NBOXの評価集

NBOXの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

投稿日:

NBOXの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

8月31日にフルモデルチェンジが実施され、走行性能・燃費の向上や室内スペースのさらなる拡大、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の採用などにより一層魅力がアップした軽スーパートールワゴン「ホンダ・N-BOX」の内装を徹底的に紹介します。

デザイン・ラインは先代同様標準系とカスタム系が用意されるほか、それぞれにベンチシート仕様とスーパースライドシート仕様が設定されています。

N-BOXの内装の質感は?

NBOXの内装色

標準系のG・ホンダセンシング(ベージュ×ブラウン)

NBOXの標準系のG・ホンダセンシング(ベージュ×ブラウン)
※NBOX:honda.co.jp

ドアライニングには表皮が張られておらず、樹脂素材となっています。

ドアオーナメントパネルとフロントインナーハンドルの色はベージュとなっています。

G・ホンダセンシングを除く標準系全車(ベージュ×ブラウン)

NBOX G ホンダセンシング以外のベージュ&ブラウン内装

NBOX G ホンダセンシング以外のベージュ&ブラウン内装

NBOX G ホンダセンシング以外のベージュ&ブラウン内装

NBOX G ホンダセンシング以外のベージュ&ブラウン内装

ドアライニングには表皮が張られておらず、ドアオーナメントパネルの色はこげ茶っぽいマックスアイボリーとなっています。

フロントインナーハンドルはG・LホンダセンシングとG・EXホンダセンシングがシルバー、G・Lターボ ホンダセンシングとG・EXターボ ホンダセンシングがクロームメッキとなります。

カスタムG・Lホンダセンシング/カスタムG・EX・ホンダセンシング(ブラック)

NBOXカスタムG・Lホンダセンシング/カスタムG・EX・ホンダセンシング(ブラック)
※NBOX:honda.co.jp

ドアライニングがフロントに限り表皮付きとなるほか、ドアオーナメントパネルにブロンズ塗装が、パワーウインドウスイッチパネルにピアノブラック調仕上げが施されるなど、標準系と比較すると質感がアップしています。

また、フロントインナーハンドルはクロームメッキとなります。

カスタムG・Lターボ ホンダセンシング/G・EXターボ ホンダセンシング(ブラック)

NBOXカスタムG・Lターボ ホンダセンシング/G・EXターボ ホンダセンシング(ブラック)
※NBOX:honda.co.jp

ドアライニングがフロント/リアとも表皮付きとなります。

それ以外はカスタムG・Lホンダセンシング/カスタムG・EX・ホンダセンシングと共通の仕上げになっています。

NBOXのシート表皮・デザイン

NBOX標準系

ベンチシート仕様のNBOX

スーパースライドシート仕様のNBOX

上の写真がベンチシート仕様(Gホンダセンシング/G・Lホンダセンシング/G・Lターボ ホンダセンシング)、下の写真が570mmのロングスライド機構が備わるスーパースライドシート仕様(G・EXホンダセンシング/G・EXターボ ホンダセンシング)です。

NBOXのシート表皮

表皮はトリコットで、色はベージュ×グレージュになります。

また、G・Lターボ ホンダセンシング/G・EXホンダセンシング//G・EXターボ ホンダセンシングには、アレルゲンやウイルスを不活性化するアレルクリーンプラスシートが装備されます。

