マツダ3の評価集

マツダ3でみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

マツダ3でみんなが選ぶ人気のオプション&ナビは?

アクセラの後継車種として発売された「マツダ3」は、スタイリッシュなフォルムが話題を呼んでいます。

是非とも購入したいと考えている方も多いと思いますが、オプション選びも楽しみのひとつですね。

でも、どんなオプションを選んだらよいのか悩んでしまう、という方もいることでしょう。

そこで、みんなが選ぶ人気のオプションとナビを紹介しますので、是非とも参考にしてみてください!

マツダ3のおすすめメーカーオプションは?

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

360°セーフティパッケージ

マツダ3の360°ビューモニター

画像:mazda.co.jp

「360°セーフティパッケージ」とは、「360°ビューモニター」と「ドライバー・モニタリング」をセットにしたメーカーオプションです。

まず360°ビューモニターについてですが、車両の前後左右に設置された4つのカメラで捉えた映像をセンターディスプレイに表示すると同時に、警報音で低速走行時や駐車時の安全確認をサポートする装備になります。

映像はトップビュー/フロントビュー/フロントワイドビュー/サイドビュー/リアビュー/リアワイドビューの6種類があり、状況に応じて任意に切り替えることが可能です。

マツダ3の360°ビューモニターでバックでの出庫も安全に!

画像:mazda.co.jp

この装備があれば駐車や狭い路地での離合、見通しの悪いT字路への合流、バックでの出庫など、接触事故が起きやすい状況でのリスクが大幅に減少します。

一方、ドライバー・モニタリングとは、赤外線カメラや赤外線LEDによりドライバーの居眠りや脇見運転などをチェックし、警報音により注意を促す装備です。

この2つの装備があれば、運転時の安心感が大幅に高まることは間違いないでしょう。

価格は85,300円と安くはありませんが、出費以上の価値があるといえます。

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

ボーズ・サウンドシステム+12スピーカー

マツダ3のボーズサウンドシステム

画像:mazda.co.jp

マツダ3のオーディオシステムは、標準装備品も音質にこだわった設計となっていますが、更に音質を徹底追及するならメーカーオプションの「ボーズ・サウンドシステム+12スピーカー」の装着がおススメです。

日本でも人気が高い米国のオーディオメーカー、ボーズ社とマツダが共同開発したオーディオシステムで、車内12か所に設定されたスピーカーから迫力と臨場感に溢れるサウンドを再生します。

更にステレオ音声もサラウンド再生できる「センターポイント2機能」や、走行ノイズを補償してクリアな音声を実現する「オーディオパイロット2」も搭載されるなど、機能面でも魅力的です。

価格は75,600円しますが、オーディオにこだわるならこの出費を渋るべきではないでしょう。

マツダ3のおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

アクリルバイザー

アクリルバイザーとは聞き慣れない名前ですが、要はドアバイザーのことです。

ドアバイザーは、雨天時でも窓を少し開ける事で換気ができるほか、エアコンを入れずとも窓の曇りを防ぐことができるなど、メリットが大きいため人気も高くなっています。

一方、一般的に外観が少し野暮ったく見えたり、高速走行時の風切り音が大きくなるなどの欠点もありますが、マツダ3用のアクリルバイザーは見た目のスマートさや風切り音の低減を追及している優れモノです。

価格は28,296円と手頃なので、付けておいて損はないでしょう。

ファストバックならフロントアンダースカート+リアルーフスポイラー、セダンならリアスポイラー

マツダ3のフロントアンダースカート

マツダ3のリアルーフスポイラー

画像:mazda.co.jp

スタイリッシュなマツダ3を一層カッコよく見せるオプションとして、ファストバックなら「フロントアンダースカート+リアルーフスポイラー」のセットが、セダンなら「リアスポイラー」がおススメです、

