ノアの評価集

ノアは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アイキャッチ画像

ノアは実際に運転しやすいのか、難しいのか?

ミニバンのノアは、見た目でボディが大きく感じてしまうので、運転が苦手な方は自分で運転する事に躊躇してしまうかもしれません。

しかし、そんな人が乗ると意外にも大きさを感じず、運転がしやすいと言った評価を聞きます。

ここでは、ノアは運転しやすいのかどうか、運転のコツや便利なアイテムなどを紹介しているので、参考にしてみて下さい。

ノアの大きさは?ボディサイズをチェック

【ノア 2.0Si】
全長 4,710㎜

全幅 1,735㎜
全高 1,825㎜

ノア2.0Siのボディサイズです。

Siはエアロボディのため全幅で5ナンバーサイズを超えていますが(標準ボディは1695㎜)、扱いやすいミドルサイズのミニバンです。

ノアとコンパクトカーのヴィッツの大きさを比較してみましょう。

ヴィッツのボディサイズ

【ヴィッツ 1.3S】
全長 3,885mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm

車幅はほぼ同等ですが、全長と全幅はノアの方がかなり大きくなっています。

特に全長は80cm以上ノアの方が長いので、駐車の時に違いを感じられるでしょう。

また、全高も30cm以上ノアの方が高いので、アイポイントが変わり、運転している景色はずいぶん違うものに感じられるはずです。

運転席からの視界が、コンパクトカーからミニバンに乗り換えた場合に、一番違いを感じる部分ではないでしょうか。

ノアの小回りは効くか?ノアの最小回転半径

ノアの最小回転半径は、5.5mです。

コンパクトカーのヴィッツ(売れ筋の1.0Fで4.5m)と比べると、1m大きい事になります。

これは、交差点をUターンしたり、駐車の時に違いを感じる部分です。

数値が少ないほど小回りが利くので、当然ヴィッツの方が狭い場所での駐車などがしやすくなります。

ヴィッツなら1回の切り返しで駐車できる所を、ノアなら2回か3回切り返しが必要になる場面があるかもしれません。

ただ、ノアの最小回転半径は、4WDのSUV車やアルファード/ヴェルファイアと比べれば数値は小さいので、小回りが利かなくて不便な場面はそれほど多くはないでしょう。

ノアは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚を検証

ノアは運転しやすいか?

※ノア 出典toyota.jp

ノアのフロントの見切りはいい

ノアはミニバンなので、ボディ形状が箱型(四角い)です。

フロントもスクエアな形状となっているので、フロントガラスの視界が広く、四角いボディと相まって、フロントの見切りは良くなっています。

ノアの三角窓

※ノア 出典toyota.jp

特にフロントのAピラーが細くなり、根元の三角窓+ドアガラスが広いおかげで右左折時の歩行者の確認が容易になっています。

ノアの車幅の感覚は掴みやすい?

ノアの車幅の感覚は掴みやすい?

※ノア 出典toyota.jp

ノアは外から見ると、車高が高く反り立っているのでボディがとても大きく感じますが、実際に運転してみると良好な視界に加えて、スクエアな形状のため車幅の感覚がつかみやすくなっています。

ボディサイドで膨らんでいる部分が無いので、ドアミラーの根元が車幅と思えばいいでしょう。

このドアミラーの根元を目安に車幅をイメージすると、車幅感覚がつかみやすくなります。

また、フロントガラスからボンネットのふくらみが見えるので、ボンネットを目安にボディの両端をイメージできます。

狭い道でのすれ違いや、狭い場所での駐車の時も、ボンネットを目安に車両感覚が掴みやすいので、幅寄せがしやすくなります。

ただ、ミニバンなのでボンネットが短い分、ボディが長くなっているので、左折時の内輪差には注意しましょう。

左折時はあまり鋭角に切り込まずに、気持ちフロントを出してからハンドルを切り始めると良いかもしれません。

ドアミラーの視認性が良いので、左折時は左ドアミラーにも注意を配れば、歩行者や電信柱・ポールなどの巻き込み事故を防げるでしょう。

ノアの後方視界は良好

ノアの後方視界は良好か

※ノア 出典toyota.jp

ノアの後方のガラスエリアは広く取っているので、視界は良好です。

2列目のスライドドアガラスや、3列目のクォーターガラス、リアゲートのガラスからの視界が良好な事に加えて、バンパーの出っ張りが少なく、後退時の車両感覚も掴みやすくなっています。

また、前述の通りドアミラーの映し出す範囲が広く視認性がいいので、駐車時も便利です。

ノアの駐車にはコツがある?

