レヴォーグの評価集

新型レヴォーグの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

2020年10月にフルモデルチェンジを受けたレヴォーグ。

定評のあった走行性能や安全性能に磨きが掛り、一段と魅力的な車に進化しました。

そんな新型レヴォーグの中からどのグレードを選べばいいのか、迷っている人も多いと思います。

ここでは、レヴォーグの人気グレードを装備や燃費など様々な面から検証していきますので、購入時の参考にどうぞ。

レヴォーグの価格が一番安いグレードは?

レヴォーグ GT 3,102,000円

レヴォーグの中で一番価格が安いグレードはGTで、ワングレード上のGT-Hと比べ220,000円安価です。

このGTに必要最低限のオプションを付けて注文すれば、一番安く新車のレヴォーグが手に入ります。

では実際にいくらで買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードレヴォーグ GT
(アイスシルバー・メタリック)
車両本体価格3,102,000円
装着オプションフロアマット
オプション金額
36,740円
諸費用・税金
197,580円
▲120,000円
支払総額
3,216,320円

オプションはフロアカーペットのみに留め、車両からの目標値引きを達成できた場合、レヴォーグGTは総額約321万円で購入できます。

先代レヴォーグの最廉価グレードよりも20万円ほどアップしましたが、装備が良くなっているので仕方ないところです。

ETCやドラレコなどが必要なら、カー用品店で購入して取り付けてもらえばディーラーで注文するより安く上がります。

 

レヴォーグの売れ筋のグレードは?

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

レヴォーグ GT-H EX 3,740,000円

レヴォーグで一番売れているグレードは、中間グレードのGT-H EXです。

価格と装備のバランスが取れていることが、人気の理由でしょう。

では、売れ筋のレヴォーグ GT-H EXはいくらで買えるのか、今度は定番オプションを付けてシミュレーションしてみます。

購入グレードレヴォーグ GT-H EX
車両本体価格3,740,000円
メーカーオプションクリスタルホワイト・パール
メーカーオプション価格33,000円
ディーラーオプションフロアカーペット
ドアバイザー
ETC2.0車載器キット
ドライブレコーダー
ディーラーオプション金額147,840円
諸費用・税金208,080円
車両値引き▲120,000円
オプション値引き(20%)▲30,000円
支払総額3,945,920円

上記の仕様で目標値引きを達成できた場合、レヴォーグGT-H EXの総支払額は約394万円となります。

ディーラーオプションにナビが入っていないのは、GT-H EXにはナビ機能が標準装備されるからです。

レヴォーグ GT-H EXで人気の装備は?

レヴォーグ GT-H EXで人気の装備を見てみましょう。

ハンズフリーオープンパワーリヤゲート

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

アクセスキーを携帯していれば、リヤゲートの六連星オーナメントに近付くだけでリヤゲートがオープンします。

両手が荷物で塞がっている時や、子供を抱きながらリヤゲートを開けたい時にとても便利。

レヴォーグようなステーションワゴンは荷室を使う機会が多いので、絶対にあった方がいい装備です。

 

11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

インパネ中央部に、11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイを装備。

ナビ機能が内蔵されているほか、テレビやラジオ、エアコン設定機能などを備えています。

画面サイズが大きく、しかも精細度が高いので画像がとても見やすいのが特徴です。

タブレット感覚で操作できるほか、エアコンの温度設定やオーディオの音量調整などはダイヤル式のつまみでも操作できるなど、使い勝手もよく考えられています。

 

12.3インチフル液晶メーター

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

運転に必要な情報を、ワイドな12.3インチ液晶ディスプレイに表示します。

スピードやエンジン回転数の表示は勿論、画面モードの切り替えによりナビの地図を表示したり、アイサイトの動作状況を表示することも可能。

ナビ画面を表示する場合は、ドライバーの真正面に地図が表示されるので、チラっと目を落として確認したい時に便利です。

モダンな感覚に溢れた、乗る度にワクワクするような液晶メーターと言えるでしょう。

 

アイサイトX

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

スバルの誇る運転支援システム「アイサイト」。

新型レヴォーグのEXグレードには、「アイサイト コアテクノロジー」と呼ばれる従来のシステムに加え、最先端の「アイサイトX 」が搭載されます。

アイサイトXは、GPSや順天頂衛星「みちびき」からの情報と3D高精度地図データを組みわせることで、従来は不可能だった高度な運転支援を行う点が特徴です。

アイサイトXの機能は、以下の6種類。

  1. 停止~約50km/hの速度域で、一定の条件を満たした場合は手放し運転ができる「渋滞時ハンズオフアシスト」
  2. 停止状態から先行車が発進した場合、一定の条件を満たせばドライバーの操作なしに自車も発進する「渋滞時発進アシスト」
  3. カーブに進入する際、曲率に合わせて最適な速度に制御する「カーブ前速度制御」
  4. 料金所の手前で、安全に通過できる速度まで自動で減速する「料金所前速度制御」
  5. 約70km/h~約120km/hの速度域で、ウインカーを操作すると車線変更のステアリング操作を支援する「アクティブレーンチェンジアシスト」
  6. 脇見運転や居眠り運転、長時間の手放し運転を検知すると警報で注意を促す「ドライバー異常時対応システム」

いずれも高速道路や自動車専用道路での運転の負担を軽減し、安全性向上に貢献する機能です。

 

アイサイトセイフティプラス [視界拡張テクノロジー]

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

文字通りアイサイトにプラスされる運転支援システムが、アイサイトセイフティプラスです。

アイサイトセイフティプラスを構成する機能は、以下の2種類。

  • フロント、両サイド、リアに装着されたカメラの映像をセンターインフォメーションディスプレイに表示し、駐車や離合などをサポートする「デジタルマルチビューモニター」
  • フロントの映像を表示している状態で、前方を横断する車両を検知するとインジケーターでお知らせする「前側方警戒アシスト」

肉眼では見えにくい場所を映像で表示してくれるので、接触事故のリスクが減少します。

 

レヴォーグの最上位グレードは?

