レガシィのレポート

レガシィ購入記!レガシィ値引きレポート-雪山さん

アイキャッチ画像

レガシィの購入データ

契約日
平成24年1月
ネーム 年齢 性別
雪山/40代前半/男性
商談地
山形県
購入グレード
レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-スポーツ
メーカー
オプション
Gパッケージ
ディーラー
オプション
他装備付属品
ベースキット、カーゴトレーマット、リモコンエンジンスターター、ウルトラグラスコーティング、エアロブレード、ウィンターブレード、ナビ取り付けキットおよび費用
オプション総額
326,800円
車庫証明
計上
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
200,000円
オプションからの値引き額
181,862円
無料サービス品名と総額
(試乗車で使用した中古の)スタッドレスタイヤ&ホイールセット、カタログギフト5万円分

約100,000円

値引き合計額
481,862円
購入総額
(下取り分含まず)
2,930,000円
下取り車
トヨタ スパシオ 1500cc H13年式 122,000km シルバー MT
下取り車の価格
20,000円
下取り車の売却先
ディーラー (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

これまで愛用していたスパシオを乗り込むこと10年。仕事で長距離を乗ることがしばしばあり、総計12万2千㎞も走ったことでいろいろ不具合が生じ、この度買い換えようと決心した。

冬に長距離を走ることが多くしかも山道を行くことがほとんどなのでこれまで幾度となく困った経験から四駆は必須条件とし、いろいろ悩んだ末レガシィ、フォレスター、ヴァンガード、CR-Vに絞った。

 

《まず試乗》

これまでレガシィだけが運転経験があり、その運転のしやすさは分かっていたので他の車を試乗しようと試みる。

レガシィ以外はいわゆるSUVで車高が高くそのアイポイントの高さは非常に魅力的であったのだが、乗る前にカタログなどで燃費やデザインなどをチェック。

その結果、結局自分の中でレガシィが一番だということになり、狙いを定めた。

 

《交渉①スバル》

11月下旬、スバルのディーラーに行き、とりあえずレガシィ 2.5iアイサイトで、必要だと思われるオプションをつけ見積もりをとる。

この時は乗りあがりで総額360万円ほどに。「おお、これは厳し過ぎる。もう少し頑張って。」と言い、店を出て返事を待った。

 

《交渉②トヨタ》

しかしその後、待てど暮らせど一向にディーラーからの連絡はなし。乗りたいのはレガシィだが、ヴァンガードを対抗馬として見ていたので一度見積もりをとってみようと、スバルディーラーの対応の悪さに業を煮やしたこともあり、12月下旬にトヨタディーラーへ。

340万という見積もりに「高すぎて無理!」というと、新春わがままカーニバルが年明け最初の週末にあり、そこでだとだいぶ勉強しますということだったので、それまで待つことに。

 

《交渉③スバル》

それならスバルも同じようなイベントをやるだろうと、再度スバルへ。その時に先日の見積もり後に何の連絡もしてこなかった対応に憤慨したと伝えようと思っていたら、今度応対した営業マンが何と顔見知りだったため、角を立てずにその事を話す。するとしきりに平謝りされ、立場的にやや優位になった気がした。

そこでその営業マンを相手に二度目の商談に入ったが、やはりスバルも新春イベントをするということで、「その時にはお詫び分も含め大サービスします!」という答えをもらい、年越しを楽しみにして待っていた。

 

《交渉④トヨタ》

まず、トヨタ。新春イベントでどこまでサービスしてくれるか期待していったのだが…

意外というか肩すかしをされたように、「オプションからしか大きな値引きができないことになってまして…」と。

ヴァンガード240S Gパッケージ 5人乗り 4WDで325万ほど。かなり粘ったがそれ以上はムリだと言われ、翌日に行こうと思っていたスバルにそのまま直行。

 

《交渉⑤スバル》

すると新春イベントで、アイサイトB-SPORT Gパッケージが最初からかなりお得な設定で出されていた。

ベースキット、コーティング(防錆加工)、ワイパーを含め約255万。これはお買い得だとこの車種に狙いを定め、交渉開始。

ナビは自分で別に買える伝があるため、その工賃やその他のオプション、スタッドレスホイールセットをつけて乗りあがり340万となる。「え~、何かお買い得感なくなっちゃったな~。いったん帰りますわ」というと、「あの、もしこのイベント中に決めてくれるならもっと頑張ります!」という言葉を受け、翌日へ。

 

《交渉⑥スバル》

やはりレガシィに乗りたいという気持ちが強く、らちのあかないトヨタはあきらめスバル一本に。翌日2回目の交渉。

最初から「タイヤいりません」と伝える。ネットでかなり安く手に入るからという理由と値段を話すと「…その価格ではちょっとムリです」と。それで他のオプションのまま値引き交渉をしてこれで約310万。

ぼそっと「まだ高いなあ…」。すると、「私が買ったものなんですが、試乗車のタイヤセットをあげたいと思いますが、いかがでしょうか?」と!これがお詫びサービス1つ目。

さらに、「このイベント期間中に決めたいんだけど、何とか300(万)きれないかなあ」とボソッと。すると上にかけあってくれ、本当は来月やる10万円キャッシュバックキャンペーンを前倒ししてもらえることになり、これで300万。

かなりの好感触。そこから粘りに粘って、お詫びサービス②としてさらにオプションから2万円値引きを引出し、298万。

これでハンコを押した。

 

ただ、中古とはいえ山が9割ほど残った上質なブリザックレボ2アルミセットとカタログギフト5万円分がついてだから、とてもいい買い物だと自分では思っている。

しかし、山形のカーディーラーは、車両本体からの値引きがあまりないのは残念というか他県の20~30万値引きという事例はうらやましく思える。

でも結果オーライです、自分が納得してますから。

レガシィに乗れる日が待ち遠しいです。

こちらも参考に!レガシィを安く買う簡単購入術

-レガシィのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.