スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル レガシィ モデルチェンジ推移2003年10月22日

更新日:

スバルニュースリリースより

-----

スバル レガシィ アウトバックを発売

富士重工業 (竹中 恭二社長)は、スバル レガシィシリーズに「アウトバック」を設定し、本日より全国スバル特約店を通じ発売する。

今回発売する「アウトバック」は、ツーリングワゴンの洗練されたスポーティなエクステリアを活かしながら、専用のフロント&リヤバンパー、オーバーフェンダー、サイドクラッティングなどを採用し、アウトバック独自の力強さ、存在感を表現。また、最低地上高を200mmに設定し、ラフロードにおける走破性と、ツーリングワゴンゆずりのオンロードにおける優れた走行性能を両立した「クロスオーバースポーツ」をコンセプトとして新たに提唱するものである。

富士重工業は1995年、「大地と調和する走り味」をコンセプトとする「グランドワゴン(海外名:アウトバック)」を発売。その後1997年には名称を「ランカスター」に変更し、独自の位置付けを持つモデルとして熟成を図り、既存のカテゴリーを越えるクロスオーバービークルの先駆けとして、北米や豪州で高い評価を獲得してきた。

なお今回、これまでのランカスターの名称を全世界統一の「アウトバック」に改称する。また「アウトバック」の追加により、2003年5月に発売したツーリングワゴン、B4と合わせたレガシィシリーズが完成し、「レガシィならではの走り」を味わうことができるフィールドをさらに拡大するものである。

レガシィアウトバック発売

【商品の主な内容】

1.エクステリア/インテリア
・ ・ アウトバック専用のフロントグリル、フロント・リヤバンパー、フロントフード、オーバーフェンダー、サイドクラッティングなどを採用し、クロスオーバースポーツに相応しい力強さと独自の存在感を表現。
・ ・ 従来型の断面形状を継承したアウトバック専用のルーフレールを採用。
・ ・ インテリアには、アッパー部にオフブラック、ロワー部にアイボリー色を配した「アイボリーレザーセレクション」を設定し、適度なタイト感と開放感を調和させ、上質な室内空間を実現。(メーカー装着オプション)。
・ ・ ボディカラーには、レガシィシリーズ共通の4色に加え、2トーンカラーを含むアウトバック専用の2色を新たに設定。
・ ・ 3.0Rには、ステアリングスポーク部にオーディオリモートコントロールスイッチを装備するMOMO社製本革巻ステアリングを採用。
・ ・ 3.0Rに、リヤゲートクローズ時にゲートをハーフロックの位置まで下げると、自動的にフルロック位置まで引き込むリヤゲートオートクロージャーを採用。
・ ・ アウトバック専用の17インチアルミホイール&215/55R17オールシーズンタイヤを採用。

2.エンジン
・ ・ 新触媒の採用や燃焼制御の最適化などにより、排出ガス浄化性能を高め、全車とも超-低排出ガス車[平成12年基準排出ガス75%低減レベル(U-LEV)]に認定。

<3.0L水平対向6気筒DOHC24バルブ>
・ ・ 吸気バルブにAVCS(可変バルブタイミング)を採用し、走行状況に応じてバルブ開閉タイミングを連続的に変化させることで、高出力化と排出ガス浄化性能を両立。
・ ・ 吸気バルブにダイレクト可変バルブリフトを採用。走行状況に応じて2つの吸気バルブのリフト量を個別に変化させることで、低回転域から高回転域まで優れた出力特性を実現。
・ ・ 独立3ポート式エキゾーストマニホールドの採用により、排気効率を高め出力を向上。
・ ・ エキゾーストマニホールドを二重構造として排出ガスの温度低下を防ぎ、触媒の早期活性化を促進するとともに、AVCSによるバルブ開閉タイミングの最適化などと合わせて、優れた排出ガス浄化性能を実現。
・ ・ エンジン各部の軽量化、高効率化などを図ることで、3.0Lクラスの自然吸気エンジンとしてトップクラスの10・15モード燃費11.6km/Lを実現。
・ ・ 樹脂製インテークマニホールドを採用し、軽量化、低重心化を図るとともに、流路内の平滑性を高めて吸気効率を向上。
・ ・ 大型エンジンカバーを採用し、エンジンの静粛性を高めるとともに水平対向6気筒エンジンの存在感を強調。

<2.5L水平対向4気筒SOHC16バルブ>
・ ・ 新形状インテークマニホールドの採用により、吸気効率を向上。
・ ・ 等長等爆エキゾーストシステムの採用により、全域で扱いやすいトルク特性を実現。
・ ・ インテークマニホールド下部へのタンブルジェネレーションバルブの採用により燃焼効率を高め、優れた排出ガス浄化性能を実現。
・ ・ 無鉛レギュラーガソリン仕様とし、実用性と経済性を両立。
・ ・ エンジン各部の軽量化、高効率化などを図ることで、2.5Lクラスの自然吸気エンジンとしてトップレベルの10・15モード燃費13.0km/Lを実現。

3.シャシー/ドライブトレーン

・ ・ 最低地上高を200mmに設定した専用シャシーを採用し、オンロードからラフロードまであらゆる路面で高い走行性能と安定感、信頼感に支えられたスポーティな走りを実現。
・ ・ リヤサスペンションに、乗員数や積載状態を問わず常に車高を一定に維持するセルフレベリングサスペンションを採用。
・ ・ Symmetrical AWD(All Wheel Drive)システムは、3.0RにVTD(バリアブル・トルク・ディストリビューション)-AWD、2.5iにアクティブ・トルク・スプリットAWDを採用。
・ ・ 3.0RにVDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)をメーカー装着オプションで設定。
・ ・ トランスミッションは、3.0RにスポーツシフトE-5AT、2.5iにスポーツシフトE-4ATを採用。
・ ・ Info-ECOモードの採用により、省燃費モードでの走行が可能。

【販売計画】
・   シリーズ全体で6,000台/月

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.