レヴォーグの評価集

新型レヴォーグでみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

2020年10月にフルモデルチェンジされたレヴォーグ。

そのまま乗ってもいいですが、折角様々なオプションが用意されているのですから、自分好みにカスタマイズしたいですね。

ここでは、レヴォーグのユーザーが選ぶ人気オプションから当サイトがおススメするオプション品を紹介していきますので、参考にどうぞ!

レヴォーグのおすすめメーカーオプションは?

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

EX系以外のグレードなら11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ

末尾に「EX」の付かないグレードは、一般的な7インチのセンターインフォメーションディスプレイが装備されます。

車両の設定はできますが、ナビ機能やテレビ・ラジオなどのAV機能はありません。

ナビ機能やAV機能が欲しい場合は純正ナビを選ぶ手もありますが、27万円台と結構な金額ですし、画面が上限2段に分かれてしまうので見た目もイマイチです。

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

それならば、ほぼ同じ金額 (275,000円) で付けられる、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを含むセットオプションを選ぶ方がベター!

11.6インチの大画面で視認性が優れていますし、ひとつの画面にスッキリ収まる点もメリットです。

そしてここからが重要なポイントですが、セットオプションには以下の3点が含まれます。

  • 車両の前後左右に搭載されたカメラの映像をセンターインフォメーションディスプレイに表示し、駐車などを支援する「アイサイトセイフティプラス (運転支援)」
レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

  • 交通事故やトラブルが発生した時にコールセンターと繋がる「スバル スターリンク」
レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

  • ドライバーの異変をカメラが認識すると警報で注意喚起する「ドライバーモニタリングシステム」
レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

これだけの安全装備が揃い、大画面のセンターインフォメーションディスプレイも付いて275,000円ですから、むしろリーズナブルと言えます。

純正ナビを装着するよりも、間違いなくお得です。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

EX系グレードならスマートリヤビューミラー

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

後席に人を乗せたり大きな荷物を積むとルームミラーの視界が遮られ、後方の確認がしにくくなった経験があると思います。

そんな問題も、メーカーオプションのスマートリヤビューミラー (55,000円) を付ければ解決です。

後ろに誰もいない、何も積んでいない時と同じ画像が鏡面に映るので、後方の確認が容易にできます。

またリアウィンドウに雨滴が付いても、それとは無関係にクリアな後方視界を確保。

ただ、末尾にEXが付かないグレードではこのオプションは選択できません。

 

レヴォーグのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

LEDアクセサリーライナー

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

フロントに装着するアクセサリーランプです。

ポジションランプと同時に点灯し、フロント回りをスタイリッシュにドレスアップします。

54,780円と結構高額ですし、絶対必要なオプションでもありませんが、お洒落にこだわるなら是非付けたいところです。

 

STIエアロパッケージ+STIルーフエンドスポイラー

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

レヴォーグには各種エアロパーツがオプション設定されていますが、お買い得なパッケージも用意されています。

おススメは、ブランド力の高いSTIスポーツパーツの「STIエアロパッケージ」です。

フロントアンダースポイラー / サイドアンダースポイラー / リヤサイドアンダースポイラー / リヤアンダースポイラーの4点セットで、価格は190,960円。

このパッケージに、単品売りされているSTIルーフエンドスポイラー (51,920円) を付ければルックスは万全です。

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

総額242,880円と、それなりの金額になりますが、スタイリッシュに決めたいなら出費を惜んではいけませんよ。

 

STIパフォーマンスマフラー

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

STIのフルエアロで決めるからには、仕上げにマフラーの交換も欠かせません。

おススメは、近隣に迷惑にならない範囲で心地よいサウンドを提供するSTIパフォーマンスマフラー (174,460円)。

通気抵抗の軽減や軽量化によるパフォーマンスアップも望めます。

純正品なので、パワートレインやエキゾーストシステムに悪影響が出る心配もありません。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

インテリアパッケージ(ブルーステッチ / シルバーステッチ)

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/revorg

東レのスエード調人工皮革「ウルトラスエード」をあしらったインパネパネル、コンソールオーナメント、コンソールリッドの3点セット (52,800円) です。

GT-H / GT-H EXはブルーのステッチ、GT / GT EXはシルバーのステッチが入ります。

標準仕様とは一味違う上質感や肌触りの良さに、満足を感じることでしょう。

STIシフトノブ

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

STIのロゴ刺繍が入った、本革+ディンプル本革のシフトノブです。

25,520円とちょっと贅沢なオプションですが、インテリアにワンポイントでお金を掛けると、それだけでも見栄えがグっと良くなります。

先ほどのインテリアパッケージと併せて装着すれば、満足度も倍増するでしょう。

 

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

リモコンエンジンスターター

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

車から離れた場所からエンジンを始動できるオプションが、リモコンエンジンスターター。

乗る前にあらかじめエアコンを掛けて適温にしておきたい場合などに、便利な装備です。

しかし価格は71,120円もするので、利便性とコストを天秤にかけると割に合いません。

27,720円で手に入るオプション「キーレスアップグレード」でもキーレスアクセスが届く距離からエンジンを始動できるので、こちらの方がお得です。

レヴォーグ人気オプション

subaru.jp/levorg

電波が届く距離はリモコンエンジンスターターより短いものの、自宅前の駐車場に車を止めている場合はこちらで十分。

遠く離れた駐車場を借りている場合は対応できませんが、その場合はオプション品よりずっと安価 (2万円前後) に手に入る社外品をおススメします。

現時点では新型レヴォーグに対応する製品があるかどうか不明ですが、ないとしても直に発売されるはずなので、少し待った方がいいでしょう。

 

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

レヴォーグの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグを限界値引きで購入しています。

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

-レヴォーグの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.