スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ラパン モデルチェンジ推移2008年11月26日

投稿日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、個性的なデザインと優れた燃費性能の軽乗用車
新型「アルト ラパン」を発売

スズキ株式会社は、個性的なデザインと優れた燃費性能を実現した軽乗用車、新型「アルト ラパン」を11月26日より発売する。

「アルト ラパン」は、ライフスタイルを豊かにする“身近な雑貨や家具のような愛着のもてる道具”という発想から、2002年1月に誕生して以来、モノ選びにこだわりを持つ若い女性ユーザーを中心に高い評価を得てきた軽乗用車である。

新型「アルト ラパン」は、これまで数多くのユーザーに支持されてきたラパンらしさを大切にしながら「グッドデザイン+グッドドライブ」をコンセプトに開発し、こだわりのデザインと低燃費でありながら快適な空間と心地良い走りを実現した。

ラパンらしさを進化させたデザイン
エクステリアは、丸みのある個性的な箱型フォルムを継承しながらも、ロングルーフ化により伸びやかさを表現した。加えて、細部まで造形を吟味しなおし、よりモダンに、より安心感を得られるようなデザインとした。またインテリアは、シンプルかつスタイリッシュに仕立て、居心地の良い時間を過ごせるようなデザインとした。

大幅に向上した燃費性能
街中を軽快に走れる自然吸気エンジンを採用した2WD・CVT車は24.5km/L※、2WD・4AT車は22.5km/L※を達成。また力強いターボエンジンを採用した2WD・CVT車は23.0km/L※を達成した。

※燃料消費率10・15モード走行(国土交通省審査値)

居心地の良さにこだわったリラックスパッケージ
新型「ワゴンR」で開発した新プラットフォームを採用。箱型フォルムとホイールベースの拡大によって居住性と開放感を高め、ゆとりある室内空間を実現した。また、インパネシフトの採用や、運転席シートリフター、チルトステアリングを全車に標準装備するなど、使い勝手を向上させた。

静かでスムーズな走り
新プラットフォーム、新サスペンション、大径14インチタイヤの採用により、操縦安定性と乗り心地を両立させた。また、高剛性ボディーには数々の防振・防音対策を施し、静かで快適な室内空間を実現した。

販売目標台数 (月間)
「ラパン」 4,000台

新型「アルト ラパン」の主な特長

ラパンらしさを進化させたデザイン

エクステリアデザイン
ラパンならではの丸みのある個性的な箱型フォルムを継承しながら、立体感、しっかり感、安定感を向上させた、質感の高いエクステリアデザインを採用した。
角度を立たせたフロントガラスを大きく前進させたロングキャビンデザインの採用で、より広い室内空間を確保した。
操作性に優れたグリップタイプのアウトサイドドアハンドルを採用した。
視認性を高めるLEDサイドターンランプ付ドアミラー (「G」を除く) 、大径化した14インチタイヤを採用した。
フロント・リヤエンブレム、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプなどにラパンマークを配置し、ラパンならではの遊び心を表現した。

インテリアデザイン
居心地が良く、リラックスできる空間を目指したインテリアデザインを採用した。
車体色に合わせて、アイボリー、ブラウン、ブラックの3種類の内装色を用意した。
シンプルながらも質感の高いカラードインパネと、インパネとの一体感を持たせた専用オーディオ (USB接続ユニット※1装着によりデジタルオーディオプレーヤー接続対応) を装備した。
視認性とデザイン性の高い単眼メーターと、多彩な情報をわかりやすく表示し、ラパンキャラクターも登場するマルチインフォメーションディスプレイを採用した。
ベンチシートを採用した前席はアームレストを大型化し、使い心地を向上させた。
好きな写真や画像を飾れるフォトフレーム (「G」を除く) を装備した。
オレンジ色に発光するイルミネーションスピーカーを前後ドアに採用した。 (「T Lパッケージ」)
※1 販売会社装着アクセサリー

車体色
車体色は、新色の「アロマティックアクアメタリック」、「チェリーピンクパールメタリック」を含む全10種類を用意した。また「X」にはホワイト2トーンルーフを設定した。
内装色は、「G」、「X」にアイボリー内装とブラウン内装、「T」、「T Lパッケージ」にブラック内装の合計3種類を用意することで、全24通りの内・外装色の組み合わせを設定した。

