レヴォーグの値引き

総額はいくら?レヴォーグ1.6GT-S アイサイトの値引きと総支払額をシミュレーション

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトの値引きを含んだ見積もりシミュレーションです。

実際にレヴォーグ1.6 GT-S アイサイトを購入する場合、いくらくらいの値引きといくらくらいのリセールバリューになるのかシミュレーションしていきます。

人気グレードのレヴォーグ1.6 GT-S アイサイトを他のグレードと比較

グレード名レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトレヴォーグ1.6 GT
価格比較3,135,000円2,915,000円
1.6 GT-Sとの価格差+220,000円
装備比較専用18インチアルミ(ガンメタリック塗装+切削光輝)
専用18インチアルミホイール
17インチアルミ (ガンメタリック塗装 +切削光輝)
17インチアルミホイール
ビルシュタイン製ダンパー
ビルシュタイン製ダンパー
--
LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)+ステアリング連動ヘッドランプ
LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)+ ステアリング連動ヘッドランプ
LEDハイ&ロービームランプ(光輝タイプ)+ステアリング連動ヘッドランプ
LEDハイ&ロービームランプ
フロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)
フロントグリル
フロントグリル(ノーマル)
フロントグリル
本革巻ステアリングホイール(高触感革・ブルーステッチ)
本革巻ステアリングホイール(高触感革・ブルーステッチ)
本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
シート表皮ファブリック(ブルーステッチ)
シート表皮ファブリック(ブルーステッチ)
シート表皮ファブリック(シルバーステッチ)
シート表皮ファブリック(シルバーステッチ)
アルミパッド付スポーツメダル
アルミパッド付スポーツメダル
--
オートビークホールド(ブレーキホールド)
オートビークホールド(ブレーキホールド)
オートビークホールド(ブレーキホールド)
アクティブ・トルク・ベクタリング
アクティブ・トルク・ベクタリング
アクティブ・トルク・ベクタリング
アルミ調加飾パネル
アルミ調加飾パネル
--
キーレスアクセス&プッシュスタート
キーレスアクセス&プッシュスタート
キーレスアクセス&プッシュスタート

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトと、1.6GTの標準装備を比較してみました。

見た目部分で大きいのは1.6GT-Sではヘッドライトにブラックベゼル、グリルにブラック塗装が施されているのに対して、1.6GTでは通常の光輝タイプ、シルバー塗装がされています。

レヴォーグの価格帯になると、GT-SもGTも標準でキーレスアクセス&プッシュスタート式となっているので、キーを取り出す必要がなく大変便利ですね。

また両グレード共にアクティブ・トルク・ベクタリングが導入されており、コーナリング時の旋回性能を高め、より安全にコーナリングする事ができ、さらに危険回避性能も高まっています。

内装部分に関してはやはり上級グレード1.6GT‐Sアイサイトのほうが、細かい装飾など凝った造りとなっています。

さらに細かいことを言えば1.6 GT-Sアイサイトはシートステッチがブルーになっているのに対し、1.6GTではシルバーステッチとなっています。

1.6GT-Sには高触感の本革巻きステアリングホイール&シフトノブやスポーツ形状のシート、アルミパッド付のスポーツペダルなど、1.6GTと比べるとスポーティーな内装となっています。

ステアリングに施されるステッチも1.6GT-Sではブルー、1.6GTではシルバーと言った違いがあります。

インテリアにこだわりがある方ならアルミパッド付スポーツペダルなどポイントが高いかもしれませんね。

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトのエクステリア

エクステリア
※レヴォーグ 出典subaru.jp

レヴォーグ 1.6 GT-Sアイサイトのエクステリアです。

ボンネット上にあるインタークーラーを冷却するエアインテークが、一見してターボ車とわかるスポーティな雰囲気を出しています。

レガシィ-ツーリングワゴンから続くワゴンスタイルですが、随所に曲線が用いられ実用的なワゴンスタイルでありながら、かっこ良く乗れるデザインとなっています。

ホイールのデザインは、曲線が入る事により躍動感ある印象を与えますね。

エクステリア後面

レヴォーグ1.6GT-Sアイサイトのリア部分です。

リアウィンドウとリアクォーターウィンドウ、リヤゲートが濃色ウィンドウとなっており、見た目もシャープな印象です。

さらに適度にプライバシーも保てるので利便性も高いですね。

ウインドウ下のベルトラインとキャラクターラインは後方へ若干競り上がっており、実用的なワゴンのスタイリングをスタイリッシュに見せています。

また、標準装備のサイドシルスポイラーから繋がるリアバンパーへ繋がるラインがシャープなリアデザインをさりげなく際立たせています。

2本出しのマフラーもスポーティですね。

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトのインテリア

インパネ回り

レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイトのインテリアです。

運転席もスポーツカーを意識したつくりになっています。

高触感の本革巻きステアリングは握り心地も良くグリップも高いので、スポーツドライビングでも確実なステアリング操作が可能です。

ブルーのメーター照明やブルーステッチ、随所に施されたアルミ調加飾パネルがインテリアの雰囲気を盛り上げてくれます。

本革シート

上記の本革シートはメーカーオプションですが、本革シートにするとさらに高級感も出ます。

標準装備のシートはファブリック/トリコットなっておりますが、レヴォーグGT-Sではステッチカラーはブルーとなり、印象もスタイリッシュになります。

サイドシルプレート

フロント席にはスバルのロゴ入りのサイドシルプレートが標準で装備され、高級感があります。

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトのスポーツの実燃費は?

