NBOXの値引き

総額はいくら?NBOXカスタム G・Lホンダセンシングの値引きと総価格をシミュレーション

ここでは、ホンダNBOXカスタムG・Lホンダセンシングの値引きと諸費用を含んだ新車見積もりシミュレーションをしています。

また、他のグレードとの装備比較やライバル車との比較、NBOXカスタムを安く買うためのライバル車との競合の仕方、実燃費、リセールバリューなど、NBOXカスタムG・Lホンダセンシングを購入するなら、是非参考にしてみて下さい。

売れ筋人気グレードのNBOXカスタム G・Lホンダセンシングを他のグレードと比較

グレード名NBOXカスタム G LホンダセンシングNBOXカスタム G EXホンダセンシング
価格1,746,800円1,801,800円
価格差-55,000円
装備比較14インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ
NBOXカスタム GLの14インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ
同左
リア左側パワースライドドア(右側はMOP)
NBOXカスタム GLのリア左側パワースライドドア
同左
両側スライドドアイージークローザー
NBOXカスタム GLの両側スライドドアイージークローザー
同左
インテリアイルミネーション(キャンドルホワイト)
NBOXカスタム GLのインテリアイルミネーション
同左
自動ブレーキ(ホンダセンシング)
NBOXカスタム GLの自動ブレーキ
同左
クルーズコントロールあり(ホンダセンシング)
NBOXカスタム GLのクルーズコントロールあり
同左
電動格納式リモコンカラードドアミラー
NBOXカスタム GLの電動格納式リモコンカラードドアミラー
同左
フルオートエアコン(プラズマクラスター付)
NBOXカスタム GLのフルオートエアコン
同左
スマートキー&プッシュスタート
NBOXカスタム GLのスマートキー&プッシュスタート
同左
フロントベンチシート
NBOXカスタム GLのフロントベンチシート
助手席スーパースライドシート
NBOXカスタム GEXの助手席スーパースライドシート
なしアルルクリーンプラスシート
NBOXカスタム GEXのアルルクリーンプラスシート
コンビニフック(助手席フロント&背面)
NBOXカスタム GLのコンビニフック
コンビニフック(運転席背面)
NBOXカスタム GEXのコンビニフック
フロントシートアームレスト
NBOXカスタム GLのフロントシートアームレスト
EX専用フロントシートアームレスト
(運転席/助手席コンビニフック付き)
NBOXカスタム GEXのEX専用フロントシートアームレスト
なし助手席フロントシートラッププリテンショナー
NBOXカスタム GEXの助手席フロントシートラッププリテンショナー

※MOP(メーカーオプション)

ホンダ NBOXカスタムG・Lホンダセンシングと同G・EXホンダセンシングの価格と主要装備を比較してみました。

アルミホイール&ラジアルタイヤ、パワースライドドア&イージークローザー、安全性能(ホンダセンシング)、インテリアイルミネーションにフルオートエアコン、スマートキー……等々、多くの装備に共通点が見られる両車ですが、

以下の違いが見られます。

【助手席スーパースライドシート】
G・EXホンダセンシングには助手席スーパースライドシートを採用、独立した助手席を前後に大きくスライドさせ、同乗者のリラックスや、荷物収容スペースの拡張などが便利になっています。

【コンビニフック】
G・EXホンダセンシングは助手席が大きく動く関係で、運転席の背面とアームレストに買い物袋などの荷物がかけられるようになっており、一方のG・Lホンダセンシングは助手席のフロントと背面にかけられるようになっていますが、これはユーザーによって使い勝手が異なるでしょう。

【アルルクリーンプラスシート】
これはシートの表皮に付着した、ダニやスギ花粉などのアレルゲン物質の活動をほぼ完全に抑制すると言われるスグレモノで、花粉症やアレルギー体質のユーザーにはとても助かる機能ですが、G・EXホンダセンシングの標準装備となっています。

【助手席フロントシートラッププリテンショナー】
これは前方から強い衝撃を受けた(要は何かにぶつかった)時、シートベルトを瞬時に巻き取ることで身体の大きな揺れを抑え、その後、シートベルトを少し送りだすことで胸部などへの圧迫を軽減する機能で、運転席には標準装備されていますが、G・EXホンダセンシングは助手席も標準装備されています。

