ホンダ中古車

NONEのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

NONEの中古車情報

NONE(エヌワン)の中古車選び、正直たいへんですよね。

と言って、テキトーに選んで難アリ中古車を掴まされた日には、お財布&精神ともに大ダメージです。

これから紹介するポイントを押さえておけば、人よりお得に、かつラクにNONEの中古車を選べるでしょう。

他にも予算ごとのおすすめグレードやリセールバリューなど、実際の中古車データをベースとしているので、皆さんがNONEの中古車を購入する参考にどうぞ。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なNONEの中古車選び

世の中、上質な商品はそれなりに高いのが当たり前。

でも、安くても安さの割に質の高い、いわゆるコストパフォーマンスの高い商品が、NONEの中古車にもあるのです。

その探し方・狙い目NONEの中古車を、これから紹介していきます。

NONEの中古車を割安で購入できるボディカラーは?

NONE中古車でお得に購入できるのはシルバーです。

NONEのボディカラーは、第一印象を大きく変えるため、人気≒中古車価格にも影響を与えます。

NONEでは、定番のホワイトパール&ブラックに加えてレッドやイエロー等(若い女性ユーザーが好みそうなカワイイ色)も人気があり、他カラーより5万円前後くらい高値で売れます。

という事は、中古車でNONEを買う時も高くなってしまうのですが、逆に需要の低いカラーは、相対的に安くお得に買える事になります。

中でもシルバーは5万円以上も安くなる上、キズや汚れが目立ちにくく、メンテナンスも楽チンなのでおすすめです。

NONEの中古車購入・ナビのあり/なし、どっちが割安?

NONEの中古車はナビ付・ナビなし、どっちが割安?

NONEの中古車を探していると、最初からナビがついているNONEもよく見かけますが、ナビはついていた方がお得なのでしょうか?

3年以内のNONEでは、中古車価格に影響しているのはナビの有無よりむしろ走行距離で、同じ走行距離&修復歴なしであれば、ナビがついていても中古車価格はほとんど変わりませんでした。

ナビがついていてもいなくても同じ値段なら、ナビがついているNONEの方がお得と言えるでしょう。

NONEの中古車購入、FF/4WDのどっちがお得?

NONEにある10グレードの内、6グレードにはFF(2WD)と4WDの駆動方式が設定されています。

NONEを中古車で買う時、どちらがお得なのでしょうか?

リセールバリュー(新車価格に対する買取相場の割合)を調べると、FFよりも4WDの方が若干高くなる傾向が見られます。

これはつまり、新車時の価格差(4WDの方が高い)が中古車ではもっと開いてしまう事になります。

よってNONEを新車で買うなら4WDが、中古車で買うならFFの方が割安となります。

NONEの寿命は20万キロ以上!過走行のNONE中古車を格安で購入

NONEを中古車で買うなら、絶対に見逃せないポイントの一つに「走行距離」が挙げられます。

そのNONEが何万キロ走っているか一目で判りますし、NONEの残り寿命を計る指標になります。

当然、走行距離が短い≒摩耗していないNONEはみんな欲しがる一方で、走行距離が10万キロを超えたNONEは「過走行」として敬遠されがちです。

確かに、NONEの残り寿命や故障なども心配ですが、そんな過走行なNONEの中にも、非常にお買い得な中古車が多く眠っているのです。

そもそも、NONEの寿命ってどのくらいなのでしょうか。

発売(2012年11月)からまだ年月の浅いNONEは走行距離10万キロを超えた中古車があまり出回っていないため、同じホンダの軽自動車から推測すると、20万キロ以上はしっかりと走れます。

(※言うまでもなく、メンテナンス次第でNONEの寿命を大きく延び縮みします)

そう考えると、10万キロの走行距離なんてまだまだ現役、NONEの過走行車を安く購入して10万キロ以上走れば、十分に元がとれます。

過走行のNONEも毛嫌いしないで視野に入れると、格安でお得なNONE中古車が手に入るチャンスを作れるのです。

NONEの過走行中古車販売データ

⇒走行距離7万キロ以上の格安NONE中古車はこちら

NONEの修復歴あり中古車、安いけど買っても大丈夫?

