ラパンのレポート

スズキ ラパン購入記!ラパン値引きレポート-グッピーさん

投稿日:

アイキャッチ画像

ラパンの購入データ

契約日
2009年12月20日
ネーム 年齢 性別
グッピー/40代後半/男性
商談地
東京都
購入グレード
アルトラパン X
メーカー
オプション
--
ディーラー
オプション
他装備付属品
フロアマット、ドアバイザー、リモート格納ミラー、オートミラーコントローラー、コーナーポール ディーラーオプション
オプション総額
72,767円
車庫証明
カット
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
160,787円
オプションからの値引き額
0円
無料サービス品名と総額
廃車代 15,000円
車庫証明代行費用 6,825円
納車費用 8,400円
30,225 円
値引き合計額
191,012円 値引き合計
購入総額
(下取り分含まず)
1,200,000円
下取り車
--
下取り車の価格
--
下取り車の売却先
-- (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

現有車(妻使用の三菱ミニカ)の15年目の車検を2010年3月に控え、2009年5月から買い替えを検討。

条件は山坂の多い自宅周辺環境からCVT必須、タワーパーキングに入るサイズを前提に健闘を開始しました。

第一候補はデザイン性でスズキのラパン。しかしCVT搭載グレードは価格が見合わず(予算100万円、補助金前提で総額112.5万円が限界)、ダイハツ・ミラ、スバル・R2にターゲットを絞り交渉。

R2は記念モデルで総額94万円を出していただいたが、室内の狭さと視界の悪さでやむなく断念。ミラはERモデルが発売になり射程圏内で第一候補となるが、デザインで妻がいまいち決めかねている矢先、ダイハツ・ココアが発売。

妻は一目ぼれ状態で買う気満々。試乗もし気に入ったがやはり価格的に手が届かず。発売間際とあって値引きも渋い(3万が限界)。
とりあえず車検まで時間があるのと、スズキ・アルトのFMCが12月に控えているので、その状況を見ることでしばし休戦。

12月中旬、アルト発表後いよいよ交渉本格化。

まずアルトはデザインのつまらなさ、内装のチープさで却下。

ミラER、ココア、ラパンが最終選考に残る。

第一候補のココアXCVT、発売から3ヶ月が過ぎたがかなり強気。オプション込みで6万円が限界(3件回った系列の違うダイハツでの最大値引き)。予算から10万円以上オーバー。

(とにかくダイハツの強気姿勢には参りました。ココアの売れ行きにかなりの自信があるようです)

第二候補のラパンXCVT。3件回った系列で唯一要望を受け入れてくれた販売店とつめの交渉。

当初本体から10.5万円、オプションから2.5万円が限界でしたが、粘って総額112.5万円になるように交渉。結果的に親身な営業さんの努力のおかげで目標額でラパンと契約できました。

総額120万円のうち、DOPが7.3万円。結果本体のみ112.7万円で契約ということになります。

総額120万円に計上されていない車庫証明代行、納車費用、現有車の廃車費用はすべてサービスです。

それらを含めると、約19万円の値引きとなります(注文書上は160,787円の値引き)。

予算内での希望車種購入となり、大満足です。

こちらも参考に!ラパンを安く買う簡単値引き交渉術

-ラパンのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.