ランドクルーザーの評価集

ランドクルーザーは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

投稿日:

アイキャッチ画像

ランドクルーザーには、最近流行のクロスオーバーSUVにはない本格クロカン4WDならではのオーラがあります。

しかし、そうした魅力に惹かれながらも、大柄なボディを見て運転が難しそうだと思い、購入に二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、ランドクルーザーの運転しやすさ・難しさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

ランドクルーザーの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ランドクルーザーの売れ筋グレード「ZX」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ランドクルーザー ZX】
全長 4,950mm
全幅 1,980mm
全高 1,870mm

5m近い全長と2mに迫る全幅、そして1.8mを超える全高は、やはり巨大と言うべきでしょう。

ここで、セダンから乗り換えるケースを想定し、マークXと大きさを比較してみます。

トヨタ マークX

【マークX 250S】
全長 4,770mm
全幅 1,795mm
全高 1,435mm

マークXもそれなりに大きい車ですが、ランドクルーザーはそれよりも全長・全幅ともに20cm近く大きいサイズです。

乗り換えた直後は、大きさを意識させられることでしょう。

また、全高は40cmもの差がありますが、アイポイントもかなり高くなるので運転感覚はかなり異なったものとなります。

見晴らしが良いのはメリットですが、アイポイントが高くなった事で、よりランドクルーザーの大きさを感じる事でしょう。

運転感覚では、コーナリング時の腰高感やロール感が気になるかもしれません。

ランドクルーザーの小回りは効くか?ランドクルーザーの最小回転半径

ボディが巨大なランドクルーザーは、どのくらい小回りが効くのでしょうか?

ランドクルーザーの最小回転半径は5.9mで、マークXの5.2mと比べると70cmも大きく、お世辞にも小回り性が優れているとは言えません。

マークXでは1回の切り返しで駐車できた場所で2~3回の切り返しが必要になる、といったケースも生じるはずです。

駐車場や狭い路地での取り回しは、それなりに厄介なものとなるでしょう。

しかし、ランドクルーザーと同じカテゴリーの車に目を向けると、ジープラングラーやメルセデス・ベンツGクラスは最小回転半径がもっと大きく、6.2mもあります。

ランドクルーザーは、ボディサイズがそれらの車種よりも大きいことを考えれば、巨体の割に小回りが効くと言えるのです。

ランドクルーザーは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ランドクルーザーの車両感覚&運転感覚

ランドクルーザーのフロントの見切りは良好

ランドクルーザーのフロントの見切りは良好

最近はボンネットの先端がスラントした車種が増えていますが、ランドクルーザーのボンネットはほぼ水平です。

それに加えてアイポイントが高いため、運転席からボンネットの先端がはっきり確認できます。

これはフロントの見切りという面では有利なポイントで、巨体にも関わらず鼻先を壁いっぱいに寄せて停めることも難しくありません。

ランドクルーザーの斜め前方の視界はいまいち!

ただ、斜め前方の視界という点では、太いAピラー(フロントピラー)と大きなドアミラーが死角を生み出していることが欠点になります。

交差点で右左折する際は、横断歩道上の歩行者を見落とさないよう十分注意が必要です。

ランドクルーザーの車幅の感覚は掴みやすい?

アイポイントが高く、運転席からボンネットの先端が見える車は車幅の感覚が掴みやすいものですが、ランドクルーザーも例外ではありません。

ランドクルーザーのボンネットのくぼみ

更にランドクルーザーの場合は、ボンネット中央部のくぼみが車体のセンターを知る目印になるので、車幅の割には運転がしやすくなっています。

狭い道でのすれ違いなどの際にボディを道路の左側ギリギリに寄せるのも、決して難しいことではありません。

ランドクルーザーの後方視界は普通

ランドクルーザーのリアウィンドウは十分に広い

ランドクルーザーのリアウィンドウは十分な面積を持っていますが、2列目・3列目シートのヘッドレストが後方視界を妨げるのが難点です。

一方、斜め後方視界の点では、リアクォーターウィンドウの面積が広く、リアクォーターピラーも極端に太いわけではないので死角は少ない方です。

ランドクルーザーの後方視界を総合的に評価すると、可もなく不可もなしの平均レベルにあると言えるでしょう。

ランドクルーザーの駐車にはコツがある?

