レヴォーグの評価集

レヴォーグは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

投稿日:

アイキャッチ画像

レヴォーグは数少ないワゴン専用モデルとして貴重な存在であるだけでなく、優れた走行性能や安全性が魅力になっています。

これで運転がしやすければ鬼に金棒ですが、実際のところどうなのでしょうか?

ここでは、レヴォーグの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

レヴォーグの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、レヴォーグの売れ筋グレード「1.6GT-S アイサイト」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【レヴォーグ 1.6GT-S アイサイト】
全長 4,690mm
全幅 1,780mm
全高 1,500mm

当初国内専用モデルとして開発されただけあって、日本の路上で持て余さないで済むギリギリのサイズに抑えられています。

特に注目すべきは全幅が1.8mを切っていることで、これなら狭い路地で苦労することも少ないはずです。

また、全高が立体駐車場に入庫できる高さに抑えられている点は、大半のミニバンやSUVにはないメリットになっています。

ここで、コンパクトカーから乗り換えるケースを想定し、ジャスティ(ダイハツ・トールのスバル版)とボディサイズを比較してみましょう。

ジャスティ
※ジャスティ 出典subaru.jp

【ジャスティ G スマートアシスト】
全長 3,700mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm

レヴォーグはジャスティと比較すると全長が1mほど長く、全幅は10cm以上広いディメンションです。

全長・全幅にこれだけの差がある上、全高が低い分アイポイントも低いので、実際以上にボディが大きく感じられるかもしれません。

いかに日本の道路事情に配慮したサイズを持つレヴォーグとはいえ、ジャスティから乗り換えた場合は、最初のうちは取り回しに神経を使うことになるでしょう。

ただ、慣れてしまえば問題なく乗りこなせるはずです。

レヴォーグの小回りは効くか?レヴォーグの最小回転半径

次に、レヴォーグの小回り性を検証してみましょう。

レヴォーグの最小回転半径は5.4mで、ジャスティの4.6mと比べると80cmも大きい数値です。

レヴォーグのボディがジャスティより大きいことと相まって、駐車の際などに切り返しの回数が増え、煩わしさを感じることもあるでしょう。

レヴォーグの小回り性能は、メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴンの最小回転半径5.1mと比べても30cm大きいなど、Dセグメント車の中でも特に優れている方ではありません。

また、STIグレードや2L車を選ぶと、タイヤ幅が太くなる事で最小回転半径が5.5mに拡大されてしまうので、少しでも小回り性を望むならグレード選びにも留意したいところです。

レヴォーグは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

車両&運転感覚

レヴォーグのフロントの見切りは良好

フロントの見切り
※レヴォーグ 出典subaru.jp

レヴォーグは、他のスバル車と同様に運転席からボンネットの先端が見えるので、フロントの見切りは良好です。

ボンネットフードは長いものの、駐車の際などに鼻先を壁ギリギリまで寄せることも、慣れるまでそう時間は掛からないでしょう。

また、斜め前方視界の点でも優れています。

Aピラー(フロントピラー)は傾斜こそ強いものの比較的細いため、さほど視界の妨げになりません。

また、ドアミラーが三角窓の後部に取り付けられているため、三角窓からの視界も良好です。

交差点で右左折する際も歩行者などの発見がしやすいので、必要以上に神経を使うことなく運転できます。

レヴォーグの車幅の感覚は掴みやすい?

レヴォーグは、運転席から見えるボンネットの先端部が車幅を掴む目安になるので、3ナンバー車の割に運転がしやすい車です。

狭い路地でのすれ違いで車両を路肩いっぱいに寄せることも、決して難しくありません。

また、車線の中央を走行したい場合も、ボンネットが格好の目安になってくれます。

レヴォーグの運転は、ボンネットの見えないコンパクトカーよりもしやすいと言えるかもしれません。

レヴォーグの後方視界はまずまず

レヴォーグのリアウィンドウは、それほど面積は大きくないものの、十分な後方視界が得られるサイズは確保されています。

後方視界
※レヴォーグ 出典subaru.jp

また、斜め後方視界の点では、Dピラー(リアピラー)が細くリアクォーターウィンドウの面積が十分大きいことから、かなり良好です。

バックの際に歩行者が死角に入ってしまったり、車線変更の際にほかの車両が死角に入ってしまう可能性が低いので、運転のストレスが軽減されます。

レヴォーグの駐車にはコツがある?

