マツダ3の評価集

マツダ3は運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

マツダ3は運転しやすい?難しい?ボディサイズや駐車のコツをチェック!

「マツダ3」は先代のアクセラ以上にスタイリッシュなフォルムが魅力ですが、あまり運転しやすそうなイメージはないかもしれません。

カッコよさに惚れてしまった方にとっても、本当に運転が難しかったら購入を躊躇してしまうのではないでしょうか?

そこで、実際のところマツダ3は運転がしやすいのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください!

マツダ3の大きさは?ボディサイズをチェック

マツダ3にはセダンとファストバックと呼ばれるハッチバックがありますが、ここでは人気の高いファストバックのボディサイズをチェックします。

【マツダ3 ファストバック XD Lパッケージ】
全長 4,460mm
全幅 1,795mm
全高 1,440mm

4.5m近い全長と1.8mに迫る全幅は、ハッチバック車としてはかなり大柄な方です。

全長はともかくとして、狭い路地での離合や狭い駐車場への駐車などを考えると、ワイドな全幅は不安要素といえます。

弟分の「デミオ」からマツダ3への乗り換えを検討している方も多いと思いますので、大きさを比較してみましょう。

マツダ3とデミオを比較

【デミオ XD Lパッケージ】
全長 4,060mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm

マツダ3はデミオと比較すると全長が40cm長く、全幅は10cm広いディメンションです。

ひと回り以上大きい上に、全高が低い分アイポイントも低くなるので、乗り換えた場合は実際のサイズ以上に大きさを意識させられるかもしれません。

マツダ3の小回りは効くか?マツダ3の最小回転半径

マツダ3の最小回転半径は?

次に、マツダ3の小回り性を検証してみましょう。

マツダ3の最小回転半径は5.3mで、このクラスとしては平均的ですが、デミオの4.9mと比較すると40cm大きい数値です。

ボディが大きい上に小回り性も劣るとなると、デミオでは切り返しなしで駐車できた駐車スペースで切り返しが必要になる、といったケースも出て来るでしょう。

とはいえ、余程狭い駐車場でない限り、駐車が憂鬱になるというほどではないはずです。

マツダ3は運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

マツダ3の車両感覚&運転感覚

マツダ3のフロントの見切りはイマイチ

マツダ3はなだらかにスラントしたボンネットを持っているので、運転席から先端部を見ることはできません。

マツダ3はボンネットの長さが結構ある

ボンネットの長さもそこそこあるので、切り返しの際に鼻先を障害物ギリギリまで寄せるのは、かなり気を使います。

ただ、「フロントパーキングセンサー」が標準装備されるので(※15S系のMT車はオプション)、警報音を無視しない限り壁や他の車などにぶつけてしまうことはないでしょう。

また、斜め前方の視界に関してですが、この点でもイマイチです。

マツダ3はAピラーの傾斜が強い!

Aピラーはそれほど太くはないものの、かなり傾斜が強いので斜め前方の視界を遮ってしまいます。

交差点で右左折する時の横断歩道上や、ワインディング走行をする際は、十分な安全確認が必要です。

マツダ3はAピラーとドアミラーの間に隙間があるので斜め前方の視界はそこそこである。

一方、Aピラーとドアミラーの間に隙間があり、視界を塞いでいない点は評価できます。

マツダ3の車幅の感覚は掴みやすい?

マツダ3は運転席からボンネットの先端が見えないことは先程解説しましたが、手前側は視野に入りいます。

それだけでも車幅の感覚を掴む目安になるので、狭い路地での離合や幅寄せがとても難しいというわけではありません。

とはいえ全幅が1.8m近い3ナンバー車なので、5ナンバー車と比べると気を使うこともまた事実です。

マツダ3の後方視界は良くない

スタイリングにこだわったマツダ3はグリーンハウス(車室)が小さいので、リアウィンドウの面積も決して大きいとはいえません。

そのため、後方視界はいまひとつです。

マツダ3ファストバックはCピラーが太いので斜め後方視界は悪い

また、斜め後方視界に関してですが、ファストバックの場合はCピラーが太いので死角が大きくなっています。

一方、セダンはファストバックよりはCピラーが細く、幾分死角が少なくないものの、やはりあまり褒められたものではありません。

マツダ3の駐車にはコツがある?

マツダ3は先ほど解説したように後方及び斜め後方視界にやや難があるため、バックでの駐車はそれほどイージーではありません。

特にセダンの場合は、リアのオーバーハングがファストバックよりも20cm長い上、運転席からトランクリッドの後端が目視できないので、バックでの駐車はファストバック以上に注意が必要です。

マツダ3のリアパーキングセンサー

画像:mazda.co.jp

ただ、マツダ3は全車に接触事故防止をサポートする「リアパーキングセンサー」や、後方の映像をセンターディスプレイに表示する「バックガイドモニター」が標準装備されるので、視界の欠点をある程度カバーしてくれます。

マツダ3で駐車する際のコツは、肉眼での目視をメインとしつつバックガイドモニターの映像も時折見ながら、ゆっくりとバックするといいでしょう。

また、マツダ3はベルトラインが後ろ上がりになっているので、ベルトラインを目安に駐車しようとすると車体が斜めになってしまいます。

白線の枠内に真っ直ぐに停めるには、「カッコ悪い」などと思わずに窓から顔を出してバックするのがおススメです。

マツダ3の運転で役立つアイテム

360°ビュー・モニター

マツダ3の視界や見切りの欠点をカバーするアイテムとしておススメしたいのが、全車にディーラーオプション設定されている「360°ビュー・モニター」です。

これは、車両の前後左右4箇所に搭載されたカメラの映像をセンターディスプレイに表示するほか、各種警報音によって運転をサポートするアイテムになります。

マツダ3の360°ビュー・モニター

画像:mazda.co.jp

例えば狭いスペースに駐車する際は、シフトレバーをDに入れると前方の「フロントビュー」と上から俯瞰した「トップビュー」の映像を、Rにいれると後方の「リアビュー」とトップビューの映像を表示するので、ぶつけてしまうリスクが大幅に減るはずです。

もしバックで出庫する際は、シフトレバーをRに入れた後でコマンダーノブを押せば、後方の映像を広角に表示する「リアワイドビュー」に切り替わるので、後方左右の安全確認が容易になります。

また、見通しの悪い交差点に進入する時は、スイッチを押すと前方の映像を広角に表示する「フロントワイドビュー」が役立つことでしょう。

それと、狭い路地での離合の際には、スイッチを押すと車両の左右の映像を表示する「サイドビュー」が頼りになります。

価格は85,300円と決して安くはありませんが、メリットを考えればむしろお値打ちといえそうです。

マツダ3の運転のしやすさまとめ

マツダ3

マツダ3はフロントの見切りや後方視界にやや難があるので、このクラスとしてはあまり運転しやすい車ではありません。

パーキングセンサーやバックカメラが付くとはいえ、全方位的に視界が良い車と比べると運転が難しいと言わざるを得ないでしょう。

そうした欠点を持つだけに、視界を補ってくれる360°ビュー・モニターは心強い味方といえます。

特に運転に苦手意識のある女性の方には、360°ビュー・モニターは絶対のおススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


マツダ3の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのマツダ3値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がマツダ3を限界値引きで購入しています。

今月のマツダ3の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>マツダ3値引き交渉マニュアル

-マツダ3の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.