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

レヴォーグ STI スポーツ EX 4,092,000円

レヴォーグの中で一番価格の高いグレードは、STI スポーツ EXです。

ひとつ下のグレードとの価格差は、385,000円と結構開いています。

値引きも含めてSTI スポーツ EXはいくらで買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードレヴォーグ STI スポーツ EX
(WRブルー・パール)
車両本体価格4,092,000円
メーカーオプションスマートリヤビューミラー
メーカーオプション価格55,000円
装着オプションフロアカーペット
ドアバイザー
ETC2.0車載器キット
ドライブレコーダー
オプション金額147,840円
諸費用・税金214,680円
車両値引き▲120,000円
オプション値引き(30%)▲30,000円
支払総額4,359,520円

メーカーオプションは有料ボディカラーを選ばなかった代わり、後方視界を改善するスマートリヤビューミラーを選択。

この仕様で、レヴォーグ STI スポーツ EXの支払い総額は約435万円となりました。

一番安いGTのシミュレーションと比べると、115万円ほど高額です。

レヴォーグ STI スポーツ EXで人気の装備は?

ここで、レヴォーグ STI スポーツ EXで人気の装備を見てみましょう。

ドライブモードセレクト

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

STI スポーツ系以外のグレードは2種類しかドライブモードがありませんが、STI スポーツ系は5種類のドライブモードの選択が可能です。

ドライブモードを切り替えると、エンジンの特性や電子制御ダンパーの減衰力、4WDシステムの制御などのほか、エアコンやアイサイトの制御まで変化します。

その時の気分や路面状況などに応じてモードを切り替えれば、より快適なドライブができるでしょう。

 

電子制御ダンパー

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

路面の状態や車両の状況に応じ、ダンパーの減衰力を自動で可変させる装備です。

一般的なダンパーが装備される他のグレードと比べ、ワンランク上の操縦安定性と乗り心地を実現しています。

ドイツの有名なダンパーメーカー、ZF社のパーツなので信頼性も抜群です。

 

専用本革シート

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

上質な外観や手触りの良さが魅力の本革シートが標準で付いてくるのは、STI スポーツ系グレードだけです。

さらにボルドーとブラックのツートンカラーなので、お洒落さも申し分ありません。

 

レヴォーグの燃費が一番良いグレードは?

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

レヴォーグ GT / GT EX 13.7km/L

レヴォーグで一番燃費が良いグレードはGTとGT EXで、カタログ燃費 (WLTCモード) は13.7km/Lです。

実燃費はまだデータがありませんが、カタログ燃費×0.8で計算すると約11km/Lとなります。

レヴォーグ GT / GT EXは満タンで何キロ走る?

レヴォーグ GT / GT EXでガソリン残量5Lまで走行すると仮定すると、ガソリンタンク容量は63L、推定実燃費は11km/Lなので、

走行できる距離は

63L-5L=58L
58L×11km/L=638km

レヴォーグ GT / GT EXは、無給油でおよそ640km走ると推測できます。

東京~大阪間をGSに立ち寄ることなく移動できるので、グランドツアラーとしての資質は十分と言えるでしょう。

レヴォーグの燃費が一番悪いグレードは?

レヴォーグ GT-H / GT-H EX / STI スポーツ / STI スポーツ EX 13.6km/L

レヴォーグの中で一番燃費の悪いグレードはGT-H、GT-H EX、STI スポーツ、STI スポーツ EXの4グレードです。

一番燃費の良いGTやGT EXとの差は、僅か0.1km/Lに過ぎません。

0.1km/Lの差なら誤差の範囲なので、特に経済性を気にする必要はないでしょう。

 

レヴォーグで自動ブレーキのあるグレードは?

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

レヴォーグは、全グレードに自動ブレーキの「プリクラッシュブレーキ」が標準装備されます。

レヴォーグの自動ブレーキは検知性能が高く、右折時の直進対向車や歩行者、左折時の歩行者、横断する自転車にも対応するので安心感は絶大です。

レヴォーグのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

新型レヴォーグでは、STI スポーツとSTI スポーツ EXがスポーツグレードに該当します。

しかしパワートレインは他のグレードと共通で、追加されるエアロパーツもないので、若干物足りません。

エアロパーツに関しては、ディーラーオプションで用意されています。

レヴォーグ人気グレード

subaru.jp/levorg

画像はSTIスポーツパーツのフロントアンダースポイラー / サイドアンダースポイラー / リヤサイドアンダースポイラー / リヤアンダースポイラー / ルーフエンドスポイラーを装着したフルエアロ仕様です。

この5つのエアロパーツを全て付けると、総額で265,580円となります。

メーカー純正品なので単なるドレスアップ効果だけでなく、確実な空力改善効果が望めるでしょう。

リセールバリューから見るレヴォーグのおススメグレード

売却時のリセールバリューが高いのは、スポーツ色の強いグレードです。

レヴォーグの場合「STI スポーツ」や「STI スポーツ EX」を選べば、ブランドイメージと相まって高いリセールが期待できます。

ボディカラーから見たリセールバリューでは、「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「WRブルー・パール(STI スポーツ系のみ)」がオススメです。

5年以内に売却するなら、他の色と比べて15~20万円は高く売れるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

レヴォーグの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグを限界値引きで購入しています。

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

-レヴォーグの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.