NBOXカスタムG・Lホンダセンシング/カスタムG・EXホンダセンシング

NBOXカスタムG・Lホンダセンシング/カスタムG・EXホンダセンシング
※NBOX:honda.co.jp

写真のカスタムG・EXホンダセンシングがスーパースライドシート仕様、カスタムG・Lホンダセンシングがベンチシート仕様です。

表皮はトリコットで、色はブラック×バーガンディになります。

また、カスタムG・EXホンダセンシングにはアレルクリーンプラスシートが装備されます。

NBOXカスタムG・Lターボ ホンダセンシング/カスタムG・EXターボ ホンダセンシング

NBOXカスタムG・Lターボ ホンダセンシング/カスタムG・EXターボ ホンダセンシング
※NBOX:honda.co.jp

写真のカスタムG・EXターボ ホンダセンシングがスーパースライドシート仕様、カスタムG・Lターボ ホンダセンシングがベンチシート仕様です。

NBOXのシート表皮
※NBOX:honda.co.jp

表皮はプライムスムース&トリコットのコンビネーションで、色はブラック×バーガンディになります。

両グレードにアレルクリーンプラスシートが装備されます。

新型N-BOXの前席の座り心地は、シートのサイズがたっぷりしている上柔らかさとサポート性のバランスが良く、申し分ありません。

また、後席はチップアップ&ダイブイン機能を備えながらも、サイズや座り心地が犠牲になっていない点が評価できます。

NBOXのインパネ

標準系

NBOX標準系のインパネ

カスタム系

NBOXカスタムのインパネ
※NBOX:honda.co.jp

先代からデザインが一新され、メーターがステアリングホイール上部の視認性の良い場所に移動しました。

一方、開放感や前方視界は幾分スポイルされています。

NBOXのインパネ

NBOXカスタムのインパネ

標準系とカスタム系を比較すると、後者はエアコンアウトレットノブ&ルーバー、エアコンアウトレットダブルリングにクロームメッキ加飾が、オーディオガーニッシュにピアノブラック調/シルバー塗装が施されるなど、ゴージャスな雰囲気になっています。

N-BOXの収納・荷室の使い勝手は?

運転席回りの収納

ドリンクホルダー

NBOXのドリンクホルダー

NBOXのドリンクホルダー

先代同様、エアコンアウトレット前に備わります。

運転席アッパーボックス

NBOXの運転席アッパーボックス

NBOXの運転席アッパーボックス(オープン時)

NBOXの運転席アッパーボックス

先代ではメーターが備わっていた場所に、新たにボックスティッシュも収納できるアッパーボックスが装備されました。

ドライバーズロアポケット

NBOXの運転席ロアポケット

先代に引き続き、ステアリングポスト下部に小物が収納できるポケットが備わります。

フロントドアミドルポケット

NBOXのフロントドアミドルポケット

フロントドアミドルポケット

リップなどの小物を収納できるポケットで、先代より位置が低くなりました。

運転席ドアロアポケット(ボトルホルダー付)

NBOXの運転席ドアロアポケット

先代同様、運転席側ドアにペットボトルや雑誌などが収納できるポケットが備わります。

チケットホルダー

NBOXのチケットホルダー

先代同様に、駐車券や有料道路の通行券などを収納できるバニティミラー付サンバイザーが装備されます。

フロントドアアッパーポケット(左右)

NBOXのフロントドアアッパーポケット

ドアオーナメントパネルに、新たにリップなどの小物を収納できるポケットが装備されました。

ちょっとした物を見やすく取りやすい位置に収納できるので、重宝するスペースです。

センターロアボックス(※ベンチシート仕様車のみ)

NBOXのセンターロアボックス

NBOXのセンターロアボックス(オープン時)

ベンチシート仕様車のみに備わるもので、小型の折り畳み傘や携帯音楽プレーヤーなどの収納が可能です。

助手席回りの収納

収納式ドリンクホルダー

NBOXの収納式のドリンクホルダー

NBOXの収納式ドリンクホルダー

位置が先代のエアコンアウトレット前からシフトレバー横に移動したほか、収納式に変更されました。

また、形状がそれまでの丸型から、紙パックの収納も可能な角型に改められました。

インパネトレイ(助手席側)

NBOXのインパネトレイ

NBOXのインパネトレイ

先代よりも容量が大きくなりました。

スマホや小さめのタブレットを収納することも可能です。

グローブボックス

NBOXのグローブボックス

NBOXのグローブボックス(オープン時)

先代はボックスティッシュの収納が可能でしたが、インパネトレイの深さが増した影響で、車検証が入る程度のスペースに縮小されました。

コンビニフック(※ベンチシート仕様車のみ)

NBOXのコンビニフック

ベンチシート仕様車には、先代とほぼ同じ場所にコンビニ袋などが掛けられるフックが備わります。

フロントドアアッパーポケット(左右)

