ランドクルーザーの評価集

ランドクルーザー200の内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

アイキャッチ画像

路面を選ばない無類の走破性や圧倒的な信頼性などにより、国内のみならず海外からも高い評価を得ている本格派クロスカントリーSUV、「トヨタ・ランドクルーザー」の内装を徹底紹介します。

室内の仕様はZX/AX Gセレクション/AXが3列シート8人乗り、最廉価グレードのGXが2列シート5人乗りで、それぞれで内装の仕上げや収納などが異なっています。

ランドクルーザーの内装の質感は?

ランドクルーザーの内装色

ZX

ランドクルーザーZXの内装色(ブラウン)

ランドクルーザーZXの内装色(ブラウン)

ランドクルーザーZXの内装色(ブラウン)

ルーフ色が標準のグレーまたは設定色(無料オプション)のブラックの場合、内装色はボディカラーにより写真のブラウンまたはブラックが標準となります。

しかし、注文時にブラウンの代わりにブラックを、ブラックの代わりにブラウンを指定することも可能となっています。

また、ルーフ色が設定色のニュートラルベージュの場合、内装色もニュートラルベージュになり、他の色は指定できません。

ランドクルーザーのドアトリムの木目調加飾

ランドクルーザーの高輝度シルバー仕上げ

仕様面では、ドアトリムの一部に木目調の加飾が施されるほか、ドアグリップは高輝度シルバー仕上げとなります。

フロント&センターピラーガーニッシュは、ファブリック素材が採用されています。

AX Gセレクション

ランドクルーザーAX Gセレクションのブラック内装

ランドクルーザーAX Gセレクションのブラック内装

※ランドクルーザー:toyota.jp

ルーフ色が標準のグレーの場合、内装色は写真のブラックとなります。

一方、ルーフ色が設定色のニュートラルベージュの場合は、内装色もニュートラルベージュになります。

仕様面では、ドアトリムの一部に木目調の加飾が施されるほか、ドアグリップは高輝度シルバー仕上げとなります。

フロント&センターピラーガーニッシュは、ファブリック素材が採用されています。

AX

ランドクルーザーAXの内装色(ニュートラルベージュ)

ランドクルーザーAXの内装色(ニュートラルベージュ)

ルーフ色が標準のグレーの場合、内装色はミディアムグレーとなります。

一方、ルーフ色が設定色のニュートラルベージュの場合は、内装色も写真のニュートラルベージュになります。

仕様面では、ドアトリムの一部に木目調の加飾が施されるほか、ドアグリップは高輝度シルバー仕上げとなります。

フロント&センターピラーガーニッシュは、ファブリック素材が採用されています。

GX

ランドクルーザーの内装色(ミディアムグレー)

ランドクルーザーの内装色(ミディアムグレー)

ルーフ色がグレーの場合、内装色は写真のミディアムグレーとなります。

一方、ルーフ色がニュートラルベージュの場合、内装色もニュートラルベージュになります。

ランドクルーザーGXのドアトリム&グリップ(ブラック仕上げ)

仕様面では、ドアトリムとドアグリップはブラック仕上げで、フロント&センターピラーガーニッシュは樹脂素材が採用されています。

ランドクルーザーの内装の質感は、質実剛健なモデルなのでゴージャスとまではいきませんが、仕上げ自体は高い質感でチープさは微塵もなく、かなり満足のいくものとなっています。

ランドクルーザーのシート表皮・デザイン

ZX

ランドクルーザーZXのプレミアムナッパ&人工皮革シート表皮(ブラック)

ランドクルーザーZXのプレミアムナッパ&人工皮革シート表皮(ニュートラルベージュ)

ランドクルーザーZXのプレミアムナッパ&人工皮革シート表皮(ブラウン)

素材はプレミアムナッパ本革がメインとなりますが、シートサイドとシートバック、およびヘッドレストの一部に人工皮革が使用されています。

色は内装色に応じ、ブラック(上の写真)、ニュートラルベージュ(中央の写真)、ブラウン(下の写真)のいずれかとなります。

AX Gセレクション

AX Gセレクションの本革&人工皮革シート表皮(ブラック)

AX Gセレクションの本革&人工皮革シート表皮(ニュートラルベージュ)

