レガシィのレポート

レガシィ購入記!レガシィ値引きレポート-スバリスト88さん

アイキャッチ画像

レガシィの購入データ

契約日
2012年2月16日
ネーム 年齢 性別
スバリスト88/50代/男性
商談地
愛知県
購入グレード
レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-スポーツGパッケージ
メーカー
オプション
ディーラー
オプション
他装備付属品
ガラスコーティング、リアビューカメラ、ETC一式、HDDサイバーナビ、メッキドアハンドル、ボディサイドモール、ベーシキット、セキュリティインパクトセンサー、タッチアップペイント2本、保証延長
他に、点検パック5年、希望ナンバーを付属
オプション総額
585,000円
車庫証明
計上
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
299,486円
オプションからの値引き額
100,867円
無料サービス品名と総額
--
値引き合計額
400,353円
購入総額
(下取り分含まず)
3,298,920円
下取り車
スバル レガシィツーリングワゴンGT 2000cc 2001年式 80,000km シルバー AT
下取り車の価格
100,000円
下取り車の売却先
ディーラー (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

約4年前に7年落ちで買ったレガシーツーリングワゴン。

人生1度くらいはスポーツカーに乗ってみたいけど、実用性も捨てきれず、選んだのはGTーB E-tuneⅡ ツインターボ280馬力のエンジン、ビルシュタインサスで、車検2年付き60万で購入。

さすがに鋭い加速で、まだまだ絶好調の車体でしたが、さすがの高燃費。10年を超えて次の車検を8月に控えてどうするか・・・

我が家の財務省の意向、決算期、エコカー減税・補助金に加え、恒例のキャッシュバックセールなど生かせるものは最大限に生かせれば・・・ということで、新車購入を前提に交渉スタート。

ハイブリッドも検討したが、居住性や荷室の大きさそして、アイサイトが決め手となって、連続してレガシー・アウトバックに絞ってスバルの販売店へ

市内のスバルA販売店に行ったのは1月中旬

新春セールのようだが、店内に入っても声を掛けられることもなく、パンフレットやプライスリストを取っただけで退散。この対応には幻滅。

2月気持ちを新たに隣の市に遠征。

同系列のB販売店に行って見積もりを依頼。納車は3月に間に合うとのこと。レガシーツーリングワゴンとアウトバックの見積もりをもらう。車両本体値引きは5万。

その足で、再びA販売店へ。今回の対応は・・・店に着くなり、おじさんが親切に対応。

セールでお助けに来ているそうでしたが、自分の会社じゃないからか、色々と教えてくれました。ただし、金額的なことは営業マンでないと出せないということでバトンタッチ。

さわやかな若者が対応。見積もりはB店と同じものを要求。最初から10万値引き。嫁さんは、この前の苛立ちから、態度を急に変えて、ここで決めればなどと信じれない感じ。

50代になって、せこい商談はしたくないし、でもできるだけ出費は抑えたい。作戦は、2店に絞って商談。安い方で決めたいけど、ほぼ同じなら、勝手のいい市内A店で購入。

欲を言えばアウトバックが希望。ただ、総額は300程度。アイサイトは必須。ナビ・ETCはもちろん。できるだけかっこよく決めたい。減税や補助金も条件に入る。

そして、最終的に狙いを決めたのが、「レガシーツーリングワゴン 2.5iアイサイト Bスポーツ Gパッケージ」かっこいい装備がついて75%減税、補助金の対象車。あとは総額の問題。

レガシーツーリングワゴンなら32万引きが目標であることは、調査済み。

下取り車の絶好調GTですが、もうすぐ11年。高燃費で、下取り店でもさほど値はつかないと判断。なんせ、4年前に45万の車両ですので、いくら好調といっても、期待はできないでしょう。

それに下取り店は、即入庫が条件でしょうし、スバルからは10万下取り保証。ん~ボロ車でも10万、絶好調でも10万か~とは思いましたが、ここは10万をありがたく受け入れました。

税金の問題もあるし、任意保険もスムーズに移行したいので、ディーラーで決定しました。

3月納車のためには、2月中旬が限界との話で、翌週、再度出陣。まずは市内A店。

さわやかな青年営業マンが担当。他店でも交渉中を伝え、お互いの見積書を出して値引き交渉はしないことを宣言。(決定までの時間や、何度も出向く時間ががないので、一気に高額を引き出したいから・・・)

本体値引き15万を提示。用品から10万。今決めてくれるなら、店長に掛け合って端数を何とかすると言ってくれましたが、ここは冷静に。上乗せ7万余りが限界か・・・これは目標額とかなりの差がある。当然B店へ。

B店へ向かう車中。嫁さんはA店の提示が以前のB店の提示と大きな差があるし、営業マンがいい人だし、店は近いし、もう決めたら・・・と言い出したが、B店へ。

B店の営業マンも若者でいい感じの人。

A店に行ってきたことも伝えた。A店の当然見積額は出さずに交渉。同じ提示では、近い方が有利なのは感じていたので、営業マンはいきなり店長に相談してきた限界額を提示してきました。

「この見積書は店外持ち出し禁止です。これで決めて下さい。」値引き額は大幅アップの本体約30万、用品10万。ここでも即決はしないで、2・3日中に決めます。と伝えて帰宅。

A店へ行って、無理を言えば、ほぼ同じ額が出たかも知れませんが、ここは最初からの方針にそって、B店に決定。

A店のさわやかな営業マンには、感謝の意を伝え、金額にかなりの差があったことからB店に決めたことを電話で伝えました。機会があれば、お世話になりたい営業さんでした。

B店の営業マンに伝え、契約日の予約を取りました。

結局、車両本体から約30万、用品10万(用品からはもう少し値引きが欲しかったが、粘り負け)でも、グレードによっては付かない取得税減税約9.12万(75%)、重量税減税4.5万(75%)、自動車税減税2.25万(50%)に加え、下取り車10万、そしてスバルのキャッシュバック10万、エコカー補助金が10万があとからくることを考えると、11年目の下取り車込みで、減額約85万。

支払いは、318.5万で、後から20万戻ることを合算すると、300を切る額で決定。3月初旬に登録。中旬納車で行けました。アウトバックには、ちょっと後ろ髪引かれますが、支払額はかなりの差が出ることは必至。ここは納得で、久しぶりの新車の愛車決定です。これで、スバリストの一員かな?アイサイトを生かして、ドライブを楽しみたいです。

この内容を昨年夏にレガシーを買った同僚に話したら、とってもうらやましがられました。

こちらも参考に!レガシィを安く買う簡単購入術

-レガシィのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.