レガシィの評価集

レガシィの走りはどんな感じ?

レガシィの走りはどんな感じ?

スバルから販売されているクロスオーバーSUV車がレガシィアウトバックで、最低地上高を200mmに設定しているのが大きな特徴となっております。

「フラッグシップに相応しい走りの質感」というキャッチコピーの自動車で、新型になって走行性能も格段にアップしました。

以下では、レガシィアウトバックがどのような走行性能を秘めているのかご説明しているので、一度確認してみましょう。

  • 2.5リッターの自然吸気エンジン1本の設定で、キビキビとした走りを見せてくれる
  • 新世代BOXERエンジンで全性能を磨き上げており、燃費やレスポンスが向上している
  • エンジンの改良によって低回転時の燃焼効率が上がっており、同時に加速性能も向上している
  • 軽量化を図ってコンパクトなサイズとなり、低重心な構造によってスポーティーなハンドリングが得られる
  • 変速機のトランスミッションとして新リニアトロニックを採用しており、アクセルを踏み込むと自動的に切り替わってエンジン回転が伸びる

上記のように、加速性能やレスポンスの面でレガシィアウトバックは進化を遂げており、坂道でも力不足を感じることはありません。

特に、ハンドリングの改善が注目のポイントで、旧型のレガシィアウトバックはステアリングギア比が16:1だったのに対し、新型では14:1と小回りが効く仕様になっております。

決して安い価格ではないものの、購入して良かったと感じている方が多いのは事実です。

レガシィアウトバックの走り具合について

このページでは、レガシィアウトバックの走り具合に関する口コミの評価をまとめております。

試乗してみた方がどのように感じているのか確かめてみましょう。

  • ハンドリングが軽いので自然感覚で走行できるところが良い
  • 車高が低く風抵抗もないので走行安定性はかなり高い
  • 燃費に関しては良くもなく悪くもなくといったところ
  • ロールが上手く抑えられているので走り慣れたコーナーではついついスピードを出してしまう
  • スポーツならば満足のいく加速が可能
  • マニュアルのディーゼルから乗り換えたから少しトルク不足を感じた
  • 悪路も十分に走破できる性能をレガシィアウトバックは持っている
  • ハンドル操作は少々クイック過ぎる感じがした
  • 運転支援システムのアイサイトは素晴らしくこれ無しでは運転は考えられない

新型になって新しいシステムが取り入れられ、走り具合に関して満足している口コミが多いという印象を受けました。

ハンドリングが効きすぎると意見していた方も多かったものの、走っているうちに少しずつ慣れていくはずです。

レガシィアウトバックを安く買うなら、当サイトのレガシィ値引き交渉マニュアルをご参考ください!

レガシィアウトバックのエンジンスペック

エンジンスペック
※レガシィアウトバック 出典subaru.jp

スバル発表のレガシィアウトバックのエンジンスペックです。

排気量 2498cc
最高出力 129KW[175PS]/5,800rpm
最大トルク 235N・m[24.0kgf・m]/4,000rpm
燃費 14.6km/L

レガシィアウトバックの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレガシィ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレガシィを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のレガシィの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レガシィ値引き交渉マニュアル

-レガシィの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.