スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル レヴォーグ モデルチェンジ推移2021年11月25日

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

SUBARU 「レヴォーグ」一部改良モデルを発表
~新開発2.4L直噴ターボ“DIT”エンジン搭載グレード「STI Sport R」を新設定~

SUBARUは、本日2021年11月25日に「レヴォーグ」一部改良モデルを発表しました。

「レヴォーグ」は、SUBARUに脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承。そのうえで、SUBARUの最新技術を結集し、「先進安全」、「スポーティ」、「ワゴン価値」の3つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴンです。

今回の改良では、サンルーフをメーカー装着オプション*1として新たに設定。従来型から開口面積を拡大し、さらなる開放感が味わえます。パワーリヤゲートは、車内からドアロック*2している状態でも運転席スイッチでの開閉操作が可能となり、日常の使い勝手を向上しました。
安全面では、アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能により車線内で停車した際、全てのドアを自動で開錠し、非常時の車外からのアクセス・救出をスムーズに行えるようになりました。
また、ボディカラーには、よりスポーティな世界観を表現する「セラミックホワイト」、「サファイアブルー・パール」、「イグニッションレッド」を新たに設定しました。

さらに、ドライバーの意思に瞬時に応える応答性と加速性能が特徴の新開発2.4L直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」グレードも新たに追加しました。

新グレードSTI Sport Rは、圧倒的なパフォーマンスを発揮する2.4L直噴ターボエンジンの力強い加速感が高回転域まで途切れなく伸び続ける特性により、日常の扱いやすさはもちろん、スポーツドライビングも思いのままに愉しめます。さらに、このエンジンに合わせて開発した「スバルパフォーマンストランスミッション」を搭載。エンジンとトランスミッションのきめ細かな協調制御がもたらす素早い変速や操作に対する応答性の良さにより操る愉しさを深め、ドライバーの意思に忠実に応える新次元の走りを実現しました。

*1:GT-H/GT-H EX、STI Sport/STI Sport EX、STI Sport R/STI Sport R EXに設定
*2:車速/シフト連動ロック、集中ドアロック

<SUBARUオフィシャルwebサイト レヴォーグ>
https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

【レヴォーグ「STI Sport R」の主な特徴】

■エクステリア

・225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
・STI Sportフロントグリル
・STI Sportフロントバンパー(スカート部:メッキ加飾付)
・STIロゴ入り大型マフラーカッター(デュアル)

■インテリア

・本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ、高触感革、ピアノブラック調加飾パネル)
・本革巻シフトレバー(ピアノブラック調+ダークキャストメタリック加飾)

【販売計画】
月販 2,200台/月

・価格(消費税込み)

3,102,000-4,774,000円

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.