ムーヴの評価集

ムーヴは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

更新日:

ムーヴは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ムーヴは軽自動車の中でも人気の高い定番モデルなので、運転しやすい車というイメージがあるかもしれません。

しかし、人気モデルの中にも意外と運転が難しい車もあるので、先入観だけで判断してしまうのは危険です。

ここではムーヴの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は是非とも参考にしてみてください。

ムーヴの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ムーヴの売れ筋グレード「X SAⅢ」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ムーヴ X SAⅢ】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm

全長・全幅はほかの現行軽自動車と同様に規格いっぱいのサイズで、全高は軽ハイトワゴンの標準的な高さとなっています。

ここで、軽ハッチバック車のミライースとサイズを比較してみましょう。

ダイハツ ミライース
※ミライース 出典daihatsu.co.jp

【ミライース L SAⅢ(2WD)】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm

ムーヴはミライースと比較すると、全高が13cm高くなっています。

アイポイントもミライースより高いため、乗り換えた場合は運転感覚に違いを感じるはずです。

ムーヴの小回りは効くか?ムーヴの最小回転半径

次に、ムーヴの小回り性を検証してみましょう。

ムーヴの最小回転半径は4.4mで、ミライースと全く同じ数値になっています。

ボディがミライースより大きく見えるので意外に思うかもしれませんが、取り回しの良さはミライースと同等なのです。

ただし、15インチタイヤを履く最上級グレード、カスタムRSハイパーSAⅢを選ぶと最小回転半径が4.7mとなり、取り回しの良さはやや損なわれます。

それでも、登録車の中では小回り性の優れたトールの4.6~4.7mと同等ですし、実用面で困ることはまずないはずです。

ムーヴは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ムーヴの運転感覚&車両感覚

ムーヴのフロントの見切りはイマイチ

ムーヴのフロントの見切りはイマイチ
※ムーヴ 出典daihatsu.co.jp

フロントの見切りの良し悪しは、運転席からボンネットが見えるかどうかで大きく左右されます。

ムーヴの場合ボンネットがスラントしており、運転席からは見えないので、フロントの見切りはいまひとつです。

しかし、ボンネットの長さは短く、前方視界も良いため、フロントバンパーを障害物などにぶつけてしまう可能性は低いといえるでしょう。

また、斜め前方視界の点では、Aピラー(フロントピラー)の角度が比較的立っている上、死角を軽減するための三角窓が備わるので、良好です。

したがって、交差点で右左折する際に歩行者が発見しやすくなっています。

ムーヴの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットが見え、左右のAピラーの間隔が狭い車は、車幅感覚の掴みやすさの点で有利です。

ムーヴの場合、先ほど解説したようにボンネット先端は見えないものの、全幅が狭いため左右のAピラーが同時に視野に収まるので、比較的車幅が掴みやすいといえます。

また、アイポイントの高さも車幅の掴みやすさの点で有利に働くので、狭い路地でのすれ違いや幅寄せなども決して難しくありません。

ムーヴの後方視界は良好

ムーヴの後方視界は良好!
※ムーヴ 出典daihatsu.co.jp

ムーヴはリアウィンドウに十分な面積が取られているため、後方視界が優れています。

ただ、Dピラー(リアピラー)の下側が太く、リアクォーターウィンドウの面積も小さいので、斜め後方視界は他軽自動車と比べると若干見えづらい部分はあります。

とはいえ、大きな問題になるほどではありません。

ムーヴの駐車にはコツがある?

