ランドクルーザーの評価集

ランドクルーザー300に欠点・デメリットはあるか?ランドクルーザーを徹底評価!

トヨタの本格クロカン4WD車 ランドクルーザー300 は、オフロード性能や耐久性に定評のあるモデルです。

魅力的な車種であることは間違いありませんが、勿論欠点・デメリットもあります。

ここでは、ランドクルーザー300の欠点・デメリットやいいところを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

ランドクルーザー300を評価!欠点、デメリットはあるか?

ランドクルーザー300のエクステリアの欠点は?

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

2021年8月にフルモデルチェンジを受け、300系となったランドクルーザーですが、エクステリアは先代200系のイメージが色濃く残っています。

実に14年ぶりの全面リニューアルにも関わらず、新鮮味に欠けているのは残念なところです。

また、最近は大型のフロントグリルはトレンドではなくなっているにも関わらず、ランドクルーザー300では先代以上に大きなグリルを付けています。

2021年式のモデルとしては、いささか古めかしさが否めません。

ランドクルーザー300のインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザー300では、トヨタ車のトレンドになっているディスプレイオーディオが全車に標準装備されました。

12.3インチの大画面なので見やすく、スマホのナビアプリが使えるのはいいのですが、問題は前方視界を遮っていることです。

運転席から斜め左を見た時にどうしても視界に入り、多少なりとも邪魔に感じてしまいます。

先代はナビの位置がそれほど高くなく、前方視界の妨げになっていなかったので、ここは退歩と言ってもいいでしょう。

シート&居住性

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザー300はラダーフレームを採用しているためフロアが高く、その分シート座面高が相対的に低めです。

フロントシートはともかく、セカンドシート・サードシートは太腿と座面に隙間ができてしまい、座り心地はあまりいいとは言えません。

特にサードシートは体育座りになってしまうので、緊急用か子供用にしか使えないでしょう。

室内長・室内幅は十分確保されていますが、後席の居住性はいまひとつです。

収納&荷室スペース

ランドクルーザー300はセカンドシートを倒しても荷室フロアに段差ができてしまいます。

ラダーフレーム式のためダイブダウン機構が取り入れられないので、仕方ないことではありますが、使い勝手はあまり良くありません。

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

また、セカンドシートをタンブルして荷室長を拡大した場合も、やはり完全にフラットにはなりません。

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

荷室の使い勝手の点では、モノコックボディ採用のライバル車に一歩を譲ります。

ランドクルーザー300のパワートレインの欠点は?

世界的にパワートレインの電動化が進む中、ランドクルーザー300にはハイブリッドやプラグインハイブリッドが設定されていません。

ランドクルーザー300のキャラクターに電動ユニットが合うかどうかはともかく、世の中の流れに沿っていないのは確かです。

燃費の点でも先代よりは改善されているものの、カタログ値で一桁の燃費は褒められたものではありません。

ランドクルーザー300の走行性能の欠点は?

ランドクルーザー300はオフロード性能を重視した車種なので、オンロードの走行性能は特に優れているわけではありません。

直進安定性や操縦性は決して悪くはないものの、オンロード性能を重視したクロスオーバーSUVには一歩を譲ります。

ランドクルーザー300の装備面の欠点は?

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザー300には電動ムーンルーフが標準装備またはオプション設定されていますが、開口部は前席上部に限られます。

ランドクルーザー300は多人数乗車する機会も多いはずですが、これでは後席の乗員が解放感を味わえません。

後席までカバーする大開口のムーンルーフを設定して欲しかったところです。

ランドクルーザー300のグレード体系・価格面での欠点は?

ランドクルーザーにはガソリン車とディーゼル車がありますが、ディーゼル車を選べるのは上級のGRスポーツとZXだけです。

ディーゼルエンジンはドライバビリティや経済性の点でメリットがあるので、下位グレードでも選べるようにするべきでしょう。

ランドクルーザー300を評価!いいところは?

次に、ランドクルーザー300のいいところについて解説します。

ランドクルーザー300のエクステリアのいいところは?

ランドクルーザー300のエクステリアは新鮮味には欠ける一方、癖がないので流行に左右されない良さがあります。

飽きずに長く乗れる点は、美点にあげていいでしょう。

ランドクルーザー300のインテリアのいいところは?

シート&居住性

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

フロントシートはサイズがたっぷりしていて、座面も適度にソフト。

座り心地が非常に良いので、ロングドライブでも疲れは少ないはずです。

収納&荷室スペース

フロントのセンタコンソールボックスは2段式で、上部のトレイに小物類が置けるほか、下のボックスもかなりの収納力があります。

かなり便利に使える収納と言えるでしょう。

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

またセカンドシートセンターアームレストにはカップホルダーが備わりますが、格納式のカップホルダーなので、普段は心地いいアームレストとして使えます。

カップを収める穴が開いているタイプのセンターアームレストと比べ、肘を掛けた時の心地良さが違います。

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザー300のパワートレインのいいところは?

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザーのエンジンはガソリン・ディーゼルともターボ付で、強力なスペックを誇ります。

ドライバビリティが高く、動力性能も十分以上です。

スムーズかつ静粛性も高いので、正に高級SUVに相応しいエンジンと言えます。

またきめ細かく変速する10速ATも、心地良い走りに貢献していることは間違いありません。

ランドクルーザー300の走行性能のいいところは?

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザー300の最大の美点と言えば、やはり圧倒的なオフロード走破性です。

トルセンLSDトランスファー付のフルタイム4WDシステム、状況に応じ6つの走行モードが選べるマルチテレインセレクト、スリップ時に威力を発揮するアクティブトラクションコントロール、アクセルやブレーキを操作せずに一定の低速をキープできるクロールコントロール&ダウンヒルアシストコントロールなど、走破性を高める機構のオンパレード。

強靭なラダーフレームや225mm確保された最低地上高と相まって、オフロード性能は無敵と言えるでしょう。

ランドクルーザー300の装備面のいいところは?

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

VX以上のグレードに標準装備されるシートベンチレーションは、シート表皮の熱気を吸い込み、夏場の蒸れを防ぐ装備です。

VXではフロントシートだけですが、ZXとGRスポーツではセカンドシート左右にも付きます。

シートベンチレーションを採用している車種は少ないので、ランドクルーザー300の美点にあげられます。

ランドクルーザー300の総合評価

ランドクルーザー300欠点

toyota.jp/landcruiser

ランドクルーザー300の内外装は保守的で新鮮味には欠けるものの、逆に言えば安心して付き合える良さがあります。

オフロード性能は抜群で、エンジンのドライバビリティも優秀。

一方オンロード性能は平凡ですが、車のキャラクターを考えれば仕方ないところです。

乗り心地は良いので、快適性には問題ありません。

居住性や荷室の使い勝手では、フロアの高さがマイナス要素になっていますが、これもオフロード性能とのトレードオフなので欠点とは断定できません。

装備面では、特に上級グレードは非常に充実しているので、大抵の人は満足できるでしょう。

ランドクルーザー300はキャラクターの強い車なので万人向けとは言えませんが、オフロード走行や雪道走行を重視する人には良い選択になるはずです。

 

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ランドクルーザーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのランドクルーザー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がランドクルーザーを限界値引きで購入しています。

今月のランドクルーザーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ランドクルーザー値引き交渉マニュアル

-ランドクルーザーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.