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトの平均実燃費 10.9km/L

カタログ燃費は16km/Lとなっております。

走行状況に左右されますが、流れの良い幹線道路や高速道路など、速度が安定していれば平均実燃費より高い実燃費が可能です。

ただし、エアコンの使用や市街地のストップ&ゴーが必要な走行状況では、平均燃費を下回るというユーザーの意見もあり、燃費重視の車ではありません。

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ライバル車たち

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトアテンザワゴン20S プロアクティブハリアー2.0 プレミアム
3,135,000円2,878,200円3,360,500円
アテンザワゴンに対して
+256,800円
----
ハリアーに対して
‐225,500円
----
1600ccターボ2000ccガソリン2000ccガソリン
18インチアルミホイール
(ガンメタリック塗装+切削光輝)
17インチアルミホイール18インチアルミホイール
LEDフロントフォグランプLEDフロントフォグランプLEDフロントフォグランプ
LEDリヤフォグランプ--

LEDリヤフォグランプ
(※MOP 寒冷地仕様選択時には自動付加)

本革巻きステアリングホイール
(ブルーステッチ)
本革巻きステアリング本革巻き3本スポークステアリングホイール
(レッドステッチ/ディンプル加工)
アクティブ・トルク・ベクタリングG-ベクタリング コントロール(GVC)S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)
車線逸脱抑制制御車線逸脱抑制制御車線逸脱抑制制御
アイサイト(プリクラッシュブレーキ/後退時自動ブレーキシステム)スマート・シティ・ブレーキサポート(後退時/AT誤発進抑制制御)
全車速追従機能付きクルーズコントロール定速型クルーズコントロール(※MOP追従型クルーズコントロール)全車速追従機能付きクルーズコントロール
USB電源(フロント2+リヤ2)----
6スピーカー4スピーカー

6スピーカー

スマートキースマートキースマートキー(カードキー付)

※MOP(メーカーオプション)

レヴォーグはステーションワゴンに分類されますが、レヴォーグと価格等で何とか競合するのはマツダのアテンザワゴン位しかありません。

トヨタにアベンシスのワゴン車がありますが、レヴォーグと競合するには弱いので、ジャンルは違いますが人気のSUV車、ハリアーを競合車としました。

レヴォーグはアテンザに対しては25万円ほど高くなりますが、ハリアーに対しては22万円ほど安くなっています。

標準安全装備ではアテンザとほとんど違いは見られず、その他装備に関してもホイールの大きさが違うくらいで大きな違いはありません。

レヴォーグの1600ccターボエンジンとアテンザの2000ccNAエンジンとの差はありますが、価格面では25万円ほどアテンザが安いので、その価格差を強調してレヴォーグ1.6GT-Sの値引き交渉をすると良いでしょう。

ただし、内装面と外装面では好みは分かれるでしょうが、レヴォーグの方がファンも多いです。

レヴォーグはスポーツカー好きのツボを押さえており、そこに惹かれる人も多いと思います。

走りに関してもレヴォーグはスバリストからの定評があり、根強い人気があるのは確かです。

レヴォーグ1.6GT-Sの値引き交渉に入るときは、まずは車の基本性能とライバル車であるアテンザとの標準安全装備を引き合いに出し、アテンザの方が安く買える事をアピールして目標金額の値引きまで近づけましょう。

ハリアーに対しては反対にレヴォーグの方が22万円安いですが、ハリアーはラグジュアリー感ある内装やデザインが好評でレヴォーグよりも販売台数が多い人気の車種です。

レヴォーグ1.6GT-Sの値引き交渉では一例ですが、オプションを追加してハリアーと価格で良い勝負になるように調整して「高級感あるハリアーが〇〇万円で買える。レヴォーグが同じくらいになればレヴォーグを検討したい」とやると効果的でしょう。

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトのリセールバリューは?

もしレヴォーグ1.6 GT-S アイサイトを購入したとして、売りに出すときはいくら位の値がつくのか、調べてみましょう。

※新車から3年落ちのレヴォーグ買取相場(1年1万キロ平均として)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
1.6GT-S アイサイト313.5万円229万円74.3%78.8万円
1.6GT アイサイト291.5万円220万円77.8%62.9万円
2.0GT-S アイサイト368.5万円252万円70.0%110万円

レヴォーグ1.6GT-S アイサイトはリセールバリューが74, 3%と中古車市場でもかなり良いリセールで取引されています。

さらに1.6GT アイサイトは1.6GT Sアイサイトに比べグレードは落ちますが、中古車市場でのリセールバリューは77%と高くなっており、差額も3年落ちで63万円とかなり少額なロスで済んでいます。

逆に同じレヴォーグの中でも2.0GT Sアイサイトは新車価格も高額ですが、中古車市場では新車価格が高い割にはレヴォーグの中ではリセールバリューが最も低いので売却時の差額も多く、リセールを気にするなら慎重に検討したい所です。

それでも3年落ちの平均のリセールバリューが50%~55%と言われる中古車市場の中でレヴォーグの70%台はかなり良い数字と言えます。

レヴォーグ1.6GT S アイサイトの値引き後の総支払額は?