こうした便利な装備を見ると、ついつい上級グレードが欲しくなってしまいますが、気になるのはそのお値段。

G・LホンダセンシングとG・EXホンダセンシングの金額差は55,000円、管理人なら「この価格差でこれだけ便利な装備がついているならお買い得!よーし決まり!」となるでしょうが、ウチのカミさんだとそうはいきません(苦笑)

「何ゼイタク言ってんのっ!」
「こっち(G・Lホンダセンシング)だって、十分いい装備いっぱいついてるでしょっ!」

……こんな感じで毎回、我が家は管理人の希望グレードから1~2ランク下のクルマを購入していますが、実際に乗ればすぐに慣れますし、購入の検討時はあれほど心奪われた?便利な装備たちも、「あればあったでいいけれど、別になくても問題ない」事に気づきます。

よって、ここでは経済性の高いG・Lホンダセンシングをおススメします。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングのエクステリア

NBOXカスタムG・Lホンダセンシング

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングのエクステリアです。

フロントバンパーはカスタム専用デザインで、上からダーククロームメッキのフロントグリル、クロームメッキのフロントガーニッシュ、フォグランプ横のクロームメッキのロアグリルモールと、メッキで加飾され迫力のあるフロントマスクとなっています。

特にフロントグリルはヘッドライトやウインカー部分まで一体となっていて、面積を広く取りカスタムらしい迫力ある配置となっています。

NBOXカスタムに限った事ではありませんが、フロントガラスは垂直気味に立っていて、軽自動車枠を目いっぱい使って居住スペースを稼いでいるのが分かります。

NBOXカスタムG Lホンダセンシング

NBOXカスタムG Lホンダセンシングのリアデザインです。

フロントバンパーからサイドシルガーニッシュ、リアバンパーに続くラインが、重心を低く見せるので、箱型ではありますが、どっしりとした佇まいとなっています。

面白みに欠ける箱型デザインを、前後のフェンダーをつなぐキャラクターラインとドア中央のラインが、メリハリを付けて凹凸あるボディを表現しています。

リアのナンバープレート上のガーニッシュにもフロント同様にメッキ加飾され、クリアテールレンズと相まってカスタム感を強調しています。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングのインテリア

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングのインテリア

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングのインテリアです。

最新のフルモデルチェンジによって、コクピット周りは大胆な模様替えが行われ、全体的にスッキリしたイメージになりました。

計器やスイッチ類はコンパクトにまとめられた一方、助手席フロントに設けられたインパネトレイや運転席のアッパーボックスはじめ、細々した収納をより充実させ、女性ユーザーの声を活かして改良されています。

また、インナードアハンドルやセレクトレバーボタンなど手で操作する部分にはクロームメッキ処理がなされ、外観・操作時の質感を高めているほか、キャンドルホワイトのインテリアイルミネーションも装備されており、華やかでありながら(フルモデルチェンジ前より)派手さを抑えたデザインとなっています。

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングの内装

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングの内装は、スタイリッシュなブラックにバーガンディ(burgundy・茶赤)のアクセントを入れてシックなセンスを演出しています。

フロントはベンチシートなので、空間を効率的に使えて便利です。アームレストを上げれば助手席と自由に行き来できるので、どちら側のドアからでも簡単に乗り降りが可能、狭い場所でも便利です。

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングのシート表

シート表皮は滑らかなブラックのファブリックと、織物調なバーガンディのアクセント。

こうしたセンスが、オトナな女性ユーザーはじめ、幅広く人気を集めそうです。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングの実燃費は?