一見大きく見えるノアのボディですが、良好な後方視界と箱型で車両感覚が掴みやすい事から、駐車時も思ったほど難しくありません。

駐車のコツは、もちろん駐車スペースの状況にもよりますが、基本は前後左右の角に気を付ける事です。

車に急角度を付けて曲げるので、例えばハンドルを右に切ってバックする時は、一番遠い左後ろに気を配るだけでなく、前方に壁があれば左前にも注意しなければなりません。

さらにサイドミラーだけ見ながらバックすると、輪留めが無ければ後ろのバンパーをぶつけてしまう、なんて事もあり得ます。

車をぶつける事の多くは後退時なので、ノアを駐車する時は十分注意したいですね。

ノアの運転で役立つアイテム

マルチビューバックガイドモニター

ノアのマルチビューバックガイドモニター

※ノア 出典toyota.jp

ノアにディーラーオプションのナビを付けたら、ほとんどの方は付けると思いますが、バックガイドモニターも是非付けておきましょう。

全長が長くなるミニバンのノアでは、バックの時にバックモニターがあるのと無いのとでは、安全性に大きな違いがあります。

目視でも後方は確認できますが、体の姿勢変化が大きく、慣れないとステアリング操作を誤る場面も無いとは言えません。

その点バックモニターが付いていたら、ナビ画面に視線を落とすだけで後方の視界を確認出来ます。

また、ディーラーオプションの9インチ/10インチナビを選択すると、マルチビューバックガイドモニター対応となり、これまでのバックモニターよりも水平角度が広くなり、モニターに映る視界が広くなります。

なので、前向きに駐車した場合でも、後方から出庫する時に後方左右の安全が確認しやすいので、格段に安全度が増します。

また、通常のワイドビューと、車両後方を真上から見下ろすトップビュー映像も見れるので、後方にギリギリ停める時などに、とても便利です。

駐車が苦手な方だけでなく、運転に慣れた方でも便利な機能なので、是非付けておきたいオプションです。

コーナーセンサー(ボイス4センサー)

コーナーセンサー(ボイス4センサー)

※ノア 出典toyota.jp

大柄に感じるミニバンとは言え、ノアは車両感覚が掴みやすい工夫がなされてますが、それでも狭い道での幅寄せや車庫入れは苦手、と言う方もいるでしょう。

ディーラーオプションのコーナーセンサーを付ければ、前後バンパーの角に取り付けられたセンサーが障害物を検知して、その距離をランプとアラーム音で知らせてくれます。

例えばドライバーから距離が遠く、感覚が掴みにくい左前や左後ろに障害物(壁やポール、人など)が近づくと、ぶつかる前にアラームで知らせてくれるので、車をぶつける頻度が減ります。

こちらも運転が苦手な方だけでなく、運転に慣れた人でも車両感覚が容易に掴めるので、楽に運転出来て疲労感の低減や安全性が向上するでしょう。

ただ、オプション代金は安くなく、工賃込で7万円弱するのが悩みどころです。

後方確認セット(電子インナーミラー+後席確認ミラー)

後方確認セット(電子インナーミラー+後席確認ミラー)

※ノア 出典toyota.jp

ノアのようなミニバンでは、後席乗車する機会が多いでしょう。

2列目や3列目に人が乗ると、ルームミラーによる後方視界が狭くなります。

また家族ならいいですが、お客さん等を乗せると、あまり頻繁にルームミラーを見ると目が合いそうで気まずいですよね・・・

またルームミラーがちゃんと見えないと、運転していて不安になる方もいると思います。

電子インナーミラーなら、バックドア内に設置されたカメラから映した後方視界をミラーに映し出すので、後席に人が乗っていてもミラーの視界を妨げる事がありません。

また、セットに含む事が出来る後席確認ミラーは、電子インナーミラーとは別に取り付けられているので、角度を調整して後席の様子を映す事が出来ます。

小さなお子さんがいるファミリーでは、重宝する装備でしょう。

ノア運転のしやすさのまとめ

一見大柄に見えるノアなので、コンパクトカーや軽自動車からの乗り換えだと、特に女性は不安ではないでしょうか。

しかし、箱型ボディは見た目よりもずっと車両感覚が掴みやすいので、幅寄せや駐車は思ったよりも難しくありません。

さらに上記で紹介したノアの運転に役立つアイテムを装備すれば、安全性はグンと高まり、車をぶつけてしまうリスクを大幅に下げられるでしょう。

大概、運転は慣れれば大丈夫なので、慣れるまでが怖い期間でしょうね。

購入前にはディーラー等でノアに試乗して、納得いくまで車両感覚を体感して欲しいと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ノアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がノアを限界値引きで購入しています。

今月のノアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノア値引き交渉マニュアル

-ノアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.