ムーヴの評価集

ムーヴキャンバスは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

更新日:

ムーヴキャンバスは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ムーヴキャンバスはそのファニーなスタイリングから、「誰にでも運転しやすい車」というイメージを抱きやすい車です。

しかし、見た目のイメージに反して意外と運転が難しい車もあるので、先入観だけで判断してしまうと失敗することがあります。

ここではムーヴキャンバスの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は是非とも参考にしてみてください。

ムーヴキャンバスの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ムーヴキャンバスの売れ筋グレード「X SAⅢ」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ムーヴキャンバス X SAⅢ】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm

全長・全幅はほかの現行軽自動車と同様、規格いっぱいのサイズです。

全高は一般的な軽ハイトワゴンよりも若干高めながら、軽スーパーハイトワゴン(タントなど)よりは低く設定されています。

ここで、軽ハッチバック車のミライースとサイズを比較してみましょう。

ダイハツ ミライース
※ミライース 出典daihatsu.co.jp

【ミライース X SAⅢ(2WD)】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm

全長・全幅に差はなく、全高はムーヴキャンバスの方が15cmほど高くなっています。

アイポイントもミライースより高いため、同じ軽自動車とはいえ運転感覚は異なったものに感じられるはずです。

ムーヴキャンバスの小回りは効くか?ムーヴキャンバスの最小回転半径

次に、ムーヴキャンバスの小回り性を検証してみましょう。

ムーヴキャンバスの最小回転半径は4.4mで、ミライースと全く同じ数値になっています。

ミライースよりもずっと立派に見えるので意外かもしれませんが、小回り性の良さは同等なのです。

また、ムーヴやタントなどと異なり、最小回転半径が拡大されてしまう15インチタイヤ装着グレードがないため、グレード選びのジレンマが少なくなっています。

ムーヴキャンバスは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ムーヴキャンバスの車両感覚&運転感覚

ムーヴキャンバスのフロントの見切りはまずまず

ムーヴキャンバスは運転席からボンネットの手前側の方は見えますが、先端部は確認できません。

そのため、フロントの見切りはまずまずといったところですが、ボンネットの長さが短く前方視界も良いため、フロントバンパーを障害物などにぶつけてしまう可能性は低いでしょう。

ムーヴキャンバスのフロントの見切りはまずまず
※ムーヴキャンバス 出典daihatsu.co.jp

また、斜め前方視界の点では、細く角度の立ったAピラー(フロントピラー)や大きな三角窓のお陰で、死角が少なくなっています。

交差点で右左折する際に、歩行者が発見しやすいのは大きなメリットです。

ムーヴキャンバスの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの一部が見え、左右のAピラーの間隔が狭いムーヴキャンバスは、車幅の感覚が掴みやすくなっています。

また、元より全幅の狭い軽自動車であることや高いアイポイントも、車幅の掴みやすさに一役買っているといえるでしょう。

狭い路地で車体を路肩いっぱいに寄せたり、対向車とすれ違う場合も難しくないでしょう。

ムーヴキャンバスの後方視界は良好

ムーヴキャンバスの後方視界は良好
※ムーヴキャンバス 出典daihatsu.co.jp

ムーヴキャンバスはリアウィンドウに十分な面積が取られているため、後方視界は良好です。

また、Dピラー(リアピラー)が細くリアクォーターウィンドウの面積も大きいので、斜め後方視界も優れています。

そのため、バックや車線変更の際に必要以上に気を使うことはありません。

ムーヴキャンバスの駐車にはコツがある?

