ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ NONE モデルチェンジ推移2015年7月17日

更新日:

ホンダニュースリリースより

-----

「N-ONE(エヌワン)」をマイナーモデルチェンジし発売 〜装備をさらに充実させ、低全高モデルを追加〜

Hondaは、プレミアムな軽としてご好評をいただいている「N-ONE(エヌワン)」をマイナーモデルチェンジし、7月17日(金)に発売しました。

今回のマイナーモデルチェンジでは、内外装の充実を図るとともに、全高を65mm下げることでスポーティーな外観とし、多くの立体駐車場にも対応した低全高モデルを追加。さらに、スポーツタイプのコンプリートカー「Modulo X(モデューロ エックス)」を追加し、より幅広い層のお客様にお選びいただけるモデルラインアップとしました。

●主な変更点

○質感の向上

・フロントグリルやフロントバンパーに上質でワイド感を強調するメッキモールを全タイプに追加。また、サイドビューを引き締めるドアサッシュモール、上質な肌触りのコンビシート(プライムスムース×ジャージ)を追加(Premium、Premium Tourer、Premium Tourer・LOWDOWNに設定)
・オートリトラミラー、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器をGを除くタイプに標準装備

○低全高タイプ「LOWDOWN(ローダウン)」を追加

新デザインのルーフ、スポイラー、ローダウンサスペンションにより全高を65mm下げ、1,545mmとすることで多くの立体駐車場に対応した、スポーティーな外観のLOWDOWN(ローダウン)を追加

○新色を追加し、2トーンカラースタイル含む全28種類のカラーバリエーションを設定

ブリリアントスポーティブルー・メタリック、ブリティッシュグリーン・パール、プレミアムピンク・パールの新色3種類を追加

○「Modulo X」を追加

「N-BOX(エヌボックス)」から始まったコンプリートカーブランドである「Modulo X」をN-ONEにも追加。専用のエアロバンパー、フロントグリル、サイドシルガーニッシュなどのエクステリアパーツに加え、高剛性バンパービーム、専用デザインマフラー、サスペンション、ブレーキパッド、アルミホイールなどを装備。さらに、EPS、CVT(Sレンジ)を専用セッティングとすることで、上質で軽快な走りを実現しました

●販売計画台数(国内・月間) 3,000台

・価格(消費税込み)

N-ONE
1,185,000-1,634,400円

N-ONEプレミアム
1,490,000-1,787,400円

N-ONEモヂューロ
1,898,000円

NONEの特別仕様車を安く買うなら、当サイトのNONE値引き交渉マニュアルをご参考ください!

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.