公式ホームページでは空力特性の改善については触れていませんが、ダウンフォース効果による高速走行時の操縦安定性向上も期待できるかもしれません。

価格はフロントアンダースカート+リアルーフスポイラーが142,854円、リアスポイラーが47,088円で、特に前者は結構いいお値段に設定されています。

しかし他のマツダ3に差を付けたいなら、是非とも奮発して装着したいところです。

ジェットブラックMc車以外ならドアミラーガーニッシュ

マツダ3のドアミラーガーニッシュ

外観にさりげなくワンポイントのアクセントを加えたいなら、「ドアミラーガーニッシュ」の装着が効果的です。

色はジェットブラックMcで、ボディカラー同色のドアミラーにこのオプションを付けることでピリっとスパイスが効いた外観になります。

(※ジェットブラックMcのボディカラーを選んだ場合、標準装備されます。)

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアマット(スポーツ)

足元に高級感をプラスすると同時に、フロア自体が汚れてしまうのを防ぐフロアマットは、装着率が100%近い人気オプションとなっています。

マツダ3には毛足の長い「プレミアム」と短い「スポーツ」の2種類が用意されていますが、おススメはスポーツの方です。

毛足が短い方が掃除が楽な上、プレミアムよりも1万6千円ほど安い(33,264円)ことがその理由です。

スポーツペダルセット

運転中は勿論ペダルを見ることはありませんが、乗り込んだ際にペダルの見た目が良いとドライビングに臨む気持ちも高まるというものです。

マツダ3のスポーツペダルセット

画像:mazda.co.jp

マツダ3には、「スポーツペダルセット」と呼ばれるスタイリッシュなペダルがオプション設定されています。

単にデザイン性が高いだけでなく、踏んだ時の感触までこだわっている点が特徴です。

43,200円という価格は、たかがペダルと考えてしまえば高価に思えるかもしれませんが、心地良いドライブフィールを追及するなら装着した方が良いでしょう。

スカッフプレート

マツダ3のスカッフプレート

画像:mazda.co.jp

「スカッフプレート」は、ドアシルの上質感を高めるオプションとして人気があります。

ヘアライン調+ブライト仕上げで、フロントはドア開閉時に「MAZDA3」のロゴが点灯するギミックも付くので、乗り降りする度に気分が良くなること請け合いです。

価格は46,440円で少し高価に感じるかもしれませんが、是非ともフンパツしたいところです。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

ブルーミラー

マツダ3のブルーミラーのイメージ画像

ドアミラー鏡面をオプションの「ブルーミラー」に交換すると、親水加工により雨滴をなじませる機能が付くので雨天時の安全性が向上します。

また、ブルーの色により夜間走行時に後続車のヘッドランプの眩しさを軽減する効果もあるので、かなりおススメです。

価格は22,032円と、手頃に設定されています。

ナビのおすすめディーラーオプションは?

ナビゲーション用SDカードアドバンス

マツダ3のナビ

画像:mazda.co.jp

他のマツダ車と同様、マツダ3もインパネ中央にセンターディスプレイが標準装備されるため、ナビが欲しい場合はオプションの「ナビゲーション用SDカードアドバンス」の購入が事実上唯一の選択肢になります。

社外品の高級ナビと比較すると性能や機能では一歩を譲るものの、実用上困るというわけではありません。

価格は52,919円とさほど高いわけでなく、この出費でナビ機能がプラスされるならお値打ちといってよいでしょう。

また、マツダ3の値引きが渋いうちは、無料サービスしてくれる率の高いオプションでもあります。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

ドライブレコーダーは社外品がお得

マツダ3のドライブレコーダーは社外品がお得?

画像:mazda.co.jp

事故や煽り運転に逢ったときのために、ドライブレコーダーは今や必須のアイテムといえるでしょう。

マツダ3にも抜かりなくオプション設定されていますが、録った映像をセンターディスプレイで再生できるわではなく、オプションのドライブレコーダーとしては機能的な魅力に欠けます。

それでいて、価格は4万円以上もするので割高感は否めません。

それなら、高画質・高機能な機種でも2~3万円程度で手に入る社外品を選んだ方がベターです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


マツダ3の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのマツダ3値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がマツダ3を限界値引きで購入しています。

今月のマツダ3の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>マツダ3値引き交渉マニュアル

-マツダ3の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.