レヴォーグの見積もり

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトの値引きと諸費用を全て含んだ、総支払額の見積りシミュレーションを紹介します。

オプション無しの最安での値引き新車見積もり

グレード名レヴォーグ1.6 GT-S アイサイト
車両本体価格3,135,000円
メーカーオプション価格0円
(MOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
(DOP品名)--
諸費用196,820円
目標値引き▲220,000円
オプション値引き--
支払総額3,111,820円

たとえば、メーカーオプションもディーラーオプションも全く付けない状態ですと、目標値引きを達成できたとして、3,054,820円で購入することができます。

ただし、オプションを全く付けずに車本体だけの購入では現実的ではないので、いくつかオプションを付けてみた場合の値段を見てみましょう。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット12,830円36,180円
ドアバイザー12,960円18,360円
ETC2.017,800円36,504円
ドライブレコーダー12,800円49,680円
カーナビ89,580円176,040円

最低限の装備の中でもネットで揃えてみると必要出費を抑えることができます。

とくにカーナビはネット通販だとかなり価格を抑えることができ、ドライブレコーダーも純正のものと比べると3万円以上も安く購入できるので、ネットショップを利用して購入検討してみるのも良いのではないでしょうか。

以上の商品はネット通販の楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだ値引き見積もり(ディーラーオプションとメーカーオプションの違い。

おすすめオプション値引き見積もり

グレード名レヴォーグ1.6GT-S アイサイト
車両本体価格3,135,000円
メーカーオプション価格32,400円
(MO品名)クリスタルホワイト・パール
ディーラーオプション価格(工賃込)362,340円
(DO品名)ETC2.0、カロッツェリア楽ナビ、リヤビューカメラキット、ベースキット
諸費用197,520円
目標値引き▲220,000円
オプション値引き
(30%引き)
▲108,702円
支払総額3,398,558円

オススメのオプションを含んだ、レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトの値引きを含んだ見積もりシミュレーションです。

ベースキットにはフロアカーペット、ドアバイザーの他LEDアクセサリーライナー、ナンバープレートロックなどが含まれますが、 ベースキットで不要なものがあれば、それぞれ単品で選択すると良いでしょう。

スバルはオプションからの値引きが大きくなる傾向なので、オプション値引きは30%としてシミュレーションしています。

地方やスバルのお膝元の群馬県のディーラーは値引きが厳しい傾向ですが、都市部や都市部に近い県では、レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトの値引きは緩む傾向です。

出来れば、他県のスバルディーラーまで越境した方が競合効果が高いので、地元と隣県のスバルディーラー同士の競合でレヴォーグの値引きを引き出しましょう。

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトの値引き実例は?

レヴォーグ1.6 GT-S アイサイトを実際に購入したユーザーは、どのくらいの値引きで購入したのか、当サイトに寄せられる実例値引き額を紹介します。

購入時期グレード名値引き額
2017年9月レヴォーグ レヴォーグ1.6GT アイサイト S-Style30.5万円
2017年9月レヴォーグ 1.6 STI スポーツアイサイト35.4万円
2017年8月レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイト S-Style40.4万円
2017年8月レヴォーグ 2.0 STI スポーツアイサイト28.6万円
2017年7月レヴォーグ 2.0 STIスポーツ アイサイト45.3万円
2017年7月レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイト34.7万円
2017年7月レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト33.5万円
2017年6月レヴォーグ1.6 GT-S アイサイト S-Style40.3万円
2017年5月レヴォーグ2.0 STIスポーツ アイサイト40.1万円
2017年4月レヴォーグ2.0 STIスポーツ アイサイト51.3万円
2017年3月レヴォーグ 1.6GT アイサイト44.5万円
2017年3月レヴォーグ1.6 STIスポーツ アイサイト60.2万円
2017年2月レヴォーグ1.6 STIスポーツ アイサイト49.0万円
2017年2月レヴォーグ1.6 STIスポーツ アイサイト48.2万円
2017年1月レヴォーグ1.6 STIスポーツ アイサイト40.3万円
2017年1月レヴォーグ1.6 STIスポーツ アイサイト43.9万円

上記は車両本体とディーラーオプションからの値引きを含めた、レヴォーグSTIの値引き総額です。

ディーラーオプションは40万~70万円分付けているケースが多く、値引きの半分はディーラーオプションからの値引きと言う割合になっています。

1月~3月の決算期では40万円以上の値引きが多く、7月のマイナーチェンジ後の新型レヴォーグでも40万円以上の値引きが出ていますね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


レヴォーグ1.6 GT-S の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレヴォーグ 1.6 GT-S 値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグSTIを限界値引きで購入しています。

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

-レヴォーグの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.