※記事内に広告が含まれています。

スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル レヴォーグレイバック モデルチェンジ推移2023年10月25日

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

SUBARU 新型SUV「レヴォーグ レイバック」を発表
~高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を標準装備~

SUBARUは、本日2023年10月25日に「レヴォーグ レイバック」を発表しました。

新型SUV「レヴォーグ レイバック」は、「レヴォーグ」が持つ先進安全・スポーティ・ワゴン価値の3つの価値に加え、SUVの価値である自在性と、上質さを兼ね備えた、SUBARUの豊富なSUVラインアップの中で、唯一無二の存在となるSUVとして、日本市場向けに新たに開発したモデルです。

レヴォーグ レイバックは、先進安全装備として、ステレオカメラに加えて広角単眼カメラを搭載した新世代アイサイトを採用。また渋滞時ハンズオフアシストやアクティブレーンチェンジアシストといった、ドライバーの運転負荷を軽減する機能を装備した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を標準装備することで、セーフティドライビングを実現しています。
動的質感においては、最低地上高200mm確保によるSUVならではの高い走破性と、様々なシーンで思いのままに操れる力強くスポーティな走りを両立させつつ、高い静粛性と快適な乗り心地を実現しました。さらに、豊かな存在感を放つスタイリッシュなエクステリアデザインと、空間を豊かに彩るインテリアが、乗るたびにドライバーへ「ゆとりとくつろぎ」をもたらします。

<SUBARUオフィシャルWebサイト レヴォーグ レイバック>
https://www.subaru.jp/levorg/layback/

【レヴォーグ レイバックの主な特長】
<エクステリアデザイン>
ベースとなるレヴォーグの引き締まった凛とした佇まいを、豊かでおおらかに包み込む、「凛と包」をデザインコンセプトとして、これまでのSUBARU SUVラインアップが持つ「ラギットさ」とは異なる独自の世界観を表現し、豊かな存在感を放つ上質なスタイルを実現しました。

・フロントビュー
パーツごとではなく、ひとつの大きな立体としてデザイン構成することにより、「豊かさ」「おおらかさ」を表現。ヘッドランプまでつながる伸びやかなウイングを持つフロントグリルとフロントバンパーを一体感のある造形とすることで、フロントマスク全体をゆとりあるデザインに仕上げました。

・サイドビュー
縦方向の厚みがSUVらしい存在感のあるシルエットを、包み込むようなサイドクラッディングとシャープなスポークをもつホイールと組み合わせることで、洗練されたデザインに仕立てました。

・リヤビュー
ボディとクラッディング(樹脂部)のバランスを最適化することで、ボディの厚みと躍動感を両立しました。

・ボディカラー
新色のアステロイドグレー・パールを含む、全7色のボディカラーを設定しました。

<インテリアデザイン>
表皮にアッシュカラーを取り入れることでブラックとのコントラストを際立たせるとともに、カッパーステッチをアクセントとし、彩りのある華やかなインテリアに仕上げました。

・シート
フロントシート形状やクッションをレヴォーグ レイバック専用に最適化することで、高いホールド性と快適な座り心地を両立。また着座位置の高いSUVでもスムーズに乗り降りできるよう、座面サイド部の高さを抑えました。
<パッケージング&ユーティリティ>

・荷室スペース
VDA法で561Lの大容量スペースを確保(カーゴフロアボード上部:492L、サブトランク:69L)するとともに、4:2:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自由に拡張することで、大きな荷物や長尺物の搭載も可能。また、ハンズフリーオープンパワーリヤゲートを搭載することで、両手がふさがっている時でも体の一部を六連星オーナメントに近づけることでリヤゲートが自動で開き、スマートに荷室へアクセスすることができます。

・マルチメディアシステム
11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを採用。また、12.3インチフル液晶メーター上にApple Carplay*2の地図アプリ情報を表示できるようにし、利便性を高めました。

・ハーマンカードンサウンドシステム
ハーマンカードンサウンドシステムを標準装備。専用チューニングを施すことで、レヴォーグ レイバックにふさわしい、上質で臨場感のある音響空間を実現しました。

<動的質感>

・1.8L DOHC 直噴ターボ “DIT”
日常での扱いやすさを重視し、低回転域から300N・mの高トルクを発生。アクセルを踏み込むとしっかりとした加速感が得られ、高速道路上での合流や追い越しなども気持ち良く行えます。少ない燃料でより多くのエネルギーを生み出すリーン燃焼などの採用により、優れた環境性能も実現。

・225/55R18オールシーズンタイヤ
高いボディ剛性・遮音性・吸音性・制振性に加え、不快な振動や車内への騒音も抑える大径オールシーズンタイヤを採用することで優れた静粛性を実現しました。

・2ピニオン電動パワーステアリングシステム
レヴォーグ レイバック専用チューニングを実施。SUVながらも滑らかでリニアなトルク伝達を可能とし、ダイレクトで自然な操舵感を実現するとともに、応答遅れの無いスポーティなステアリングフィールを実現しました。

・フルインナーフレーム構造&サスペンションシステム
ボディ全体の骨格部材を強固に組み立ててから、外板パネルを溶接する「フルインナーフレーム構造」を採用。ボディの高剛性化と軽量化により、路面からの振動の収束性を高めています。またサスペンションシステムは、路面からの入力に対してスムーズに動く足回りに造り上げ、SUVとしての走破性を確保しながらも、意のままの走りを支える優れた操縦安定性としなやかで快適な乗り心地を実現しています。

<安全性能>

・新世代アイサイト
ステレオカメラに加えて広角単眼カメラを搭載した新世代アイサイトを装備し、プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大しました。

・アイサイトX(エックス)
高度運転支援システムアイサイトX(エックス)を標準装備。一定の条件を満たした自動車専用道路において、GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と、車線単位の道路情報を持つ3D高精度地図データを組み合わせることで、自車位置を正確に把握。渋滞時ハンズオフアシストやアクティブレーンチェンジアシストといった、ドライバーの運転負荷を軽減する機能を装備することで、快適なロングドライブをサポートします。

・デジタルマルチビューモニター(SUBARU初となるAUTOモードを搭載)
デジタルマルチビューモニター機能に4つのカメラから取り込んだ映像を合成して車両周囲360°映し出す3Dビュー表示や、車速15km/h未満時に自動でフロントビューとトップビューを表示するAUTOモードを加え、死角を減らすことで安全性能を高めました。

・SUBARU STARLINK
重大な事故や車両故障が起こってしまった場合に24時間365日コールセンターとつながるコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」に対応。新機能として、スマートフォンアプリでのリモートエアコンを追加しました。

レヴォーグレイバックの諸元

【販売計画】月販1,300台

・価格(消費税込み)

3,993,000円

スバル レヴォーグレイバック

スバル レヴォーグのモデルチェンジ推移と履歴の一覧と今後の予想

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2023 All Rights Reserved.