素材は本革がメインとなりますが、シートサイドとシートバック、およびヘッドレストの一部に人工皮革が使用されています。

色は内装色に応じ、ブラック(上の写真)またはニュートラルベージュ(下の写真)となります。

AX

ランドクルーザーAXのミディアムグレーのシート表皮

ランドクルーザーAXのニュートラルベージュのシート表皮

素材はモケットで、色は内装色に応じミディアムグレー(上の写真)またはニュートラルベージュ(下の写真)となります。

GX

ランドクルーザーGXのミディアムグレーのシート表皮

ランドクルーザーGXのニュートラルベージュのシート表皮

素材はトリコットで、色は内装色に応じミディアムグレー(上の写真)またはニュートラルベージュ(下の写真)となります。

ランドクルーザーの前席シート

ランドクルーザーの前席の座面の質感

ランドクルーザーの座面の厚さ

ランドクルーザーの前席の座り心地は、クッションが厚く硬さも適切なので、大変快適なものとなっています。

ランドクルーザーの2列目シート

ランドクルーザーの2列目シートの座面の厚さ

一方2列目シート(GXの場合は後席)は、シートの大きさに不満はないものの、クッションがやや薄く座面の高さが低いため、前席ほどの高い快適性はありません。

特に、中央席は座り心地が明確に劣ります。

ランドクルーザー3列目シートの座り心地はあまりよくない。

また、3列目シートは座面とシートバックの長さが不十分で、座面の高さも低過ぎるので緊急用と割り切るべきでしょう。

インパネ

ランドクルーザーZXのインパネ

写真は最上級グレードZXのものになりますが、AX GセレクションおよびAXも基本的に共通の仕様となります。

オーナメントは木目調加飾

ドアオーナメントも木目調加飾

ランドクルーザーのセンタークラスターパネルはピアノブラック&高輝度シルバー仕上げ

ランドクルーザーのセンタークラスターパネルはピアノブラック&高輝度シルバー仕上げ

一部に木目調の加飾が施されるほか、フロントヒーターコントロールおよびセンタークラスターパネルはピアノブラック/高輝度シルバー仕上げとなります。

GXは仕様が異なり、木目調の部分がブラック仕上げとなります。

デザインは実用性重視のシンプルなもので、過剰なまでの豪華さはありませんが、仕上げはトヨタ車らしく丁寧なものとなっています。

ランドクルーザーの収納・荷室の使い勝手は?

前席回りの収納

コンソールボックス(GXを除き着脱トレイ付)+カップホルダー

ランドクルーザーのコンソールボックス(オプションクールボックス装着時)

オプションのクールボックスを装着した状態です。

ランドクルーザーのセンターコンソールボックス

デフォルトはこの場所が収納ボックスになります。

ランドクルーザーのリッド付きセンターカップホルダー

ランドクルーザーのセンターカップホルダー(オープン時)

また、その前方にあるリッドを開けると、2個分のカップホルダーが出現します。

オーバーヘッドコンソール

ランドクルーザーのオーバーヘッドコンソール

ランドクルーザーのオーバーヘッドコンソール(オープン時)

小さな収納スペースが用意されています。

インパネセンターロアトレイ

ランドクルーザーのリッド付きインパネセンターロアトレイ

リッド付の小物入れで、スマホを収納できます。

ランドクルーザーのリッド付きインパネセンターロアトレイ

またワイヤレス充電システム「おくだけ充電」がオプションで選択可能です。

助手席グローブボックス

ランドクルーザーの助手席グローブボックス

ランドクルーザーの助手席グローブボックス(オープン時)

かなり大容量となっています。

フロントドアポケット(ボトルホルダー付)

ランドクルーザーのフロントドアポケット

左右のフロントドアのポケットにペットボトル1本と小物類が収納できます。

2列目シート回りの収納

カップホルダー付センターアームレスト(※GXを除く)

ランドクルーザーのカップホルダー付きセンターアームレスト

格納式のセンターアームレストに、2個分のカップホルダーが備わります。

リヤドアポケット(ボトルホルダー付)

ランドクルーザーのリアドアポケット

左右のリヤドアのポケットに、ペットボトル1本と小物類が収納できます。

3列目シート回りの収納

カップホルダー

ランドクルーザーのリアクォータートリムのカップホルダー

左右のリアクォータートリムに、カップホルダーが2個ずつ備わります。

ランドクルーザーの収納は、最近のクロスオーバーSUVやミニバンなどと比較すると少なめですが、特に不自由を感じるほど不足している訳でもありません。

元来がユーティリティよりもタフさが持ち味のクルマなので、これで十分と言えるでしょう。

ランドクルーザーの荷室サイズは?どのくらい積める?

ランドクルーザーの荷室サイズは?

ランドクルーザーの荷室

2列目シート左側スライド+2列目シートアームレスト使用状態(※GXを除く)

ランドクルーザーの2列目シート左側スライド+2列目シートアームレスト使用状態

写真では分かりにくいのですが、この状態での荷室スペースはミニマムです。

しかし、スーパーやコンビニでの買い物程度なら何とかなるでしょう。

2列目シートバック左側前倒し+3列目シートバック左側前倒し仕様状態(※GXを除く)

ランドクルーザーの2列目シートバック左側前倒し+3列目シートバック左側前倒し仕様状態

ゴルフバッグなどの長尺物が積めるようになります。

3列目シートスペースアップ状態(※GXを除く)

ランドクルーザーの3列目シートスペースアップ状態

トランクケースが余裕で4個程度積めます。

3列目シートの無いGXなら、さらにスペースが広くなります。

2列目シート右側タンブル+3列目シートスペースアップ状態(※GXを除く)

ランドクルーザーの2列目シート右側タンブル+3列目シートスペースアップ状態

さらにスペースが広くなります。

2列目シートタンブル+3列目シートスペースアップ状態(※GXを除く)

ランドクルーザーの2列目シートタンブル+3列目シートスペースアップ状態

ランドクルーザーの広大なスペース

かなり広大なスペースが生まれます。

キャンプ用品など、アウトドア関係のレジャー用品も余裕で積めるはずです。

ランドクルーザーの内装まとめ

ランドクルーザーの内装まとめ

内装色の選択肢が多い点は高く評価できます。

質感も非常に高く、輸入車を含めたプレミアムSUV並みのゴージャスさを求めなければ、十分満足のいく水準にあります。

収納に関しては、ギリギリ及第点といったところでしょう。

荷室スペースは3列目シートを使用しない限り十分で、フロアが完全にフラットになる点も評価できます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ランドクルーザーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのランドクルーザー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がランドクルーザーを限界値引きで購入しています。

今月のランドクルーザーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ランドクルーザー値引き交渉マニュアル

-ランドクルーザーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.