トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ ランドクルーザー200 モデルチェンジ推移2009年4月16日

トヨタニュースリリースより

-------------------------

ランドクルーザーに「ZX」を新設定
あわせて、動力性能と燃費性能を両立した新型エンジンを搭載

TOYOTAは、ランドクルーザーに最上級グレード「ZX」を設定するとともに、一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は、大阪トヨペット)を通じて、5月6日より発売する。

今回新設定の「ZX」は、20インチアルミホイール、チルト&スライド電動ムーンルーフ、先進の機能や多彩なマルチメディア機能を搭載したHDDナビゲーションシステム&トヨタプレミアムサウンドシステム(18スピーカー)などを標準装備し、よりスポーティで、使用性・快適性を向上した仕様としている。

走りについては、4-Wheel AHC&AVS*1を採用し、オンロードとオフロードの走行性能を高めるとともに快適な乗り心地を実現。また、新開発の高性能 V8・4.6L Dual VVT-i*2エンジン1UR-FE(最高出力:234kW[318PS]/5,600rpm、最大トルク460N・m[46,9kgf・m]/3,400rpm)を搭載し、6 Super ECT*3を採用することで、滑らかで力強い走りを実現したうえ、10・15モード走行燃費6.9km/L(国土交通省審査値)を実現し、『平成22年度燃費基準*4+5%』を達成するとともに、『平成17年基準排出ガス50%低減レベル*5』の認定を取得し、環境性能にも配慮している。

【上記以外の主な装備】
・ 電動格納式カラードドアミラー(リバース連動下向き・ヒーター・カメラ(左)・足元照明・メモリー・自動防眩付)
・ アウトサイドドアハンドル(メッキ)
・ サイドプロテクションモール(メッキ)
・ サイドステップ(エアロタイプ・照明付)
・ ドアスカッフプレート(フロント・照明付)
・ リヤスポイラー
・ フロントシート 8WAYマルチアジャスタブルパワーシート(クッション長電動可変機構・メモリー付[運転席])
・ セカンドシート シートバック4:2:4分割/タンブル6:4分割シート(パワースライド機構・足元イルミネーション付)
・ ステアリングスイッチ(オーディオ・ディスプレイスイッチ・電話&トークスイッチ付)
・ チルト&テレスコピックステアリング(電動・メモリー付)
・ インサイドドアハンドルイルミネーション(フロント・リヤ)

あわせて、一部改良では、「ZX」同様、1UR-FEエンジンおよび6 Super ECTを搭載することにより、「AX」は、10・15モード走行燃費7.1km/L(従来型比約8%向上)を実現し、『平成22年度燃費基準+10%』を、AX“Gセレクション”は、10・15モード走行燃費6.9km/L(従来型比約5%向上)を実現し、『平成22年度燃費基準+5%』を達成するとともに、全車『平成17年基準排出ガス50%低減レベル』の認定を取得している。

*1 AHC&AVS:Active Height Control Suspension & Adaptive Variable Suspension System
*2 Dual VVT-i:Dual Variable Valve Timing-intelligent(連続可変バルブタイミング機構)
*3 6 Super ECT:スーパーインテリジェント6速オートマチックトランスミッション
*4 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*5 国土交通省の低排出ガス車認定制度

・価格(消費税込み)

4,700,000-6,900,000円

トヨタ ランドクルーザー200のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.