ムーヴの評価集

ムーヴキャンバスに欠点・デメリットはあるか?ムーヴキャンバスを徹底評価!

更新日:

ムーヴキャンバスに欠点・デメリットはあるか?ムーヴキャンバスを徹底評価!

女性ユーザーを主なターゲットとし、個性的な内外装デザインやユーティリティーを追及したパッケージングなどを持ち味とする軽ハイトワゴン、「ダイハツ・ムーヴキャンバス」の欠点といいところを、徹底評価します!

パワートレインは全車NAエンジンとCVTの組み合わせで、駆動方式はFFと4WDが設定されています。

また、安全装備面では、最廉価グレードを除く全車に先進安全運転支援システム「スマートアシストⅢ」が標準装備されます。

ムーヴキャンバスを評価!欠点、デメリットはあるか?

ムーヴキャンバスのエクステリアの欠点は?

ムーヴキャンバスのスタイリングは、女子ウケを狙って可愛らしさが強調されているので、男性が乗るには少し抵抗感があるかもしれません。

ムーヴキャンバスのフロントマスク

もし、フロントマスクをキリっとしたデザインに変更し、エアロパーツを装着したグレードを追加すれば、もっと多くの男性ユーザーを獲得出来るでしょう。

ムーヴキャンバスのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

ダイハツが得意とするセンターメーター方式を採用していますが、この方式の欠点は、メーターを確認する際に視線を左に向ける必要があることです。

そのため、スピードを確認する時に、肝心の前方への注意がおろそかになる危険性があります。

それをカバーするためには、スピードなどをデジタル表示するヘッドアップディスプレイが欲しいところです。

また、ドアトリムを含めて質感はプラスチッキーで、高級感には欠けます。

前席&後席

前席は、大柄な男性が乗ると少し小振りに感じられます。

一方、後席は前席と比べて座面のクッションが薄く、乗り心地が劣ります。

また、サポート性にも難があり、コーナーを曲がる時に乗員が左右に振られてしまうのも欠点です。

収納&荷室スペース

荷室スペースは、軽スーパーハイトワゴン「タント」と比べると若干狭くなっています。

また、5:5分割可倒式のリアシートを倒した時に段差が出来る上、フロアに傾斜があるので、使い勝手はいまひとつです。

ムーヴキャンバスのパワートレインの欠点は?

900kgを超える車体には、660ccのNAエンジンでは力不足です。

出力・トルクの絶対値が足りないほか、最大トルクの発生回転数が5,200回転と高いので、特に低回転域で非力に感じるのが欠点です。

そのため、平坦な路面でも発進加速が緩慢で、ゴー&ストップの連続する街中ではストレスが溜まります。

さらに、上り坂や高速道路の走行では、非力さが一層気になってしまいます。

ムーヴキャンバスの走行性能の欠点は?

全高が軽ハイトワゴンの「ムーヴ」より若干高いため、コーナリング特性はムーヴと比べると安定性重視で、やや曲がりにくい性格になっています。

コーナーの連続する山道を走行する機会が多い人は、ムーヴを選んだ方が良いでしょう。

ムーヴキャンバスの乗り心地は?

また、ロールを抑えるためサスペンションが固められており、乗り心地がゴツゴツとしているのも、ムーヴキャンバスの欠点です。

ムーヴキャンバスの装備面の欠点は?

便利な「オートライト」や「雨天感知式オートワイパー」がどのグレードにも装備されないのは、残念なところです。

また、冷え性の人が多い女性ドライバーには、運転席シートヒーターが付いていると喜ばれるはずですが、ムーヴキャンバスの場合オプション扱いになってしまうのが残念なところです。

ムーヴキャンバスの安全性能の欠点は?

前席の乗員を側面衝突から守るSRSサイドエアバッグは、上級グレードにしか付きませんが、グレードで安全性能を差別するのはやめて欲しいものです。

また、後席の乗員を側面衝突から守るSRSカーテンシールドエアバッグは、オプション設定すらありません。

SRSエアバッグの設定に関しては、「ホンダ・N-BOX」に大きく見劣りします。

ムーヴキャンバスのグレード体系・価格面での欠点は?

グレード体系の面では、ターボ車の設定が無いことが大きな欠点になっています。

ムーヴキャンバスのメインユーザー層となる女性でも、パワフルな走りを望む人はいるはずですし、男性ユーザーの開拓という面からも、是非ともターボ車を追加して欲しいところです。

また、価格は118万8,800円~166万8,600円ですが、ムーヴと比べるとかなり高めの設定になっています。

ターボが付かないのにこの価格では、コストパフォーマンス面で割高に感じられてしまいます。

ムーヴキャンバスを評価!いいところは?