NONEのフレームに損傷(修復しなくちゃならないレベル)を受けると、「修復歴」がつきます(実際の修復を問わず)。

NONEの傾向として、修復歴がつくと最大20万円以上も買取相場がダウンしてしまうため、現在持っている方は絶対につけたくないものです。

特に高年式&低走行など、高額なNONEであるほど、修復歴による中古車相場のマイナスが大きくなる傾向にあります。

NONEの中古車価格修復歴によるマイナス額
~50万円約5万~10万円
50万~100万円約10万~15万円
100万円以上約10万~20万円以上

が、これを逆の立場で見ると、修復歴がついているだけで最大20万円以上も安くNONEの中古車が買える!とも言えます。

もちろん、いくら安くてもちゃんと走れないような中古車では単なる銭失いですから、ここでは「走行に支障がないレベルの修復歴」がついたNONEを厳選します。

修復歴とは、例えばクルマが再起不能になるレベルでも、リアバンパーにちょっと何か当たって、中の金具がフレームを押して軽く凹んだレベルでも、すべて同じ修復歴と見なされます。

後者のような、明らかに問題ないレベルの修復歴を見分ける目安としては、フロント&サイドの損傷は(特にサイドは大小問わず)敬遠し、リアの損傷なら状態次第で検討の価値があります。

修復歴について詳しい事は、中古車販売店の方に教えて貰ったり(店員さんの理解度≒信頼性も判ります)、業者オークション利用なら出品データを見せて貰ったりしましょう。

フィットの修復歴

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっており、狙い目な中古車と言えます。

NONEの中古車は、低リセールなグレードほど割安&おすすめ

中古のNONEは低リセールのグレードほど割り安になる。

NONEのリセールバリュー(買取相場/新車価格)をグレード別に調査したところ、以下の順位となっていました(FF/4WDは統合しています)。

1位:プレミアム・ツアラー (走行性を高めたターボ仕様)
2位:プレミアム (上質な外観&装備が充実)
3位:スタンダード (最下級グレード・必要な装備を厳選、リーズナブル!)
4位:セレクト・ツアラー (ターボ仕様のブラウンスタイル)
5位:RS (最上級グレード・走行性の高いスポーティ仕様)
6位:スタンダード・ローダウン (立体駐車場に対応した低車高モデル)
7位:スタンダードL (基本装備が充実)
8位:スタンダード・ローダウンL (基本装備が充実した低車高・立駐対応モデル)
9位:セレクト (豪華装備をセレクトしたブラウンスタイル)
10位:スタンダード・ツアラー (ターボ仕様のスタンダード)
(※)ブラウンスタイルとは、ルーフ(屋根)がブラウン(茶色)固定な仕様を指します。

カッコ内に各グレードの魅力を載せてみましたが、全体的に走行性を重視したターボ仕様やスポーティモデルに人気が集まり、リーズナブルなスタンダードが食い下がる印象です。

中間グレードのランキングが低いのは「おカネをかけるなら上位グレード、節約するなら下位グレード」と、人気がそれぞれ流れた結果と考えられます。

ともあれ、リセールが高いほど売却時は有利ですが、中古車の購入時も相応に高くなってしまいます。

なので、ここではリセールの低い=ランキング下位のグレードほど、NONEの中古車が安く買えてお得となります。

・近所の中古車販売店を検索

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

NONEの中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?NONEの中古車相場とおすすめのNONE中古車

ここまで、NONEのお得な中古車選びのポイントについて紹介してきましたが、ここではNONEのモデルチェンジ情報や長所&短所、予算別おすすめグレード等を紹介していきます。

実際の中古車データがベースなので、皆さんがNONE中古車を探す時の参考になると思います。

初代NONEのおすすめ中古車と相場

初代NONEの中古車相場

型式JG1、JG2型
生産2012年11月~現行
マイナーチェンジ2015年7月/2017年12月
初代NONE中古車流通台数1,542台
中心価格帯70万~90万円台
最安価格帯~60万円台
最高価格帯160万~190万円台

自分らしい生活をかなえる、プレミアムスモール。

そんなコンセプトで2012年11月にデビューしたホンダの新型軽乗用車「Nシリーズ(※)」の第3弾・NONE。
(※)Nには、New,Next,Nippon,Norimono(新型の次の世代の日本の乗り物)という意味が込められています。

