NONEの評価集

NONEの4WDの性能は?燃費や雪道走行を徹底評価!

先代のイメージを踏襲しながらも、全面的に改良された「NONE」。

そんなNONEには、従来同様に雪国に住むユーザーなどのために4WDモデルも用意されています。

ここではNONEの4WD車の燃費や雪道での走行性能を徹底的に検証していきますので、新車購入時の参考にどうぞ。

NONEの4WDグレードの価格は?

NONEの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

NONEの売れ筋グレードは、当サイトの調査によると最廉価グレードの「オリジナル」です。

NONEオリジナルの4WD車と2WD車との価格差は、133,100円となっています。

NONE  オリジナル 2WD 1,559,400円

NONE  オリジナル 4WD 1,732,500円

約13万円という価格差は軽自動車としては小さくありませんが、後で解説するように4WD車の方が装備が充実しているので、妥当な価格差と言えるでしょう。

NONEの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

〇 NONE 4WDのボディスペック

スペック
NONE オリジナル 2WDNONE オリジナル 4WD
全高 (mm)1,545
1,570
最低地上高 (mm)135145
車両重量 (kg)840
900
最小回転半径 (m)4.5
4.7

NONEの4WD車は2WD車に対し全高が25mm、最低地上高が10mm高く、車両重量も60kg重くなっています。

また、最小回転半径は4WD車の方が20cm大きい数値です。

つまり、NONEの4WD車は最低地上高が大きい分雪道でスタックしにくい代わり、全高が1,550mmを超えるので立体駐車場に入庫できない、小回りが効かないという欠点を持っています。

NONE 4WDのパワートレイン&メカニズム

4WD車と2WD車では、CVTの後退減速比が大きく異なります。

またリア・サスペンションにも違いがあり、2WD車が車軸式+スタビライザー付であるの対し、4WD車はド・ディオン式でスタビライザーが付きません。

乗り心地やロードホールディングの点では4WD車のド・ディオン式の方が有利ですが、車体のロールを抑えるスタビライザーがないので、トータルではそれぞれ一長一短があります。

NONE  4WDのインテリア

室内寸法は2WD車も4WD車も同一ですが、4WD車はフロア下にプロペラシャフトが通っているので、構造上フロアは2WD車よりも高くなっています。

乗り降りの時や荷物を積み下ろしする時にフロアの高い4WDは不利ですが、特に気にするほどの差でもありません。

NONE 4WDの装備

NONE4WD

honda.co.jp/N-ONE

NONEオリジナルの2WD車には付かず4WD車にのみ付く装備として、座面を直接暖める運転席・助手席シートヒーターがあります。

また、雨天時などでも視界が確保できる親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスも4WD車だけの装備です。

NONE 4WDのライバル車との価格差は?

NONEのライバル車は?

個性派軽自動車のNONEには直接的なライバルは存在しませんが、プラットフォームやパワートレインを共有する「N-WGN」と比較する人はいると思います。

NONE オリジナル 4WDに価格が一番近いN-WGNのグレードは「カスタム L・ホンダセンシング 4WD」で、価格は1,750,100円。

NONE オリジナル 4WDが1,732,500円なので、N-WGNの方が17,600円高価です。

仕様・装備の差は?

NONEの方が全高が155mm低く、車両重量も20kg軽くなっています。

スペック
NONE オリジナル 4WDN-WGN カスタム L・ホンダセンシング 4WD
全高(mm)1,570
1,725
最低地上高 (mm)145145
車両重量 (kg)900920
最小回転半径 (m)4.7
4.7

パワートレインやサスペンションに違いはありません。

装備の差は?

装備面ではN-WGNにはアルミホイール、オートリトラミラー、テレスコピックステアリングが付きますが、NONEには付きません。

N-WGNはNONEより17,600円高いだけですが、これだけ装備に差があるのでコストパフォーマンスはNONEより優れています。

NONE・4WD車の実燃費は?

実燃費は?

NONEの4WD車のカタログ燃費は21.0km/Lです。

実燃費のデータがまだないので、カタログ燃費×0.8で実燃費を試算すると

21.0×0.8=16.8km/Lとなります。

4WD車と2WD車との実燃費の差は?

NONEの2WD車のカタログ燃費は23.0km/Lなので、4WD車との実燃費の差は

(23.0-21.0)×0.8=1.6km/Lと試算できます。

ライバル車との実燃費の差は?

N-WGNの4WD車のカタログ燃費は21.2km/Lなので、NONEとの差はほとんどありません。

従って、実燃費も同等と推測できます。

NONE・4WD車の雪道の走行性能は?

NONEの4WDはどんなシステム?

NONE  4WDの概要

NONEの4WDシステムは、簡易的でコストが低いビスカスカップリング式を採用しています。

NONE  4WDの制御

ビスカスカップリング式4WDシステムは通常はFFで走行しますが、前輪がスリップして後輪との回転差が生じると、機械的に後輪にエンジントルクを伝達して4WD走行となります。

電子制御カップリング式4WDシステムと異なり、コンピューターによる精密な制御は行いません。

前後輪の駆動力配分は、状況に応じて100:0~50:50まで連続可変します。

NONEの雪道での実際の走行性能は?

NONE  4WDの発進・加速時

NONE4WD

honda.co.jp/N-ONE

滑り易い雪道で発進する際は、前輪が一瞬空転したのちに後輪に駆動力が掛かる、ビスカスカップリング式特有のタイムラグが生じます。

フィーリング面では不自然さを感じてしまいますが、車の挙動が大きく乱れてしまう心配はありません。

少なくとも、発進時に前輪が空転して左右に蛇行してしまうNONEの2WD車と比較すれば、遥かに安定しています。

NONE  4WDの登坂時

雪道の上り坂においては間違いなく前輪がスリップするため、ビスカスカップリングが働いて常時4WDで坂を上っていく形になります。

従ってビスカスカップリング式の弱点は目立たず、4WDならではの恩恵を受けられるでしょう。

坂道で一旦停止してから再発進する場合も、2WD車のように発進不能に陥り立ち往生しまう心配もほとんどありません。

一方、ダウンヒルはビスカスカップリング式4WDの苦手項目です。

ビスカスカップリング式では前輪のみにしかエンジンブレーキが掛からないケースが多いので、2WD車より車両重量が重い分、速度のコントロールに余計に神経を使います。

NONE  4WDの通常走行時

路面の状況が刻々と変化し、2WDと4WDが度々切り替わるような状況ではビスカスカップリング式の欠点が露わになりがちです。

2WD⇔4WDの切り替わり時に、車の挙動に変化が生じるケースもあります。

しかし、危険を感じるほどの激しい挙動変化は出ませんし、走行安定性の高さは2WD車とは比較になりません。

勿論NONEの4WD車と言えども、雪道で安全に走行するにはスタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装着は必須です。

NONE・4WDのまとめ

NONEの4WD車の雪道での走行性能は、4WDシステムが簡易的な方式であるため、4WD車全体の中で見れば決して優れている方ではありません。

しかし2WD車と比べれば文句なしに優れており、買い物などの日常ユースに使用する分には十分な性能を持っています。

最低地上高も必要十分に確保されているので、深雪でなければスタックする心配もないでしょう。

また燃費も期待できるので、ガソリン代を心配する必要もありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

NONEの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのNONE値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がNONEを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のNONEの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>NONE 値引き交渉マニュアル

-NONEの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.