ムーヴキャンバスのエクステリアのいいところは?

他のどの軽自動車にも似ていない個性的なデザインを持っている点は、高く評価出来ます。

また、視覚的にタントのような「頭でっかち」の不安定感も無く、背高ボディなりにバランスが取れています。

ムーヴキャンバスのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

高級感こそ無いものの、ポップなデザインとカラーリングは楽しさが感じられます。

また、インテリア全体の雰囲気が車内というより部屋の中のような感じなので、癒しが得られます。

前席&後席

前席の座り心地は良好で、フロントウィンドウの距離が遠いことから開放感もあります。

後席は、座り心地の問題はあるものの、左右別々に240mmのロングスライドが出来たり、背もたれをリクライニング出来るなど、機能性が優れています。

また、ヘッドクリアランスやニースペースも、余裕タップリです。

収納&荷室スペース

何かと持ち物の多い女性をターゲットとしているだけあり、収納スペースは十分過ぎる程用意されています。

特に、靴などが収納出来る「助手席シートアンダートレイ」や、食品やハンドバックなどが置ける後席の「置きラクボックス」などは、とても重宝しそうです。

荷室スペースの点では、デッキボード下に備わる「大容量深底ラゲージアンダーボックス」が、背の高い荷物を積みたい時に役立ちます。

ムーヴキャンバスのパワートレインのいいところは?

平坦な一般道では、一旦スピードに乗ってしまえばストレスなく走ることができるので、信号の少ない田舎に住んでいる人なら不満が無いかもしれません。

また、静粛性が高いのもムーヴキャンバスのいいところです。

ムーヴキャンバスの走行性能のいいところは?

コーナリング時にグラっと来るロール感は抑えられているので、山道を走っても不安感はありません。

また、ステアリングの手応えがしっかりしていることや、コーナーを曲がった後のステアリングの戻りがいいことも、ムーヴキャンバスの美点です。

ムーヴキャンバスの装備面のいいところは?

全高1.7m以下の軽ハイトワゴン車で唯一の後席スライドドアは、乗り降りがラクに出来る上、ちょっとした荷物を載せる場合などにも重宝します。

スライドドアの利便性に馴れてしまうと、もうヒンジ式ドアには戻れなくなるでしょう。

また、上級グレード「G」系に付く軽自動車唯一の「AFS」は、ステアリングを切った方向にヘッドランプが照射されるので、夜間走行時の安全性を高めてくれます。

ムーヴキャンバスの安全性能のいいところは?

ペダルの踏み間違えによる暴走事故を防ぐ「誤発進抑制制御機能」が、前方だけでなく後方にも備わるのは、軽自動車では現状ダイハツの「スマートアシストⅢ」だけです。

ペダルを踏み間違えるミスは、バックの時にも起きる可能性があるので、ライバル車に対する大きなアドバンテージになります。

ムーヴキャンバスの総合評価

エクステリア・デザインは、男性目線で見れば若干不満もあるものの、基本的にはプレーンなボディラインや、威圧感とは無縁の癒し系の雰囲気に好感が持てます。

インテリアは、明るいカラーリングやスッキリしたデザインのインパネが好印象ですが、センターメーターの視認性には注文を付けたくなります。

室内スペースや荷室スペースは、タントのようなスーパートール系には一歩を譲るものの、普通に使うには十分過ぎる程です。

ただ、後席の座り心地や、荷室のフロアがフラットにならない点には不満が残ります。

一方、収納面は様々な工夫がされているので、全く不満はありません。

パワートレインは、NAエンジンでは力不足なので、是非ともターボの設定が欲しいところです。

操縦安定性は、背高系モデルとしては無難にまとめられてるので、普通のペースで走る分には何の問題もありません。

一方、乗り心地の面では、もう少し煮詰める必用があるでしょう。

装備面では、夜間走行の安全性を高めるAFSの採用は評価出来ますが、シートヒーターがどのグレードにも標準装備されないのは残念です。

安全性能は軽自動車として平均的なレベルですが、ホンダ・N-BOXと比べると見劣りがします。

SRSサイド&カーテンシールドエアバッグは、全車に標準装備して欲しいものです。

ムーヴキャンバスを総合的に評価すると、個性的な内外装デザインや多彩な収納スペースなどは高く評価出来ますし、シャシー性能もしっかりしているものの、動力性能の不足が大きな欠点になっています。

ターボ車の設定があれば幅広い層におススメ出来るのですが、現状ではすべてのユーザーに諸手をあげておススメとはいきません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ムーヴキャンバスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのムーヴキャンバス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がムーヴキャンバスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のムーヴキャンバスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ムーヴキャンバス値引き交渉マニュアル

-ムーヴの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.