ゼストの後継車として「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」というM・M思想(Man Maximum/Mecha Minimum)を継承、N360のデザインモチーフが採用されています。

コンパクトなボディに開放的な車内空間、先進的な個性を体現するハッチバック風スタイルが魅力のNONEは、年代を問わず高い人気を誇っています。

ここが変わった! 初代NONEのマイナーチェンジ(1回目)

NONEの1回目のマイナーチェンジでモデューロXが追加された。

(2015年7月17日 マイナーチェンジ)

  • フロントグリル&バンパーにメッキモールを追加
  • プレミアム系にプライムスムース&ジャージのコンビシートを追加
  • オートリトラミラー(ロックと連動で格納)を標準装備
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ&ETC車載器を標準装備
  • 低車高タイプ「ローダウン」グレードを設定
  • コンプリートカーブランド「モデューロX」を追加

ここが変わった! 初代NONEのマイナーチェンジ(2回目)

(2017年12月21日 マイナーチェンジ)

  • デザインを4つのコンセプトに設定(スタンダード、セレクト、プレミアム、RS)

⇒スタンダード:シンプルかつ機能的、実用性を重視
⇒セレクト:上質感とぬくもりにこだわり
⇒プレミアム:洗練されたシックなハイグレード感
⇒RS:精悍&スポーティに、ドライビングの歓びを追求

  • 軽自動車初の遮音フロントガラスの採用や遮音材・吸音材の配置により、静粛性を向上
  • 全窓に紫外線&赤外線をカットする「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」採用

初代NONE中古車の長所

NONEは印象的な丸目ヘッドライトをはじめとした個性的なデザインに人気が集まっており、ユーザーの声を集めたところ「カッコいい」「かわいい」という意見が多く出ていました。

これは先述した4つのデザインコンセプトを設定したことにより、年代や性別など、多様なニーズを的確にとらえられた成果と言えるでしょう。

また、ターボエンジンの加速に定評があり、坂道でもストレスなく上っていけるという声が多くあります。

合わせて、これまではパワフルな走りに比例して問題となっていたエンジンノイズですが、マイナーチェンジ以降は静粛性の向上により、大幅に解消されています。

初代NONE中古車の短所

その一方で、NONEユーザーからこんな声も出ています。

足回りが硬く、路面の凹凸がダイレクトに身体を痛めるとか、同時にシートにホールド感がなくてポジションが決まりにくく疲れるなど、運転性の難を訴える声があります。

また、一部モデル(※)において吸気ダクトとボディの合わせ面から雨漏りがするとの不満があり、ホンダでサービスキャンペーンが実施されています。

(※)2012年10月18日~2013年12月20日生産、計約12.1万台

他にも収納が少ないとか、ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」が欲しいなどの声があり、今後さらなる改良に期待します。

初代NONEのおすすめ中古車

初代NONEを少しでも安く購入するなら、中古車市場に40万~50万円台から出回っています。

この価格帯だと、5~6年落ち/走行距離10万~16万キロ/修復歴なしでマイナーチェンジ前のNONEが購入できます。

もし修復歴にこだわらないなら、同じマイナーチェンジ前ですが、4~5年落ち/走行距離5万~10万キロまで条件がよくなります。

いずれも第1回マイナーチェンジ前の下級~中級グレード(G、G・Lパッケージ、プレミアムLパッケージ)、ターボ仕様であれば最下級グレードのツアラーが購入可能となっていました。

さらに中心価格帯となる70万~90万円台の予算が用意できると、モデル・グレードなど豊富な選択肢が出て来るため、NONEの中古車選びも楽しくなってくるでしょう。

例えば最も流通台数の多い売れ筋のNONE G・Lパッケージでは、5~6年落ち/走行距離3~7万キロ/修復歴なしの中古車がたくさん選べます。

また、ターボ仕様の中で最も売れ筋となっているNONE プレミアム・ツアラーLパッケージだと、5~6年落ち/7~9万キロ/修復歴なしの中古車が手に入ります。

こちらも、修復歴を妥協すれば走行距離が更に1~2万キロ少ない中古車が出てきますので、先ほど紹介した狙い目を参考に、格安なNONE探しにチャレンジするのもアリですね。