ランドクルーザーで駐車する際は、近くにいる幼児や障害物を発見できない可能性があることを、十分に意識する必要があります。

各ウィンドウの下端部の位置が高いため、直近の死角が多いからです。

そのため、場合によっては一旦車から降りて安全確認するなどの慎重さが望まれます。

また、ボディが大きいので物理的に駐車が不可能なケースも多くなるはずです。

出掛ける場合は、出先にランドクルーザーを駐車できるかどうかを事前にリサーチしておいた方が良いでしょう。

ここまでネガなポイントばかりあげてきましたが、ボディが角張っているので四隅の位置を掴みやすいことや、ベルトラインが水平なので真っ直ぐに停めやすいことなど、駐車の際に有利な要素もあります。

ランドクルーザーの運転で役立つアイテム

マルチテレインモニター

ランドクルーザーのマルチテレインモニター

※ランドクルーザー 出典toyota.jp

先ほど解説したようにランドクルーザーには死角があるので、駐車時などに子供や障害物などを見落としてしまう危険性があります。

自宅の駐車場で我が子の存在に気付かず轢いてしまった、という悲惨なニュースを目にすることがありますが、ランドクルーザーはそうしたリスクが無いとは言えません。

そんな悲劇を防ぐために、T-コネクトSDナビゲーションシステム装着車(※GX以外に設定)にメーカーオプション設定される「マルチテレインモニター」を付けることをお勧めします。

このアイテムは、車両の前後左右4箇所に搭載したカメラの映像を合成してナビ画面に表示するもので、以下の4つの映像モードを選択できます。

  • 駐車時の安全確認をサポートするパノラミックビュー&バックビュー
  • 後方左右方向の情況確認をサポートするワイドバックビュー
  • 交差点などで左右方向の情況確認をサポートするパノラミックビュー&フロントワイドビュー
  • 路肩への幅寄せやすれ違いをサポートする両サイドビュー

状況に応じて4つのモードを使い分ければ、事故を未然に防ぐことができるはずです。

価格はナビとセットで640,440円~773,280円とかなり高額なオプションになりますが、お金で安全が買えると考えれば、出費に見合った価値があるのではないでしょうか?

ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート

ブラインドスポットモニター

※ランドクルーザー 出典toyota.jp

ランドクルーザーは全車に安全運転支援システム「トヨタセーフティセンス」が標準装備されますが、更に予防安全性を高める2つのアイテムが用意されています。

それは、車線変更時に斜め後方から接近する車両を検知してブザーやインジケーターなどにより知らせる「ブラインドスポットモニター」と、バックで出庫する際に左右後方から接近する車両を検知してブザーやインジケーターなどにより知らせる「リヤクロストラフィックアラート」です。

最上級グレードZXの場合、ブラインドスポットモニターは標準装備されますが、リヤクロストラフィックアラートは先ほど紹介したナビ+マルチテレインモニターとセットオプションになります。

一方、中間グレードAX及びAX Gセレクションの場合、この2つのアイテムは64,800円のメーカーオプションです。

いずれにしても、安全対策に万全を期すために是非とも付けたいアイテムと言えるでしょう。

ランドクルーザーの運転のしやすさまとめ

ランドクルーザーは運転席からの見晴らしや見切りが良く、ボディ四隅の位置も把握しやすいので、大きなボディに委縮しなければ、巨体の割に運転しやすい車と言えるでしょう。

SUV特有の死角は気になりますが、ここで紹介したアイテムを装着すればほぼ解消できるので、大きな問題にはなりません。

2つのアイテムが付いたランドクルーザーなら、運転に自信のない女性でも思いのほか容易に運転できるはずです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ランドクルーザーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのランドクルーザー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がランドクルーザーを限界値引きで購入しています。

今月のランドクルーザーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ランドクルーザー値引き交渉マニュアル

-ランドクルーザーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.