レヴォーグはミニバンと比べると窓の面積が小さいものの、各ピラーが細いため、結果として視界が優れています。

ボディの四隅の位置も把握しやすいので、駐車はしやすいでしょう。

また、ミニバンやSUVなどと比べ各ウィンドウの下端部の位置が低く、車両の直近にいる子供などが発見しやすいことも美点と言えるでしょう。

ただ、ボンネットは、ミニバンやSUVと比べると長いので、バックの際にステアリングを切る時に、フロントバンパーの角を前方の壁等にこすらないよう、注意する必要があります。

レヴォーグの運転で役立つアイテム

ディスプレイコーナーセンサー(2センサー)

先ほどレヴォーグは駐車がしやすいと述べましたが、だからといって接触事故を起こしてしまう可能性がゼロというわけではありません。

ちょっとした不注意から、駐車や狭い路地での切り返しの際にフロントバンパーを壁やほかの車にぶつけてしまうこともあり得ます。

そうしたアクシデントを防ぐためには、ディーラーオプションの「ディスプレイコーナーセンサー」を装着すると良いでしょう。

ディスプレイコーナーセンサー
※レヴォーグ 出典subaru.jp

このアイテムは、フロントのコーナー左右に装着されたセンサーと障害物との距離が約60cm以内まで接近すると、ブザー音で注意を促すものです。

更にディーラーオプションのナビを装着した場合、ナビ画面に色とグラフィックの変化を表示するので、注意喚起の点でより効果的になります。

価格は45,360円と安くはありませんが、接触事故を起こして修理費用が掛かってしまうことを考えれば、決して割高とは言えないでしょう。

リヤビューカメラ

後退時の接触事故を防ぐためには、車両後部にもコーナーセンサーが欲しい所ですが、レヴォーグには標準装備されないばかりかオプション設定もありません。

しかし、純正ナビの装着が前提となるものの、コーナーセンサーに代わるアイテムとして「リヤビューカメラ」がディーラーオプション設定されています。

リヤビューカメラ
※レヴォーグ 出典subaru.jp

後方の映像がナビ画面に表示される上、ステアリング連動ガイドラインが表示されるので、後退時の安全確認だけでなく駐車が容易になるのがメリットです。

更に、カメラのレンズに付着した雨滴などを高圧空気で吹き飛ばす「リヤビューカメラブロワー」も装着すれば、後退時の安全対策はより盤石になります。

価格はリヤビューカメラが42,120円、リヤビューカメラブロワーで15,120円です。

STI系以外のグレードならアイサイトセイフティプラス

全車に安全運転支援システム「アイサイト」が標準装備されるレヴォーグですが、最上級グレードのSTI系には、更に「アイサイトセイフティプラス」と呼ばれる運転支援/視界拡張アイテムが標準装備されます。

運転支援の方は、「スバルリヤビークルディテクション」と「ハイビームアシスト」の2つの機能があります。

車両後方検知
※レヴォーグ 出典subaru.jp

スバルリヤビークルディテクションは、車線変更時に後側方から接近する車両を検知するとドアミラーインジケーターの点灯・点滅で注意を促すほか、バックで出庫する際に左右後方から接近する車両を検知するとインジケーターの点滅と警報音でお知らせする装備です。

ハイビームアシスト
※レヴォーグ 出典subaru.jp

また、ハイビームアシストは、先行車や対向車の有無に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える装備になります。

一方、視界拡張を構成するのは、「スマートリヤビューミラー」と「フロント&サイドビューモニター」の2つのアイテムです。

スマートリヤビューミラー
※レヴォーグ 出典subaru.jp

スマートリヤビューミラーは、リアウィンドウ内側に装着されたカメラの映像をルームミラーに表示するもので、後席の乗員や荷物の有無、天候の良し悪しなどに関わらず、常にクリアな後方視界が確保されます。

フロント&サイドビューモニター
※レヴォーグ 出典subaru.jp

また、フロント&サイドビューモニターは、フロントグリル及び助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をマルチファンクションディスプレイに表示し、前方及び側方の安全確認をサポートする装備です。

STI以外のグレードの場合は標準装備されませんが、メーカーオプション設定されているので、装着を強くお勧めします。

価格は75,600円と高価になりますが、それ以上の内容を持つと言えるでしょう。

レヴォーグの運転のしやすさまとめ

レヴォーグはフロントの見切りや車幅の掴みやすさに優れ、後方視界も悪くないので、基本的に運転がしやすい車です。

また、全幅が1.8mを切っているので、3ナンバー車にありがちな不便さもそれほど感じられません。

軽自動車やコンパクトカーしか運転したことのない女性の場合、乗りこなす自信がないかもしれませんが、ここで紹介したアイテムを装着すればレヴォーグの運転に慣れるまで、それほど時間は掛からないでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

レヴォーグの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグを限界値引きで購入しています。

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

-レヴォーグの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.