NBOXカスタム

NBOXカスタム G ・Lホンダセンシングの平均実燃費 15.4km/L

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングのカタログ燃費は、27.0km/Lとなっています。

渋滞が発生するような市街地での燃費は、9~12km/Lまで落ちてしまうでしょう。反対に郊外の道路や流れの良い幹線道路では、16~18km/Lまで伸びてきます。

高速道路では、17~19km/Lまで伸びて、乗り方によっては20km/Lを超える実燃費も出ています。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

NBOXカスタム GLのライバル車

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングタントカスタム X SA IIIスペーシアカスタム ハイブリッドGS
1,746,800円1,699,500円1,606,000円
NBOXカスタムより47,300円安い140,800円安い
660cc660cc660cc
自動ブレーキあり自動ブレーキあり自動ブレーキあり
LEDヘッドランプLEDヘッドランプLEDヘッドランプ
8スピーカー2スピーカー2スピーカー
片側パワースライドドア(両側はMOP)片側パワースライドドア(両側はMOP)片側パワースライドドア(両側不可)
運転席シートヒーターなし運転席シートヒーターあり運転席シートヒーターあり
フルオートエアコン(プラズマクラスター付)オートエアコン(プッシュ式)フルオートエアコン
シートバックポケット(運転席・助手席)運転席シートバックポケット助手席シートバックポケット
オートパワードアロック(車速感応式)オートパワードアロック(車速感応式)オートパワードアロック(車速連動式)
スマートキー&プッシュスタートスマートキー&プッシュスタートスマートキー&プッシュスタート
オート電動格納式ドアミラーオート電動格納式ドアミラーオート電動格納式ドアミラー
ウレタンステアリングホイールウレタンステアリングホイールウレタンステアリングホイール
14インチアルミホイール14インチアルミホイール14インチアルミホイール

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

NBOXカスタムG・Lホンダセンシングの値引き交渉には他メーカーライバル車との競合がセオリーですが、その候補として、今回はダイハツのタントカスタムX SAⅢと、スズキのスペーシアカスタム ハイブリッドGSをピックアップしました。

どちらもG・Lホンダセンシングよりも10万円以上安く、装備も8スピーカーやシートバックポケット(運転席・助手席)くらいしかアドバンテージがなく、しかも寒い季節にとても助かるシートヒーターがない点を突いて、営業マンに焦りを感じさせるのが値引き交渉のポイントです。

例えば「嫁が寒さに弱くて、シートヒーターがついていてNBOXカスタムより安いタントカスタムやスペーシアカスタムを欲しがっているんだけど、自分はホンダが好きなのでNBOXカスタムを買いたい。なので、この金額差をひっくり返すことが出来れば、嫁を説得できるかも知れない」などと持ちかけてみるといいでしょう。

あくまで「私はあなた(営業マン)の味方。力を合わせてそれぞれの課題(ユーザーは家族の説得、営業マンは値引き)をクリアしよう」というスタンスで臨むことによって、営業マンも本気になってくれるでしょう。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングのリセールバリューは?

何年後かにNBOXカスタムG・Lホンダセンシングがいくらで売れるのか、気になる人も居るでしょう。

ここでは新車から1年経過後のNBOXカスタムG・Lホンダセンシングのリセールバリューを紹介します。

※新車から1年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場リセールバリュー差額
カスタムG・L159.6万円112万円70.1%47.6万円
カスタムG・Lホンダセンシング169.8万円121万円71.2%48.8万円
カスタムG・EX168.2万円119万円70.7%49.2万円
カスタムG・EXホンダセンシング175.2万円125万円71.3%50.2万円
カスタムG・Lターボホンダセンシング189.5万円141万円74.4%48.5万円
カスタムG EXターボ ホンダセンシング194.9万円145万円74.3%49.9万円
カスタムG・L(4WD)172.6万円121万円70.1%51.6万円
カスタムG・Lホンダセンシング(4WD)182.9万円131万円71.6%51.9万円
カスタムG・EX(4WD)181.3万円129万円71.1%52.3万円
カスタムG・EXホンダセンシング(4WD)188.3万円140万円74.3%48.3万円
カスタムG・Lターボ ホンダセンシング(4WD)202.6万円150万円74.0%52.6万円
カスタムG・EXターボ ホンダセンシング(4WD)208.0万円155万円74.5%53.0万円

3年落ちNBOXカスタムのリセールバリューは全グレード70%台となっており、これは3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)を上回っている事から、NBOXカスタムは買い替えにすぐれたクルマであると言えるでしょう。

その中でも、2WD・4WD共に上位グレードほど高リセールとなりやすい傾向が見られ、更にターボは4グレードすべて74%台と最高峰を占めていますが、最高グレード(74.5%)と最低グレード(70.1%)では4.4%の僅差ですから、好みで気に入ったグレードを買っても損はしないと思います。

ところで、高リセールを狙うなら、ボディカラーはホワイトパールかブラックを選んでおくと、他カラーと比べて3年以内の売却で10~30万円程度の高値がつきます(※修復歴なし、走行距離1万km/年ペース、状態は年式相応であることが前提です)。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングの値引き後の総支払額は?

