スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル レガシィ モデルチェンジ推移2016年9月8日-3

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

スバル レガシィ アウトバック/B4 を改良

富士重工業は、レガシィ アウトバック/B4に改良を施し、2016年10月3日より発売します。

今回の改良では、車線中央維持機能(アイサイト(ver.3))の追加によりロングドライブでの負担を軽減、ステアリングヒーターを標準仕様とし冬期や寒冷地での快適性を向上することで、グランドツーリング性能を更に進化させました。また、新色「オークブラウン・パール」をアウトバックに追加し、スバルのフラッグシップモデルとしての価値を高めました。

併せて、特別仕様車 「LEGACY OUTBACK X-ADVANCE (エックスアドバンス)」及び「LEGACY B4 SporVita (スポルヴィータ)」を設定します。

【主な商品特徴】

・車線中央維持機能(アイサイト(ver.3))
レヴォーグ、WRX S4に続き車線中央維持機能を新たに搭載。 併せて、アクティブレーンキープ機能の作動速度を従来の65km/h以上から60km/h以上に拡大しました。

・ステアリングヒーター
10分でおよそ38度まで温まった後、タイマー機能により約30分後に自動的にオフとなります。

・新ボディカラー 「オークブラウン・パール」の追加 (アウトバック専用色)

【販売計画】
月販 800台 (内訳: レガシィ アウトバック 月販600台 / レガシィ B4 月販200台)

・価格(消費税込み)

レガシィアウトバック

3,207,600-3,477,600円

レガシィB4

2,937,600-3,153,600円

レガシィの一部改良

スバル レガシィのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.