しかし、ここまで紹介してきたおすすめ中古車は、いずれもマイナーチェンジ前のNONEばかりですが、やはりマイナーチェンジ後のNONEにより安く乗りたい方もいるでしょう。

そういう方は、100万円前後の予算を用意すれば第1回マイナーチェンジ後(1~3年落ち)、120万円前後から第2回マイナーチェンジ後(当年モデル~1年落ち)のNONE中古車が手に入ります。

また、120万円台に入るとグレードによっては新車価格を超えてくるため、新車とほぼ同様な新古車(※後述)も射程圏内に入ってきます。

新車の購入も視野に入れつつ、よりお得なNONE中古車が買えるよう、じっくり比較検討してきましょう。

ところで、NONEを中古車で買うのだから、そのコストパフォーマンスを最後まで引き出したいもの。

NONEの中古車を購入して3年間(走行1万キロ/年)乗った場合、リセールバリューがどうなるのか、以下にシミュレーションしてみましょう。

5年落ち NONE ツアラーLパッケージ(初代・マイナーチェンジ前)
走行距離4.7万キロ/修復歴なし/ホワイトパール/付属:ナビ、ETC等/支払総額75.8万円

※3年後の買取相場
8年落ち 走行距離7.7万キロ 買取相場 32万~37万円

NONEはまだ年式が新しいため、中古車で3年間乗ってもこれだけの買取相場が残ります。

次のクルマを購入する資金に充ててもよし、豪華な社外付属品を買い揃えるもよしですから、この価値が残せるよう、NONEを大切に乗りたいですね。

⇒NONEの中古車を検索

NONEの新古車は新車に比べてお得か?

先ほど、「新古車(しんこしゃ)」という言葉が登場しましたが、ここでは「未使用車ふくむ走行距離1,000キロ以下の良質NONE」を指します。

そんなほとんど新車と変わらないNONEの新古車が、どのくらいお得に購入できるのか、新車と比較してみましょう。

新車NONE新古車NONE(未使用車)
グレード名プレミアムプレミアム
車両本体価格1,530,360円1,610,000円
オプションなしナビ、ETC、バックカメラ、ドライブレコーダー、フロアマット、ドアバイザー、ナンバーフレーム、ボディコーティング、ガラス撥水、燃料満タン
諸費用115,280円115,000円
新車値引き▲150,000円交渉次第で可
乗り出し価格1,495,640円1,725,000円

新車と新古車でNONEを比べてみると、新車の方が新古車よりも約23万円安く買えることがわかります。

しかし、新車のNONEには何もついていないのに対して、新古車にはナビやETCなど付属品が充実しており、これらを新車に装備すれば、グレードによっては23万円をオーバーするでしょう。

また、新車のNONEには目標金額の限界まで値引きされていることも加味すると、これらを差し引くとより正確に比較できるでしょう。

そして、新古車も新車との価格差を材料に値引き交渉を仕掛けるなど、柔軟な姿勢でお得にNONEの中古車を購入したいところです。

ここで番外編として、オークション代行を利用して、業者オークションからNONEの新古車を購入するとどのくらいになるのか、実際の落札価格を基にシミュレーションしてみましょう。

新古車NONE(オークション代行)
グレード名プレミアム
落札価格1,150,000円
オプションなし
消費税92,000円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)1,323,040円

新車のNONE149.5万円に対して、オークション代行を利用した場合、新古車は132.3万円と、約17万円安く購入できる事になります。

名義変更や陸送が自分で出来れば更に約4万円も浮かせることが出来ますが、それなりに手間もかかるので、慣れない方はお任せした方が無難です。

それでも、これだけ安くNONEの新古車が手に入るなら、オークション代行を利用することも検討の価値があるでしょう。

ただ、オークション代行はなじみがない、敷居が高い、と感じるなら、下記で紹介するサービスで、NONEの新古車・未使用車を購入する方法もあります。

NONEの中古車・新古車を簡単に探す方法

中古車をお得に買う

中古車でNONEを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いNONEが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のNONEの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のNONEが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なNONEを見つけるには時間も掛かりますし、さらにNONEの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

NONEの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にNONEを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-ホンダ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.