く掴みながら安定した走りを見せてくれるので人気を得ております。

以下では、ランドクルーザーで採用されている走行性能をご紹介しているので一度チェックしてみてください。

  • 路面状況に応じて適した走りを瞬時に実現してくれる
  • アクティブトラクションコントロールの搭載で雪道でスリップしても車輪にブレーキをかけて残りの車輪に駆動力を配分してくれる
  • クロールコントロールの搭載でデコボコの多いオフロードでも容易に走破できる
  • 前後のトルク配分を最適に調節するフルタイム4WDで安定したコーナリングを発揮してくれる
  • DACスイッチを押すことで坂道の際に一定の低車速にキープし、車両の安定性を保つ
  • SUVの強みを活かすことでアスファルトの亀裂といった小さな段差でも衝撃を吸収してストレスのない走りが実現できる

上記のように、トヨタのランドクルーザーはオフロードでもオンロードでも高い走行性能を発揮してくれます。

特に、路面状況に合わせて以下のように5種類のモードから選択できる点が最大のメリットです。

MUD&SAND:砂地路や深雪路など滑りやすい路面で失速感を抑制する
LOOSE ROCK:土と石が混じり合ったオフロードで失速感を抑制する
MOGUL:モーグル路や斜面など凸凹の激しい場所で失速感を抑制する
ROCK&DIRT:段差の多い路面で車輪をしっかりとグリップさせる
ROCK:岩場など岩石の多い場所で車輪をグリップさせて走行できる

上記のように、ランドクルーザーならばモードを切り替えることにより、どんな悪路でもスムーズに走行できるという特徴があります。

「エンジン性能も走り具合も問題ない」「余程の積雪でなければ走行可能」「一般道路や高速道路での走りにも満足している」という口コミを得ていたので、是非ランドクルーザーを使ってみてください。

ランドクルーザーを安く買うなら、当サイトのランドクルーザー値引き交渉マニュアルをご参考ください!

ランドクルーザーのエンジンスペック

ランドクルーザーのエンジンスペック

※ランドクルーザー 出典toyota.jp

トヨタ発表のランドクルーザーのエンジンスペックです。

排気量 4608cc
最高出力 234KW[318PS]/5,600rpm
最大トルク 460N・m[46.9kgf・m]/3,400rpm
燃費 6.7-6.9km/L

ランドクルーザーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのランドクルーザー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がランドクルーザーを限界値引きで購入しています。

今月のランドクルーザーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ランドクルーザー値引き交渉マニュアル

-ランドクルーザーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.