助手席側のドアオーナメントパネルにも、運転席側と同じポケットが備わります。

フロンドドアミドルポケット

NBOXのフロントドアミドルポケット

助手席側のドアにも、ミドルポケットが用意されています。

仕切りがあるので、用途に応じて使い分けられるのが便利ですね。

助手席ドアロアポケット(※ベンチシート仕様車のみ)

NBOXの助手席ドアロアポケット

ベンチシート仕様車のみ、運転席側と同様にボトルホルダー付のドアロアポケットが装備されます。

後席の収納

フロントシートアームレスト・コンビニフック(※スーパースライドシート仕様車のみ)

NBOXのフロントシートアームレストコンビニフック
※NBOX:honda.co.jp

スーパースライドシート仕様車には、フロントシートのアームレスト部分にコンビニフックが備わります。

運転席背面コンビニフック(※スーパースライドシート仕様車のみ)

NBOXの運転席背面コンビニフック

スーパースライドシート仕様車は、運転席背面にもコンビニフックが装備されます。

助手席背面コンビニフック(※ベンチシート仕様車のみ)

NBOXの助手席背面コンビニフック
※NBOX:honda.co.jp

ベンチシート仕様車のコンビニフックは、助手席背面の1箇所のみとなります。

シートバックアッパーポケット(運転席/助手席)

シートバックアッパーポケット(スーパースライドシート用)
※NBOX:honda.co.jp

シートバックアッパーポケット(ベンチシート用)
※NBOX:honda.co.jp

先代に引き続き備わるもので、上の写真がスーパースライドシート仕様車、下の写真がベンチシート仕様車となります。

いずれもスマホなどの小物を収納できます。

シートバックポケット(運転席/助手席)

NBOXのシートバックポケット

NBOXのシートバックポケット

NBOXのシートバックポケットを手で開けてみた!

こちらも先代から踏襲される収納で、上の写真がスーパースライドシート仕様車、下の写真がベンチシート仕様車です。

いずれも書類や雑誌などを収納できます。

ボトルホルダー(リア左右席)

NBOXのリアボトルホルダー

先代と同じ場所に備わります。

新型N-BOXの収納スペースは先代よりも増えているので、どんな人が使ってもまず不満は無いはずです。

特に運転席側にボックスティッシュが置けるようになったのは、花粉症持ちのドライバーには嬉しい点でしょう。

先代から唯一退歩した点は、シートバックテーブルが廃止されたことですが、恐らくニーズが余り無かったのでしょう。

N-BOXの荷室サイズは?どのくらい積める?

4名乗車時

NBOXの荷室サイズ

NBOXの荷室サイズ

NBOXの荷室サイズ

NBOXの荷室

後席は左右独立して19cmスライドできます。

また、4名乗車時の荷室長が先代比で25mm拡大されているので、買い物用途なら十分なはずです。

後席チップアップ時

NBOXの後席チップアップ時の荷室

後席をチップアップすれば、A型ベビーカーを畳まずに積むことができます。

ユーティリティ・モード

NBOXの荷室サイズ(ユーティリティモード)

NBOXの荷室(ユーティリティモード)
※NBOX:honda.co.jp

自転車を立てたまま積むことができます。

ロング・モード

NBOXの荷室(ロングモード)
※NBOX:honda.co.jp

長さ182cmの長尺物も余裕で収まります。

トール・モード

NBOXの荷室(トールモード)
※NBOX:honda.co.jp

荷室高さが右側で約116cm、左側で約130cmとなります。

新型N-BOXの荷室は、先代譲りの多彩なシートアレンジが可能である一方、後席をダイブダウンしても完全にはフラットにならない点も踏襲しています。

しかし、軽乗用車でこれだけの荷室スペースと使い勝手の良さを備えている点はとても評価できます。

NBOXの低床化で荷物の積み下ろしが楽チンに!

また、低床化に伴いテールゲート開口部が75mm下げられたので、自転車や重量物の積み下ろしがラクになりました。

N-BOXの内装まとめ

先代からのキープコンセプトながら、収納スペースの増設や室内および荷室の使い勝手改善など、着実に進化を果たしています。

内装全体の質感やシートの出来なども、軽自動車としては上々と言えそうです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

NBOXの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのNBOX値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がNBOXを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のNBOXの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>NBOX値引き交渉マニュアル

-NBOXの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.