ムーヴキャンバスは全方位的に視界が優れ、ボディの四隅の位置も比較的把握しやすいので、駐車に特別なコツはいりません。

ベルトラインが水平なので、白線の枠内に真っ直ぐ停めることも容易です。

ただし、ハイトワゴン系共通の特徴として各ウィンドウの下端部の位置が高いので、車両直近の死角が大きくなっています。

2~3歳くらいの幼児が近くにいると見えないことがあるので、発進前の周囲の安全確認は欠かせません。

また、左折時の背の低いポールの巻き込みには注意です。

ムーヴキャンバスの運転で役立つアイテム

G SAⅢ/L SAⅢならパノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパック

GとXのメイクアップリミテッドSAⅢ及びブラックインテリアリミテッドSAⅢには、運転に役立つアイテム「パノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパック」が標準装備されます。

ムーヴキャンバスのパノラマモニター(トップ&フロントビュー)
※ムーヴキャンバス 出典daihatsu.co.jp

パノラマモニターとは、車両の前後左右合計4箇所に設置されたカメラの映像を純正ナビ画面に表示し、以下にあげる6つのビューで安全確認をサポートするアイテムです。

・車両を上から俯瞰した映像と車両前方の映像を併せて表示する「トップ&フロントビュー」

・車両を上から俯瞰した映像と車両後方の映像を併せて表示する「トップ&リヤビュー」

・車両前方の映像を広角表示する「フロントワイドビュー」

・車両後方の映像を広角表示する「リヤワイドビュー」

・車両の左右の映像を同時に表示する「レフト&ライトサイドビュー」

・車両の左側の映像と後方の映像を同時に表示する「レフトサイド&リヤビュー」

これらのビューを任意に切り替えることで、駐車時や狭い路地での離合の際、及び見通しの悪い交差点などで起きがちな接触事故を未然に防ぐことが可能です。

G SAⅢとX SAⅢには標準装備されませんが、メーカーオプションとして設定されているので、装着をお勧めします。

パノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパックには、フロントカメラ/サイドカメラ/バックカメラのほか、ステアリングスイッチ/16cmリヤスピーカー&ツィーター/GPSアンテナ/フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネスが含まれ、価格は57,240円です。

L SAⅢなら純正ナビ装着用アップグレードパック

最廉価グレードのL SAⅢには、残念ながらパノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパックの設定がありません。

しかし、バックカメラで捉えた車両後方の映像を純正ナビ画面に表示する「純正ナビ装着用アップグレードパック」を選ぶことは可能です。

パノラマモニターほどの多機能性はないものの、バック時の後方視界確認や、壁ギリギリに付ける時もバンパーと壁との距離が測れるので、便利なことは間違いありません。

純正ナビ装着用アップグレードパック
※ムーヴキャンバス 出典daihatsu.co.jp

価格は、バックカメラのほかにステアリングスイッチ/16cmリヤスピーカー&ツィーター/GPSアンテナ/フルセグTVフィルムアンテナ用ハーネスがセットになって24,840円です。

コーナーセンサー(フロント+リヤセット・ボイス4センサー付)

ムーヴキャンバスは運転席からボンネットの先端部までは見えないので、場合によってはフロントバンパーを障害物やほかの車両にぶつけてしまうこともあり得ます。

そんなリスクを低減するには、ディーラーオプションの「コーナーセンサー」の装着がお勧めです。

コーナーセンサー
※ムーヴキャンバス 出典daihatsu.co.jp

このアイテムは、前後のバンパーのコーナー部に設置された超音波センサーで障害物を検知し、3段階の警報音や音声、インジケーターでドライバーに注意を促す機能を備えています。

価格は58,882円とやや高価なので躊躇するかもしれませんが、ぶつけたりこすったりするリスクを減らすなら、万全を期すためにも付けておくと便利でしょう。

ムーヴキャンバスの運転のしやすさまとめ

ムーヴキャンバスは視界の良さや車幅の感覚の掴みやすさなどから、軽自動車の中でも運転がしやすい部類に入ります。

免許取り立ての初心者や運転が得意でない女性でも、容易に乗りこなせるはずです。

更にここで紹介したアイテムを装着すれば、一層運転しやすい車になるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ムーヴキャンバスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのムーヴキャンバス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がムーヴキャンバスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のムーヴキャンバスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ムーヴキャンバス値引き交渉マニュアル

-ムーヴの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.