レヴォーグの評価集

新型レヴォーグは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

2020年10月に初のフルモデルチェンジが実施されたレヴォーグ。

先代レヴォーグは比較的運転のしやすい車でしたが、新型レヴォーグではどうなのか、気になっている人も多いと思います。

そこで、新型レヴォーグの運転しやすさや駐車のコツ、運転をサポートするアイテムについて解説していきますので、購入時の参考にどうぞ。

レヴォーグの大きさは?ボディサイズをチェック

まず、レヴォーグのボディサイズをチェックしてみましょう。

【レヴォーグ STI スポーツ EX】
全長 4,755mm
全幅 1,795mm
全高 1,500mm

先代レヴォーグと比べ、新型レヴォーグでは全長が65mm、全幅が15mm拡大されました。

依然として日本の路上で持て余さないサイズはキープしていますが、駐車場や自宅周辺の道路が狭い人にとって、多少なりともボディが大きくなったことは気になるかもしれませんね。

ここで、一クラス下のインプレッサスポーツとボディサイズを比較してみましょう。

 

【インプレッサスポーツ STI スポーツ】
全長 4,475mm
全幅 1,775mm
全高 1,480mm

レヴォーグは、インプレッサスポーツと比較すると全長が280mm、全幅が20mm、全高が20mm大きいサイズです。

レヴォーグはインプレッサスポーツより一回り大きく、特に全長がかなり長いので、狭い場所の取り回しで差を感じるでしょう。

ただ、慣れで十分カバーできる範囲と言えます。

レヴォーグの小回りは効くか?レヴォーグの最小回転半径

続いて、レヴォーグの小回り性を検証します。

レヴォーグの最小回転半径は5.5mで、インプレッサスポーツの5.3mと比べると20cm大きい数値です。

レヴォーグはボディサイズが大きいうえ小回りが効かないので、駐車時に切り返しの回数が増える、Uターンが一発で決められないなどのケースも出てくるでしょう。

また、同クラスのメルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴンは最小回転半径5.1~5.2mを実現しているので、レヴォーグの小回り性はあまり褒められたものではありません。

レヴォーグは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

車両&運転感覚

レヴォーグのフロントの見切りは普通

レヴォーグは、運転席からボンネットの手前側やエアインテークは視界に入りますが、ボンネットの先端部までは見えません。

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

 

ボンネットの先端部がどこにあるのか分かりにくいので、フロントの見切りはイマイチです。

そのため、障害物に鼻先を寄せるのは気を使います。

ただ前方視界そのものは優れているので、特に運転がしづらいほどではありません。

また斜め前方視界が優れていることも、レヴォーグの美点です。

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

Aピラー (フロントピラー) が比較的細い、ドアミラーが手前側に付いている、死角を減らす三角窓が付いているなど、視界確保に配慮した設計になっています。

これなら、交差点で歩行者を見落としてしまう心配はないでしょう。

レヴォーグの車幅の感覚は掴みやすい?

レヴォーグは幅の広い3ナンバー車ですが、運転席からボンネットの手前側までは視野に入るため、車幅は比較的掴みやすくなっています。

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

5ナンバー車やボンネットの先端まで見える車ほどではありませんが、狭い路地でもそれほど神経を使うことはありません。

対向車との離合で路肩に寄せることも、比較的容易です。

レヴォーグの後方視界は合格点

レヴォーグのリアウィンドウは特に大きいわけではありませんが、必要十分な後方視界は確保されています。

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

ミニバンやSUVと比べリアウィンドウ下端部の位置が低いため、後ろにいる子供を見落としてしまうリスクも少ない方です。

また斜め後方視界の点でも、Dピラー (リアピラー) が最近の車としては細く、リアクォーターウィンドウの面積も十分確保されているため、かなり優れています。

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

バックする時に歩行者が死角に入ってしまったり、車線変更の際に他の車が死角に入ってしまうことが少ない点はレヴォーグの美点です。

レヴォーグの駐車にはコツがある?

レヴォーグでバックで駐車する際は、視界が十分確保されているため特別なコツはいりません。

ボディ後端部の位置も把握しやすいので、普通に安全確認しながらバックすれば接触事故を起こしてしまうことはないでしょう。

ただ、車と車の間に縦列駐車をする時は、運転席から見えないボンネットの先端を他の車にぶつけてしまわないよう注意が必要です。

行けるかどうか迷った場合は、もう一度駐車をやり直すか、一旦車から降りて状況を確認した方がいいですね。

レヴォーグの運転で役立つアイテム

EX系以外のグレードならアイサイトセイフティプラス [視界拡張]

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

 

「デジタルマルチビューモニター」と「前側方警戒アシスト」から構成される運転支援装備が、アイサイトセイフティプラス [視界拡張] です。

デジタルマルチビューモニターは、車両の前後左右4か所に搭載されたカメラの映像を11.6インチセンターインフォメーションディスプレイに表示する機能。

フロント / サイド / リヤの3つのビューを切り替えることで、見通しの悪い交差点への進入や狭い路地での離合、バックでの駐車など様々なシチュエーションで安全確認に役立ってくれます。

そして前側方警戒アシストは、フロントビュー使用時に前方を横切る車両を検知するとインジケーター表示で知らせてくれる機能です。

このアイサイトセイフティプラス [視界拡張] はEX系グレードには標準装備されますが、それ以外のグレードではメーカーセットオプション (275,000円) となります。

EX系以外のグレードを選ぶ場合は、是非ともこのオプションを付けたいところです。

スマートリヤビューミラー

レヴォーグ運転しやすさ

subaru.jp/levorg

後席に人を乗せた場合、ルームミラーに乗員が映って後方確認がしづらくなるのが問題。

また、悪天候でリアウィンドウが濡れたり汚れた場合も、後方視界が悪くなり運転に気を使います。

そんな悩みを解決するメーカーオプションが、スマートリヤビューミラー (55,000円) です。

車両後部に搭載されたカメラの映像をルームミラーに映し出すため、どんな状況でもクリアな後方視界が得られます。

レヴォーグの運転のしやすさまとめ

レヴォーグは運転席からボンネットの先端が見えない欠点はありますが、見切りや車幅の掴みやすさはまずまずで、視界も優れている方です。

ボディサイズは先代から拡大されたものの、依然として全幅が1.8mを切っているので、3ナンバー車の使いづらさも最小限に抑えられています。

とは言え、軽自動車やコンパクトカーしか運転したことのない女性ドライバーなどがレヴォーグに乗り換えた場合、最初は乗りこなせるかどうか自信が持てないかもしれません。

しかしEX系グレードを選ぶか、ここで紹介したオプションを装着すれば短期間で慣れてしまうでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

レヴォーグの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグを限界値引きで購入しています。

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

-レヴォーグの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.