NBOXカスタム フロントアップ

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのNBOXカスタム G・Lホンダセンシング新車値引き見積もり

グレード名NBOXカスタム G・Lホンダセンシング
車両本体価格1,746,800円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用117,050円
目標値引き▲100,000円
オプション値引き--
支払総額1,715,890円

オプションを全く付けない状態のNBOXカスタム G・Lホンダセンシングの見積もりは、値引きを含んで1,763,850円でした。

目安の目標値引きを達成できれば、ほぼ車両本体価格で(諸費用分を概ね浮かせて)購入できます。

しかし、せめてフロアマットくらいは欲しいので、純正オプションより安く買えるネット通販の価格を調べてみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット6,080円(22カラー)17,280円(スタンダード)
ドアバイザー5,960円16,200円
ナビゲーション44,820円(6.1型)105,840円(8インチ)
シートカバー9,800円~24,840円(ファブリック)

フロアマットやドアバイザー、シートカバーにナビも、純正オプションの半額以下で買える事が分かりました。

マットは純正形状なので、運転席のズレ防止フックも付いてますし、純正ではカバーされていない部分までマットでカバーできる形状の社外品もあります。

フロアマットなら自分で取り付け出来るので、お手軽に購入できますね。

ドアバイザーやナビ、シートカバーは自分で取り付けるには抵抗がある人も居るでしょう。その場合は、新車契約時に社外品の持ち込み取り付けを了承してもらって契約すると良いでしょう。

さらに値引き交渉と一緒に工賃サービスや割引で契約できれば、かなりお得にNBOXの付属品を付ける事が出来ます。

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだNBOXカスタム G・Lホンダセンシング新車値引き見積もり

NBOXカスタム G・Lホンダセンシング

グレード名NBOXカスタム G・Lホンダセンシング
車両本体価格1,746,800円
メーカーOPプレミアムホワイト・パールⅡ
OP価格32,400円
ディーラーOPプレミアムインターナビ 8インチモデル、ETC2.0車載器、ドライブレコーダー、ドアバイザー、フロアカーペットマット(スタンダード)
OP価格227,642円(工賃込み)
諸費用117,450円
目標値引き▲100,000円
OP値引き▲45,000円(ディーラーOPの20%)
支払総額1,979,292円

ボディカラーには、売却時にもプラス査定が見込めるプレミアムホワイトパールⅡを選んでいます。

ディーラーオプションには、ホンダインターナビ、走行状況を記録して、もしもの時に役立つドライブレコーダー、あとは定番のサイドバイザーとフロアマットを選択しています。

上記のオプションと諸費用、新車値引きを含んだNBOXカスタムG Lホンダセンシングの総価格は、1,979,292円となりました。

NBOXカスタム G・Lホンダセンシングの値引き実例は?

現行型NBOXカスタム G・Lホンダセンシングは、どの位の値引きでユーザーに購入されているのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2018年2月NBOXカスタムG・Lホンダセンシング15.0万円
2018年1月NBOXカスタムG・Lホンダセンシング(4WD)14.3万円
2018年1月NBOXカスタムG・Lホンダセンシング(4WD)22.8万円
2017年11月NBOXカスタムG・Lホンダセンシング25.6万円
2017年9月NBOXカスタムG・Lホンダセンシング20.6万円

2017年8月にフルモデルチェンジが入って以来、値引きのガードは緩んでいるものの、年が明けて年度末決算期を迎えても15万円前後で苦戦している方も多いようです。

値引きの傾向としては、大都市部は比較的ガードが緩く、地方は固いようなので、可能な方は少し足を伸ばしてでも大都市部でチャレンジしてみる事もおススメします。

車両本体とオプション値引きの合計で、20~25万円の限界値引きを勝ち取って欲しいと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


NBOXの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのNBOX値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がNBOXを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のNBOXの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>NBOX値引き交渉マニュアル

-NBOXの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.