マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ アクセラスポーツ モデルチェンジ推移2014年8月7日

マツダニュースリリースより

-----

マツダ アクセラ」を一部改良
−新機種「15S Touring」を追加、ガソリンエンジン車の先進安全装備を充実−

マツダ株式会社は、エモーショナルなデザインや優れた応答性をもつ楽しい走り、先進の環境・安全性能が高く評価されている『マツダアクセラ』において、ガソリンエンジン搭載車を一部改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて9月1日に発売します。

今回の改良において、『アクセラ』の1.5Lガソリンエンジン車(2WD)に、上級機種「15S Touring(イチゴーエス・ツーリング)」を新設しました。「15S Touring」は、日本メーカーの1.5Lクラス車として初めて*1、中高速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)及び約30~100km/hの範囲で自動追従走行を可能にするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)や、走行時に必要な情報を表示して視線移動や焦点調節を最小限にするアクティブ・ドライビング・ディスプレイを搭載するなど、先進安全装備を充実させています。

開発担当主査の児玉眞也は、「マツダは、モデルチェンジのタイミングにとらわれず、商品を着実に進化させていきます。今回は、『ドライバーをサポートすることが走る歓びにつながる』という安全技術に対する志をどのパワートレインでも感じていただけるよう、ガソリンエンジン搭載車の安全装備や機種の充実を図りました。」と述べました。

■「マツダ アクセラ」一部改良の概要は以下の通り

1.5Lガソリンエンジン車(2WD)に、上級機種「15S Touring」を新設

<「15S Touring」標準装備>
•スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)(クラス初*1)
•アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(クラス初*1)
•リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)
•アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
•ディスチャージヘッドランプ/オートライトシステム/レインセンサーワイパー/フロントフォグランプ
•ステアリングシフトスイッチ 等

<「15S Touring」メーカーセットオプション>
•215/45R18 89Wタイヤ&18×7Jインチアルミホイール
•BOSE®サウンドシステム(AUDIOPILOT™2+Centerpoint®2)+9スピーカー 等

「20S Touring L Package」、「20S Touring」、「15S」に先進安全装備を追加
•「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」と「自動防眩ルームミラー」を標準装備化。[15S]
•ディーゼルエンジン車専用装備であった、「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と「車線逸脱警報システム(LDWS)」を標準装備化 [「20S Touring」、「20S Touring L Package」]
•「クルーズコントロール」を標準装備化 [20S]

・価格(消費税込み)

1,922,400-2,559,600円

マツダ アクセラを一部改良

マツダ3(アクセラ)のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.