ムーヴは斜め後方視界こそいまひとつながら、ボディ後端部の位置が把握しやすいので、バックでの駐車も特に難しくありません。

ただし、これはハイトワゴン系共通の特徴ですが、ベルトラインが高いので車両直近の死角が大きくなっています。

背の低い子供やポールなどが死角に入ってしまう可能性もあるので、その点は十分注意が必要です。

また、縦列駐車をする際は、運転席から位置が把握しにくいフロントバンパーを前方の車にぶつけてしまわないよう、注意を心掛けた方が良いでしょう。

ムーヴの運転で役立つアイテム

カスタム系ならパノラマモニター対応カメラ/パノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパック

ムーヴにはカスタム系と標準系の2つのデザインラインが設定されていますが、もしカスタム系を選ぶなら、メーカーオプションの「パノラマモニター対応カメラ」(※RSハイパーSAⅢ/XリミテッドSAⅢに設定)または「パノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパック」(※Xに設定)の装着をお勧めします。

パノラマモニターとは、車両の前後左右合計4箇所に設置されたカメラの映像を純正ナビの画面に表示し、駐車時などの安全確認をサポートするアイテムです。

パノラマモニターのトップ&フロントビュー
※ムーヴ 出典daihatsu.co.jp

視点は、

  • 車両を上から俯瞰した映像と車両前後の映像を併せて表示する「トップ&フロントビュー」及び「トップ&リヤビュー」
  • 車両前方の映像を広角表示する「フロントワイドビュー」
  • 車両後方の映像を広角表示する「リヤワイドビュー」
  • 車両の左右の映像を同時に表示する「レフト&ライトサイドビュー」
  • 車両の左側の映像と後方の映像を同時に表示する「レフトサイド&リヤビュー」

の6種類を切り替えられます。

任意に視点を切り替えることで、駐車時のみならず、狭い路地での離合や見通しの悪い交差点での安全確認にも役立つなど、メリットの大きいアイテムです。

価格は、フロントカメラとサイドカメラから構成されるパノラマモニター対応カメラが32,400円、フロントカメラ/サイドカメラ/バックカメラと16cmリヤスピーカー&ツィーター/GPSアンテナ/フルセグTVアンテナから構成されるパノラマモニター対応純正ナビ用アップグレードパックが59,400円となっています。

標準系なら純正ナビ装着用アップグレードパック

標準系のムーヴには、残念ながらパノラマモニターの設定はありません。

しかし、バックカメラで捉えた車両後方の映像を純正ナビ画面に表示する「純正ナビ装着用アップグレードパック」がメーカーオプション設定されているので、これを装着すると良いでしょう。

ムーヴの純正ナビ装着用アップグレードパック
※ムーヴ 出典daihatsu.co.jp

このアイテムを付けることで、車両のすぐ後ろにいる子供などが発見しやすくなり、事故のリスクが軽減されます。

また、駐車場で駐車枠いっぱいまで車を下げる時や、壁等ギリギリに付けるときなど、バックカメラがあれば簡単に寄せる事が出来ます。

価格は、ステアリングスイッチ/16cmリヤスピーカー&ツィーター/GPSアンテナ/フルセグTVアンテナがセットになって27,000円です。

コーナーセンサー(フロント)

フロントコーナーセンサー
※ムーヴ 出典daihatsu.co.jp

ムーヴはフロントの見切りがいまいちなので、それをカバーするためのディーラーオプション「コーナーセンサー(フロント)」の装着をお勧めします。

このアイテムは、フロントバンパー左コーナー部に設置された超音波センサーで障害物を検知し、距離に応じて3段階の警報音でドライバーに注意を促すものです。

特に威力を発揮するのが縦列駐車時で、フロントバンパーを他の車両にぶつけてしまうリスクを軽減する効果が期待できます。

価格は25,466円と比較的安価ですし、付けておいて損はしないでしょう。

ムーヴの運転のしやすさまとめ

ムーヴは運転席からボンネットが見えない欠点はあるものの、総合的に見れば運転がしやすい部類に入ります。

また、コーナーセンサーを装着すれば前述の欠点がカバーされるので、より運転がしやすい車になるでしょう。

それでもムーヴの運転に不安を感じるという方や、運転そのものに苦手意識のある女性ドライバーの方は、メーカーオプションのパノラマモニターやバックカメラを選ぶことをお勧めします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ムーヴの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのムーヴ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がムーヴキャンバスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のムーヴの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ムーヴ値引き交渉マニュアル

-ムーヴの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.