マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ2 モデルチェンジ推移2020年5月28日

マツダニュースリリースより

-----

マツダ、「MAZDA2」「CX-5」「CX-8」 に特別仕様車を追加
-3車種に安心安全技術と快適装備を充実させた、「SMART EDITION(スマートエディション)」を設定-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「MAZDA2」「MAZDA CX-5」「MAZDA CX-8」に、特別仕様車「SMART EDITION」を追加し、全国のマツダの販売店を通じ販売を開始しました。*1

5ドアハッチバック「MAZDA2」、クロスオーバーSUV「CX-5」、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」は、際立つデザイン、意のままに操れる走りの良さ、優れた静粛性や乗り心地、上質で使いやすい室内空間を兼ね備えたマツダ車共通の走る歓びにより、世界中でご好評いただいております。

今回追加した「SMART EDITION」は、マツダ車共通の提供価値である「走る歓び」はそのままに、マツダの安全思想であるマツダ プロアクティブ セーフティ*2にもとづいた安心安全技術や、日常で便利な快適装備を充実させており、幅広い層のお客さまにお選びいただきやすい新たな機種です。
安心安全技術としては、理想の運転姿勢が可能となるオルガン式アクセルペダルを採用したペダルレイアウト、走行中の衝突回避をサポートするアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート*3や、車線変更時の後方確認を支援するブラインド・スポット・モニタリング*4など、マツダ車共通の技術に加えて、「SMART EDITION」では、駐車時や低速走行時に見えない部分の危険察知を支援する360°ビュー・モニター、暗い夜道の視認性を支援するアダプティブ・LED・ヘッドライト*5を追加設定し、クルマに乗る人が安心して運転を楽しめることを目指しました。また、快適装備としては「MAZDA2」にフルオートエアコンやスーパーUV&IRカットガラスを追加し、快適な室内空間の実現をサポートします。さらに、「CX-8」ではパワーリフトゲートを追加し利便性を向上させました。

なお、「MAZDA2」「CX-5」「CX-8」は、経済産業省、国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」*6に全機種が該当しており、サポカー補助金*7の対象となっております。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■「SMART EDITION」特別装備の概要(ベース車に対して追加される主な特別装備)

MAZDA2 SMART EDITION(ベース機種:15S、15S PROACTIVE)
MAZDA215S SMART EDITIONリアダークガラス
6:4分割リアシート
アドバンストキーレスエントリーシステム
フルオートエアコン
スーパーUVカットガラス(フロントドア)&IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
シャークフィンアンテナ
360°ビュー・モニター
15S PROACTIVE SMART EDITIONスマート・ブレーキ・サポート(SBS) &マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
シャークフィンアンテナ
360°ビュー・モニター
CX-5 SMART EDITION(ベース機種:20S、25S、XD)
CX-520S SMART EDITION/
25S SMART EDITION/
XD SMART EDITION
アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
交通標識認識システム(TSR)
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
360°ビュー・モニター
CX-8 SMART EDITION(ベース機種:25S、XD PROACTIVE)
CX-825S SMART EDITION/
XD SMART EDITION
アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
セーフティクルーズ・パッケージ*8
交通標識認識システム(TSR)
360°ビュー・モニター
シグネチャーLEDランプ(フロント&リア)
パワーリフトゲート
IRカットガラス
CX-8 XD SMART EDITIONはベース機種のXD PROACTIVEから以下装備を除外し設定しております。
▲ 19インチタイヤ&アルミホイール ▲ スピーカー(6→4) ▲インテリアコーディネーション(25S相当*9) ▲ 運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能/助手席6Wayパワーシート ▲ 運転席&助手席シートヒーター▲ 2列目シートヒーター ▲ ステアリングヒーター ▲ (2列目ベンチシート)センターアームレスト内充電用USB端子 ▲ リアドアウインドーサンシェード ▲ オート格納ドアミラー

*1 「MAZDA2」「MAZDA CX-5」は、5月28日より販売を開始。「MAZDA CX-8」は、5月28日より予約を開始し、夏以降に販売開始予定。
*2 ドライバーを信頼し、危険な状態になる前に人が自ら危険を回避できるようサポートし、万一ミスをして危険が避けられない状態になった場合は被害を回避、または軽減するというマツダの安全思想。
*3 前方車や歩行者にぶつかりそうになったときに、ブレーキを自動制御して衝突回避のサポート、または衝突被害の軽減を図ります
*4 約15km/h以上での走行時、リアバンパーの内側に設置したレーダーで隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラーの鏡面に備えたインジケーターの点灯でドライバーに通知します。さらに、その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促します。

*5 15S SMART EDITIONはLEDヘッドランプ+ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)
*6 サポカーS ワイド:安全運転サポート車のうち、特に高齢運転者の交通事故防止や被害軽減に効果が期待される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS」(サポカーS)の1つの区分。
*7 サポカー補助金:経済産業省による満65歳以上の高齢運転者を対象とした「安全運転サポート車普及促進事業費補助金」および国土交通省による満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者を対象とした「安全運転サポート車普及促進に係る自動車事故対策費補助金」の総称です。補助金の対象期間、その他詳細な情報につきましては、経済産業省、国土交通省および次世代自動車振興センタのホームページをご確認ください。

*8 セーフティクルーズ・パッケージは、スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]、アドバンストキーレスエントリーシステム(アンサーバック機能付、リアゲート連動)&アドバンストキー×2、ドライバー・アテンション・アラート(DAA)、ヒーテッドドアミラーのメーカーセットオプションになります。
*9 25S相当のインテリアコーディネーションとは、デコレーションパネル(インパネ/ドアトリム)のウォームシルバーヘアライン/サテンクロームメッキをガンメタリックに、パワーウインドースイッチ/ドアミラーコントロールスイッチのサテンクロームメッキをブラックに、パワーシート操作スイッチ部加飾のブラックを加飾無に、フロントカップホルダー/リアエアコンパネル/ドアトリムスイッチパネル加飾のクロームメッキを無に、フロントコンソールアームレスト(合成皮革/ステッチ付)を無にしたものになります。

*10 WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象状況、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定高速道路モード:高速道路等での走行を想定
*11 自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は非課税または1~3%が課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。

・価格(消費税込み)

マツダ2特別仕様車
1,598,000-2,007,000円

マツダ2とCX-5とCX-8

マツダ2のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.