スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ラパン モデルチェンジ推移2019年6月13日

更新日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」の
安全装備を充実させて発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」を一部仕様変更し、安全装備を充実させて6月17日より発売する。

今回一部仕様変更を行なった「アルト ラパン」は、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させ、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを全車に標準装備した。

経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」※1、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」※2に該当する。

あわせて、Xにはカジュアルな「キャメル」と華やかな「スカーレット」の2種類から選べるシート表皮を設定した。

※1 被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車。略称・サポカー)のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。
※2 安全運転サポート車の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する乗用車の衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を有していることを国土交通省に認定された車。

販売目標台数(月間) 4,000台

「アルト ラパン」一部仕様変更車の主な特長

●予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させて標準装備
デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、標識認識機能[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]を搭載。
後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載。
●シート表皮を変更
「キャメル」と「スカーレット」の2種類から選べるシート表皮を設定。(X)
●快適装備を充実
オートライトシステムを採用。(G、L)
運転席シートヒーター(G 2WD車)、助手席シートヒーター(G 4WD車)を採用。

・価格(消費税込み)

1,107,000-1,514,160円

スズキ アルトラパン

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.