大幅に向上した燃費性能

パワートレイン
シリンダーヘッド周りの冷却性改善と吸気系レイアウトの最適化により、自然吸気エンジン、ターボエンジンともに低速トルクを向上させた。
変速ショックのほとんどないスムーズな加速ができるCVTを採用した。 (自然吸気エンジン搭載車には4ATも設定)
燃費
エンジンの低速トルク向上、CVTの新採用、空力性能の向上、転がり抵抗を低減したタイヤの採用などにより大幅に燃費を向上させた。
自然吸気エンジンを採用した2WD・CVT車は24.5km/L※2を達成、2WD・4AT車は22.5km/L※2を達成した。
ターボエンジンを採用した2WD・CVT車は23.0km/L※2を達成した。
自然吸気エンジン搭載車は、グリーン税制に適合するとともに、2015年度燃費基準を達成した。 (4WD・4AT車を除く)
※2 燃料消費率10・15モード走行 (国土交通省審査値)

居心地の良さにこだわったリラックスパッケージ

居住性
新型「ワゴンR」で採用した新しいプラットフォームを採用することで、ホイールベース、室内長、前席後席の乗員間距離を拡大し、ゆとりのある室内空間を実現した。
前席乗員のフロントガラスまでの距離を拡大し、前席の開放感を向上させた。

使い勝手
先端の見切りが良くボディー感覚がつかみやすい、ボンネット形状とした。
様々な体格のユーザーに対応可能な、スライド量を240mm、スライドピッチを24段階に設定したフロントシートを採用した。
運転席シートリフター、チルトステアリング、フロントシートベルトショルダーアジャスターを全車に標準装備した。
操作性とウォークスルーのしやすさを考慮したインパネシフトを採用した。

乗降性
大きなフロントドアを採用して開口幅を広げ、乗降性を向上させるとともに、フロントドアの開度を開閉しやすい66度に設定した。
後席シートとBピラーの間を、足が出し入れしやすいよう拡大するとともに、リヤドアの開度を80度に拡大し、後席の乗降性を向上させた。

ユーティリティー
リッド付インパネボックス(助手席)やグローブボックス[車検証ホルダー付]、リッド付インパネアンダーポケットなど、使い勝手を追求した収納・装備を豊富に採用した。
運転席・助手席両席に照明付バニティーミラー [チケットホルダー付] を装備した。 (「T」、「T Lパッケージ」)
用途に応じてアレンジできる、リクライニング機構付の分割可倒式リヤシートを採用した。
荷物の収納に便利なラゲッジアンダーボックスを採用した。
キーレスプッシュスタートシステムを全車に標準装備した。
ダニや花粉を除去する抗アレルゲン+カテキン・エアフィルター付のエアコンを採用した。
オートライトシステム付ディスチャージヘッドランプを採用した。 (「T Lパッケージ」)

静かでスムーズな走り

走行性能 ・乗り心地 ・静粛性
新型「ワゴンR」で開発した新プラットフォームをはじめ、新サスペンション、大径14インチタイヤの採用などにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立した。
高張力鋼板を広範囲に使用した高剛性ボディーの採用により、操縦安定性や乗り心地だけでなく、静粛性、安全性能などを向上させた。
最小回転半径4.4mを実現した。
吸音タイプの成形天井を採用した。
ダッシュサイレンサーの拡大や液封エンジンマウントの採用により、エンジンからの透過音や振動を低減した。
フロントウェザーストリップの2重シール化やドアミラー形状の最適化により風騒音を低減した。

安全性能
衝突時の衝撃を吸収・分散させることで、乗る人を効果的に守る軽量衝撃吸収ボディーTECT [テクト] を採用した。
万一の接触時に歩行者へのダメージを軽減する、歩行者傷害軽減ボディーを採用した。
運転席・助手席SRSエアバッグを全車に標準装備するとともに、フロントシートSRSサイドエアバックとSRSカーテンエアバックを「T Lパッケージ」にメーカーオプション設定した。
頭部衝撃軽減構造インテリアを採用した。
リヤシートベルトが簡単に装着できる、自立式バックルを採用した。
イモビライザー (国土交通省認可品) とセキュリティアラームシステムを全車に標準装備した。

・価格(消費税込み)

1,047,900-1,554,000円

ラパンのフルモデルチェンジ

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.